女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

女性の中で転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、女性の転職は男性に比べると難しいとされており、悩みを抱えている人もいるでしょう。

どうせ転職できないと、転職することを諦めて、我慢して働き続けるのは非常に辛いことです。

そういった中で、女性はどのように転職活動を行えば成功に導くことができるのでしょうか。

今回は女性の転職について紹介していきます。

関連:一般事務の仕事内容、未経験でも転職できる?

関連:一般職の転職、総合職とはどう違う?

関連:転職フェアって意味ある?参加するメリットやデメリット

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

女性の転職は難しい?

男性に比べると、女性のほうが転職活動で不利になることは少なくありません。

女性の転職が難しいとされる理由

それは以下の理由によるものです。

休日、勤務時間への高望み

休日は多いほうがいい、勤務時間は短いほうがいい。

男性だろうが、女性だろうが同様に思うことです。

しかし、女性のほうが家庭の関係でより強く思っていることが多いです。

条件が厳しくなればなるほど、該当する企業は少なくなる為、選択肢は狭くなってしまいます。

また、たとえ該当する会社があっても、突発的な時には働いてほしいと思っている会社も少なくない為、融通を利く人のほうがやはり有利になります。

 結婚、出産等による退職、休職のリスク

結婚や出産を機に退職する人も少なくありません。

退職しないまでも、出産により休職する人も多いでしょう。

企業としては、やはり長く働ける人を望みますし、中途採用は人が足りなくて募集しますから、すぐに休職しない人を望みます。

離職率を見ると、こういった理由からやはり男性よりも女性のほうが高い為、敬遠されてしまいます。

女性は採用していないと決めている場合すらある

企業の中には、上記の理由や、そもそも女性に対して低く見ていることすらある為、

最初から女性は採用しないと決めている場合すらあります。

ただ、求人情報ではそのことを明記することはできませんから、書類選考で落とすのです。

それでも転職に成功している人はいる

上記のような理由から、女性の転職は男性に比べて難しいかもしれません。

ただ、そのことに愚痴をいっても始まりません。

そして、それでも転職で成功している人は間違いなくいます。

ですから、転職活動を行う前から諦めてしまう、やりたい仕事があるにも関わらず、書類選考にすら応募しないなんてことは非常にもったいないことです。

女性が転職を成功させるには

では、どうすれば転職を成功させることができるでしょうか。

とにかく受けまくる

残念ながら、企業が女性を採用する気があるのかないのかを、転職者の立場から判断することは難しいです。

その為、とにかく数多くの会社に応募するというのが一つの手です。

全ての企業が女性を採用する気がないわけではないですし、それどころかむしろ女性を優遇する場合も実はあります。

特に、労働者301人以上の企業は女性の活躍推進に向けた取り組みが義務化されていることもあり、男性よりも有利であることも少なくはないのです。

参考:厚生労働種「女性活躍推進法特集ページ

アピールをしっかり行う

男性と争った時、もし同じくらいの人であれば、男性が採用されてしまうことが多いです。

しかし、同じような人がいないくらいの存在を示すことができれば、十分に採用される可能性は高いです。

特に履歴書あ職歴書では、手を抜かずに自分をアピールしましょう。

もちろん嘘はだめですが。

転職サイトのスカウト機能を使う

リクナビNEXT にはスカウト機能があり、登録しておけば、あなたの職歴書等を見た企業からオファーが届きます。

あえてオファーを送ってくるわけですから、十分に採用の可能性があるということですから、こういった企業を積極的に受ければ、無駄な転職活動をすることも避けることができるでしょう。

大企業はむしろ有利なこともある。まずはやってみること。

上記でも述べたように、大企業では、女性活躍推進法もあり、むしろ有利なこともあります。

決して転職することを諦めてはいけません。

転職活動をすること自体には何らリスクはありません。

まずは転職サイトを見てみることから始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:40代の転職、成功させる為にはどうする?

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。