保育士が公立保育園に転職するメリット、デメリットと転職する方法

保育園には国が運営している公立保育園と民間企業が運営している私立保育園があります。

どちらも保育業務を行うという点に違いはありませんが、保育士としての働き方や待遇といった点はかなり異なる場合があります。

そこで今回は、公立保育園で働く場合のメリット、デメリット、採用試験について紹介していきます。

 

おすすめの転職サービス

各サイトで取り扱う求人が異なるので、複数のサービスに登録しておきましょう。エージェントサービスを利用すれば、非公開求人も紹介してもらえます。

おすすめの3サービス公式

保育士バンク
ブランク・初心者歓迎の求人が豊富
会員登録なしでも応募可能
保育士がおすすめするサービスNo.1

公式

保育ひろば
業界トップクラスの求人数(全国4万の施設の求人を保有)
手厚いサポートで利用者満足度94%

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/大学中退/第二新卒/既卒
向け
・未経験職種でも最短2週間で正社員へ

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

公立保育園と私立保育園の違い

保育士として働く場合、まず必要なのは保育士免許を取得することです。

民間企業が運営する私立保育園で保育士として働く場合、保育士資格を持っている上でそれぞれの保育園で採用されなくてはなりません。

一方で国が運営する公立保育園で働く場合、保育士資格を取得した上で各自治体が実施している公務員試験に合格する必要があります。

公立保育園のメリット

公立保育園と私立保育園では、働き方や待遇面に違いがあります。

まずは、公立保育園で働く場合のメリットから紹介していきましょう。

年収が高め、昇給がしっかりしている

公立保育園の保育士と私立保育園の保育士では、平均的にみると公立保育園の保育士の方が年収は高いです。

また公務員として働くので、勤続年数に応じてしっかり昇給もしています。

とはいえ、私立の中でも高い年収を出してくれるところもあるので、必ずしも公立保育士の方が給料が高いというわけではありません。

一人あたりの負担が少ない

公立保育園の場合は認可保育園なので、以下の人数を配置することが決まっています。

  • 0歳児3人につき保育士1人以上
  • 1、2歳児6人につき保育士1人以上
  • 3歳児20人につき保育士1人以上
  • 4、5歳児30人につき保育士1人以上

ただこれでは不十分であるため、さらに多くの人数で対応している場合が多いです。

一方で認可外保育園の場合だと、この人数ぎりぎり、もしくは下回ってしまっている場合もあり、それ故に保育士一人当たりの負担がかなり大きくなっていることがあります。

また私立保育園の場合だと、評判を良くするために独自の取り組みをしている場合が少なくなく、それがまた保育士の負担となってしまっているのです。

結婚、出産後も働きやすい

私立保育園だと産休や育休がとりにくく、結婚や妊娠を機に退職を余儀なくされる人も多いです。

産休や育休は法律で定められた義務であり、取れないなんてことは本来ないのですが、残念ながらそういう実態があります。

一方、公立保育園は公務員なので産休や育休をしっかり取ることができ、有給休暇も取りやすく出産後も安心して働くことができます。

実際、公立保育園の保育士は結婚後も仕事を続ける人が多いので平均年齢が高い傾向にあります。

ただ最近は私立保育園でも働き方の見直しがされており、公立以外では不可能というわけではありません。

公立保育園のデメリット

公立保育園で働く場合のデメリットとしては、以下のことが挙げられます。

勤務地を選べず転勤がある

公務員として働くことになるため特定の保育園を選ぶことはできず、採用された自治体内でどこにでも配属される可能性があります。

また数年に1度は転勤することになるので、一つの園でじっくり働くことはできません。

転勤のたびに新たな人間関係を築いていかなくてはならないというのは、やっぱり大変ですよね。

私立保育園に比べると独自性が低い

私立は各園の方針に沿って色々と独自的な取り組みが多く、それがやりがいに繋がっている人もいます。

一方で公立保育園だと私立に比べるとそういったものが少ないため、人によってはやりがいが少なく感じてしまう人がいるかもしれません。

難易度が高い

公務員として働ける公立保育園の保育士は人気が高く、さらに国として公立保育園の民営化を進めているために、求人自体も減少傾向にあります。

それゆえに、公務員として働くのは私立保育園で働く場合に比べてかなり難易度が高めだといえます。

公立保育園の保育士になるまでのステップ

では続いて、公立保育園の保育士となるにはどのような段階を踏んでいくのかについて紹介していきます。

各自治体の公務員試験に合格する

各自治体で年に1度、9月から10月にかけて公務員試験が行われます。

まずはこれに合格しなくてはなりません。

公務員試験は1次試験が教養・専門・論文等の筆記試験、2次試験では実技・面接が行われます。

保育士としての専門知識はもちろんですが、高校レベルの国語、数学、英語、理科、社会も改めて勉強しなくてはならないので、それなりに勉強することが必要になります。

配属が決まる

公務員試験に合格した後は、保育園に限らず、乳児院や児童福祉施設なども含めて配属先が決まります。

なので、希望しているところに行けるとは限らないことに注意しましょう。

また最初は希望通り保育園に配属されたとしても、数年後に保育園以外の場所に異動を命じられる可能性もあります。

わざわざ公務員試験に時間をかける必要があるか

公立保育園にはそれなりにメリットがありますが、合格するための勉強には時間がかかり、最終的には保育園では働けないリスクもあります。

もちろんそれでも目指すのはありですが、もし待遇が良さそうだからという軽い理由であれば、私立保育園でも希望にあったものがないかをまずは調べてみましょう。

もしかしたら公務員試験にわざわざ時間を割かなくても、転勤などのリスクもない場所が見つかる可能性もあります。

転職を検討しているならば、最初はとにかく広い視野をもって色々な可能性を探ることが大切です。

まずは一度無料の保育士、幼稚園教諭向けの転職支援サイトを利用してみて下さい。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【初心者歓迎】保育士バンク


  転職サイト|転職エージェント  

ブランク有・初心者歓迎の求人が豊富で、経験に自信の無い方におすすめのサービスです。

エージェントの利用だけでなく会員登録なしでもサイトから直接応募できるので、気軽に利用しやすくなっています。

利用者の好感度も高いので、まず情報収集だけでもしたい方はここから登録をはじめてみましょう。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【トップクラスの求人数】保育ひろば


  転職エージェント  

業界最大手で全国4万施設の求人を保有しており、地域特有の事情を把握している専属コンサルタントがいるので利用者満足度も94%。

求人が出ていない園にも打診してくれるため、希望通りの転職を実現しやすいサービスになっています。

また登録から入社まで平均1~2週間とスピーディで、転職を急いでいる方にもおすすめです。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴はフリーター・第二新卒・既卒・中退・未経験者の求人を専門に扱っていることで、保育士以外の職種や業界へ転職したい方にもおすすめできるサービスです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのも魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方の強い味方になります。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)