会社を辞める理由は全くの嘘でもいい。角を立たせないことが最も大切。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

会社を辞める理由は全くの嘘でもいい。角を立たせないことが最も大切。

会社を辞めるとなれば、当然上司にその意思を伝えなくてはなりません。

そしてその時に高い確率で聞かれるのが会社を辞める理由。

法律上はその理由を言う必要はなく、一身上の都合と言い張ることも問題はありませんが、さすがにそれでは角が立つため、何かしらの理由を言わなくてはなりません。

ただこの会社を辞める理由は注意が必要。

辞めるとは言っても、その先数週間から数か月はその職場で働くことになるわけですから、下手なことを言ってしまうと上司に嫌われ残りの会社生活がかなり辛いものになってしまいます。

だからこそ基本となるのは、嘘でもいいから角が立たずに済ませること。

わざわざ本当のことを言って退職時に面倒ごとを起こしてしまう必要はありません。

関連:正社員の仕事の辞め方。正しい流れと転職までの注意点を抑えておこう。

関連:新卒社員の仕事の辞め方と予測されるトラブル事例

会社を辞める理由は嘘でもいい、むしろ本当のことを言うほうがダメ

必ずと言っていいほど、聞かれる会社を辞める理由。

この理由は全くの嘘でも問題なし。むしろ本当のことを言う方がだめです。

本当のことを言ってもデメリットばかり

実際に会社を辞める理由なんて、その会社に対して不満を感じているから人がほどんど。

人間関係が上手くいかなかったり、仕事がつまらなかったり、休みが少なかったり、残業が多かったり、給料が少なかったり。

でももしその不満を会社を辞める理由として上司に伝えたらどうでしょうか。

上司に悪印象を抱かれ、退職までの残りの期間に会社に居づらくなったり、下手したら嫌がらせを受けることもあります。

場合によっては、無理な引き止めにあってしまうことも考えられるでしょう。

正直に本当のことを言っても、残念ながら良いことがないのです。

会社を辞める理由は嘘が基本

だからこそ、会社を辞める理由は嘘をつくことが基本。

嘘でいいからとにかく嫌悪感を抱かれることなく、さくっと辞めることが大切です。

別にそこで嘘をついたとしても誰にも迷惑をかけませんし、誰も傷つけません。

嘘は嘘でもばれない嘘を

ただ嘘は嘘でもばれないことが大切。

会社を辞めることを上司に申し出てから、実際に退職するまでには最低でも2週間。

人によっては1、2ヶ月後という場合もあるでしょう。

その期間、嘘をばれてはいけません。

万が一ばれてしまうと、むしろもっと面倒なことになりかねませんからね。

また下手に同僚に本当のことを言うこともおすすめできません。

信用できると思っていても思わぬ形で漏れてしまい、それが上司や職場全体に伝わってしまう可能性がある為です。

ただしこんな時は本当の理由を言おう

このように会社を辞める理由を伝える際には嘘を言ってもいいから、とにかく変に思われず、残りの会社生活を問題なく過ごすことができ、かつ引き止めに合わないようにすることが大切。

ただし場合によっては、本当の理由を言った方が良い場合もあります。

その例が以下の二つ。これらの理由の場合は本当のことを伝えましょう。

会社を辞める理由がパワハラ等で、会社都合の退職としたい

会社を辞める理由がパワハラ等の会社に原因がある場合、退職を決めたのが自分自身であっても自己都合ではなく、会社都合の退職とすることができる場合があります。

自己都合の退職に比べて会社都合の退職は退職金がかなり多く、また失業保険も待期期間がないというメリットもあるので、どうせ退職するなら会社都合の方が良いです。

ただ会社都合とする為には、退職する理由がパワハラによるものだと伝えることが必要。

退職届にパワハラによる会社都合の退職であることを明記しなくてはなりません。

この場合は当然ながら退職を申し出てから退職まで会社にい続けるのは苦痛ですが、退職届を内容証明郵便で送付し以降を有給休暇取得とすることで会社に行かなくても可能となります。

詳しくは下記の記事を参照してください。

参考:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

条件が改善されれば会社を辞めるつもりがない場合

給料が少ないということに対して給料をアップして貰う、やりたい仕事ではないということに対して異動させてくれるなど、退職を申し出た際に会社側が引き止める為に条件アップ、条件改善を提案してくることは少なからずあること。

ですからもし条件がアップするなら会社を辞めなくてもよいというのであれば、不満を感じていることをしっかり伝える必要があります。

ただあなた自身がそれを望んだとしても、会社側がそれに答えてくれるとは限らず、結局嫌な気持ちを抱かせて結局会社は辞めることになるだけというリスクもあるのでそれなりに覚悟が必要ですし、言い方にも十分気を付けなくてはなりません。

会社を辞める理由はこんな理由がおすすめ

特に本当の理由を言う必要もなく、嘘でもいいからスムーズに会社を辞めたいという場合は以下の理由がおすすめ。

大切なのは相手に嫌悪感を抱かせず、会社を辞めることが仕方がないと思わせることです。

他にどうしてもやりたい仕事ができた

最も無難なのは、今の会社ではできない、他にどうしてもやりたい仕事ができたという理由。

前向きな理由であり、今の会社に対する批判にもなりませんから、スムーズに退職することができます。

ただ下手にステップアップ、キャリアアップということを言うのはやめておきましょう。

人によっては今の会社を下に見ていると感じる人もいるし、今の会社を踏み台として考えていたと思われてしまい、嫌われてしまう場合があります。

家庭の事情

家族の介護の為、夫の転勤の為など家庭の事情は、仕方がないと思わせることができ、かつさらに突っ込んで聞かれることも少ないです。

ただ下手に深刻な話をしてしまうと罪悪感を感じてしまうことになるのでほどほどに。

また調べられると簡単にばれるような理由を言ってしまう人も多いので気を付けてください。

家業を継ぐ為

もし自分の両親や結婚相手の両親が自営業をしているなら、その会社を継ぐ為に辞めるということも一つのトラブル等になりにくい理由。

仕方ないねで終わることが多いです。

ただ最初から継ぐつもりで入社したわけではないと思わせた方がいいかもしれません。

転職活動は早めに

会社を辞めることになったら、ほとんどの人は転職活動をすることになるでしょう。

しばらくは休むつもりの人もいるかもしれませんが、その場合でも転職活動は早めに、できれば在職中にスタートさせてください。

いざ転職しようと思った時にスムーズにいかず、焦りが生じてしまうとせっかく上手くいくものも上手くいかず、前の会社の方が良かったなんてことを考えてしまうことになりかねません。

最初はとりあえず転職サイトに登録してどんな求人があるかを確認しておくだけでもOKです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ