転職で自分のやりたいことを実現するには?

やりたいことができていない。

そう感じながらも、働き続けている人も少なくはないでしょうか。

就職時点で、本当はやりたかった仕事に就くことができなかった人もいれば、

自分のやりたいことができ仕事につくことができたものの、実際にやってみるとやりたいこととは違ったという人もいるでしょう。

働き出して、他にやりたいことが見つかったという人もいるかもしれません。

もし今の仕事が自分のやりたいことと違うのであれば、転職して仕事を変えることが一つの手段と言えるでしょう。

では、転職で自分のやりたいことを実現するにはどうすればいいでしょうか。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:転職が不安で中々踏み出せない。その気持ちどのように解消する?

スポンサーリンク

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

安易な転職は危険、それでも可能性は高い手段

まず、知っておきたいのは、安易な転職の危険性です。

自分のやりたいことを求めて転職することは良いですが、それが上手くいかないこともあります。

とは言え、やりたいことを実現しようと思った時、転職という手段は可能性の高い方法であると言えます。

安易な転職の危険性

やりたいことを求めて転職したはずなのに、転職後に後悔してしまう。

そういった人の話もよく聞きます。

安易に転職を決めてしまうのは危険であると言えるでしょう。

いくつか例を紹介してみます。

やりたいことばかりに目がいってしまった

働く上で、やりたいことができるというのは非常に大切なことです。

ただ、働く上で大切なことはそれだけではありません。

人間関係、休日数、給料、福利厚生など、重視すべきことがあります。

どれほど重視するかは、人それぞれであり、自分が何を重視するのかというのをしっかり理解する必要があります。

しかし、今の仕事は自分のやりたいことではないということから転職を考えた時、やりたいことができるかどうかに目が行きがちで、その他のことを軽視しがちです。

その結果、転職後に後悔に繋がってします。

やりたいことよりもやりたくないことが強かった

「これがやりたい」という明確なものがあればいいですが、今の仕事がつまらない、面白くないといったことから「やりたくない」という気持ちが先走っている場合は注意が必要です。

やりたくないという気持ちが強いと、自分のやりたいことを無理やり作ってしまう可能性が高いです。

しかし、それは本当にやりたいことではない為、転職後に同じようにやりたい仕事ではなかったと感じてしまうことが多いです。

イメージだけで転職してしまった

やりたいことが明確な場合にも注意が必要です。

職種や業種から仕事を選び、その仕事で具体的にどういった仕事があるのか、その会社ではどういった仕事をする必要がでてくるかを知らなければなりません。

例えば、○○の研究をしたいと言う場合でも、実際には関連会社への指示、上位への報告といったものが大半であり、想像していた仕事とは全然違ったなんてことも少なくはありません。

やりたいことだけができる仕事はありませんから、仕事と割り切る必要も大切です。

転職でやりたいことができる可能性は高い

上記でも述べたように、安易な転職は失敗の危険が高いです。

それでも、自分のやりたいことを実現しようと思った時、転職は可能性の高い方法です。

一度働いた経験は強い

新卒で就職するよりも、転職のほうがやりたいことを実現できる可能性は高いです。

それは、一度働いているという経験があるからです。

新卒で就職する場合、働くことに対するイメージと実際に働くギャップが大きい為です。

その為、非現実的なイメージを抱きがちです

一方で、一度働いた経験を持った上で転職する場合、働くイメージをより現実的に考えることができ、

その前提を持った上で、やりたいことを実現する為にどういった仕事につけばいいかということを考えることができる為です。

スポンサーリンク

自分がやりたいことが実現できる転職とは

やりたいことを実現する為に転職をするというのは素晴らしい選択だと思います。

しかし、上記で述べたように安易に転職を決めてしまうのは非常に危険です。

そこで、やりたいことを実現できる転職をするにはどうすればいいか紹介しまう。

労働条件をおろそかにしない

いくらやりたいことがあるとは言え、労働条件をおろそかにするのは辞めましょう。

やりたいことができれば、給料は低くてもいい、休みは少なくていい、残業が多くてもいいと思うかもしれません。

しかし、実際に働きだすと、それは非常に辛いことです。

一度、やりたいことばかりを考えず、しっかり自分がどのような労働条件であれば許せるかを明確にしておきましょう。

やりたくないことではなく、やりたいことを明確にする

今の仕事はやりたくないことだという気持ちが先走っていては、自分がやりたいことは見えてきません。

自分がやりたいことは何かとうことを考える時、無理に見つけようとはしないでください。

じっくり考え、自分が納得できることを見つける必要があります。

仕事内容についてしっかり調べる

どうしても仕事はイメージと実態にギャップが生じるものです。

ですから、やりたいことができる仕事があったとしても、実際の仕事内容を調べましょう。

仕事であることを忘れない

いくらやりたいことができるとは言え、あくまで仕事です。

仕事内容について調べると、自分がやりたいことができるのはわずかであることも多いです。

特に、上司への報告、その為の資料作成、その他の雑務といったものはどんな仕事でも付きまとってくるでしょう。

そういったことは割り切る必要もあります。

あくまで仕事ということを忘れてはいけません。

とにかく早く動く

もし今、やりたいことがはっきりしているのであれば、すぐに動きましょう。

いつか転職したいと考えているうちに、チャンスは失っていきます。

やりたいことがある為に転職する場合は、未経験の業種や職種に転職することになることがほとんどです。

その場合の転職は年齢が若いほど有利です。

そのうちと考えているうちに、どんどん転職が難しくなっていくのです。

やりたいことがあるならやってみよう

仕事はあくまで仕事だし、転職してもやりたいことができるのはわずかかもしれません。

しかし、それでもやりたいと思えるのであれば、やってみましょう。

おそらく、何もしないまま時間がたつと、転職して後悔するよりも大きい後悔に繋がってしまいます。

やらない後悔よりもやる後悔のほうがずっと楽です。

まずは色々な会社を見てみるといいでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?