未経験で研究職に転職することは難しい?転職する為の方法はある?

研究職になりたい。一度違う職種で就職してみたもののそんな風に考えている人は多いかもしれません。

就職市場においても人気のある研究職は、倍率も高く希望した人全員がその職種に就くことができるわけではありません。研究職になれずに設計などの技術者として働くことになった人も多いでしょう。

ただ、それでもやっぱり研究者になりたいという思いを捨てきれずに転職を考えている人もいるかと思います。

そこで今回は未経験者が研究職に転職することの実情や転職する為の方法について紹介していきます。

研究職へ転職は難しいのが現実

正直言って、研究職への転職はかなり難しいというのが現実です。それまで研究職として仕事をしてきた人ならまだしも、一度研究から離れてしまった人ですら再度研究職に就くことの難易度はかなり高くなってしまいます。未経験者ともなればさらにハードルはかなり高くなってしまうのは当然のことです。

研究職への転職が難しい理由には以下のものが挙げられます。

求人数自体が少ないが希望者は多い

研究職自体の求人は、その他の職種に比べてかなり少ない一方で研究者になりたいと考える人は多くなってしまっています。

その為当然倍率は高くなりますし、研究職を求人として出す場合も厳しい応募条件を課すようになってきます。

研究職の求人を見た場合、応募条件として特定業務の経験を持っている人に限定していることがほとんどです。

人気のない職種で高い応募条件を課しても人が集まりませんが、人気のある研究職はある程度高い条件を課しても人材が集まりやすいのでより即戦力として働ける人材を採用する為にも一定条件を課すことがほとんどになってしまいます。

専門的知識が重要になる

研究職という仕事柄、専門的知識が仕事に及ぼす影響はかなり大きなものがある為、未経験者と経験者の差が非常に大きくなってしまうというのも未経験者が積極的に採用されない理由です。

大学、大学院でその分野について詳しく勉強してきたとしても実際に仕事として行う場合には不十分であることが多いですし、技術の成長速度が速い中で数年違うことをしてきたということによって研究するには知識が不十分になってしまうといったことによって、それくらいならば直近で勉強してきた新卒社員を採用したほうが良いと考える場合も多いです。

違う職種での経験を生かしにくい

その他の職種であれば、たとえ未経験者であってもそれまでの仕事での経験をそれなりに生かすことができます。だからこそ、新卒社員ではなく一度社会人経験のある人を採用するという企業も決して少なくはありません。

しかし研究職の場合、もちろんゼロとは言いませんが仕事の核となる部分に対してその他の仕事での経験が中々生きにくいという部分があります。

未経験で研究職に転職するには

未経験者で研究職に転職するというのは本当に厳しいというのが現実です。そういった中でそれでも研究職に転職したいと考えた場合、どういったことを行えばいいでしょうか。

中小企業をターゲットにする

大企業の場合は応募条件にかなり高い条件が課されていることがほとんどで、実務経験がない人間を採用することはまずありません。

もちろん応募することはできますが、書類選考で落とされるだけです。

その為、基本的には転職ハードルは低くなる中小企業がターゲットとなります。

中小企業の場合は大企業のように狭い範囲で研究だけの仕事をするだけで良いというわけではなく、もっと広い範囲で仕事をすることになってくるものの、研究者としてのキャリアをスタートすることができる可能性があります。

英語の能力は必須

研究者になりたいというなら英語は必須。論文は英語ですし、海外の学会に行くこともあるでしょう。

経験もありません、英語もできませんではただでさえ倍率の高い研究職につけるわけはないと考えてください。

業界での経験は必須

研究者としての経験がなくても、その業界で技術者として経験してきた人であれば転職できる可能性は高くなります。

その業界で技術者として働いていれば、研究者ほどではないにしろ知識やトレンドについて知っている部分も多いので、研究者になった時に役に立ちます。

研究者として未経験なだけでなく、その業界で働いたこともないとなればハードルはとてつもなく高いものになり、ほぼ不可能であると考えたほうがいいでしょう。

できれば第二新卒のうちに

入社1年目から3年目以内に転職する第二新卒者であれば、その他の年代に比べて研究職に転職できる可能性は高くなります。

第二新卒ではそれまでの経験ではなくポテンシャルを重視される傾向があり、その様相は新卒時の就職活動時と似た部分があります。企業によっては第二新卒者であっても新卒者と同じ選考を受けることになる場合もあります。

第二新卒の需要自体は非常に高まっており、大手企業も採用人数を増やしています。研究職として転職することも十分に可能となっているので、第二新卒のうちに転職を決めてしまうというのが研究者になる為に必要となるでしょう。

早めに転職エージェントに相談を

もちろん、未経験からでも研究職に転職することが不可能というわけではありません。ただ頑張れば、条件を譲れば、だれもが転職できるかというとそういうわけではありません。

職歴、学歴、転職市場の動向など様々なことにも影響され、転職できる人もいればできない人もいます。

ただそれでも研究職を目指したいというのであれば、とにかく早めに転職エージェントに相談するようにしてください。

研究職の求人は転職サイト等で探してもなかなか見つけることはできません。大半が非公開求人となっており、リクナビネクストなどスカウト機能ががある転職サイトでオファーを待つか、リクルートエージェント などの転職エージェントで該当職種の求人を紹介して貰うことが必要になります。

研究職への転職は年齢が高くなるほど厳しくなりますので、とにかく早めに行動をおこしてください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:転職における未経験者採用の考え方。未経験者可の表記に隠されていることとは

関連:理系の転職、求人が多く転職しやすい職業とは?