履歴書や職務経歴書に記載する自己PRは、自分にどのようなスキルがあるのか、志望する企業の求める人材のどのような点が当てはまるのかなどをアピールできます。

自己PRを書く際、仕事でしてきたことやPRになりそうなエピソードを振り返ることになりますが、企業によって求める人材は異なるので、あらゆる経験を振り返って自身の強みを複数発見することが大切です。

ただし、自身の強みや裏付けるエピソードは多くアピールすれば良いということはなく、企業にマッチする人材であることを証明する強み・エピソードに限定してアピールする方が自身の長所をより強調することができます。

効果的な自己PRにはいくつかポイントがあるので、書類に使える自己PRの例文と併せて、自己PRの考え方や面接での自己PRのやり方を紹介します。

自己PRとは

自己PRとは企業に自分を売り込み、認めてもらうことを目的としたものです。

履歴書や職務経歴書の経歴や保有資格だけでは伝えきれない自身のスキルや強みを詳しく説明して、企業にどのように貢献できるかをアピールする項目なので、人事担当者が注目する内容の一つです。

自己PRを書く前にやること

自己PRの内容を考えて作成する前に、職歴や実績を振り返って身についたことや学んだことを分析することが必要です。

自己分析は自分の強みや得意なことや経験が明確になるだけではなく、興味のある業界や職種が広がる、仕事を選ぶ際に大切にしていることなどが見えてくるメリットもあります。自己分析で特に振り返るべきポイントと自己PRへのつなげ方をチェックしましょう。

職歴を細かく振り替える

どのような企業で働いてきたか、勤務先でどのような業務に就いていたかをまとめた職歴は、特に印象に残っている仕事やどのような強みを持つ企業・業界で仕事をしてきたかを振り返るための指標になります。

企業で携わった仕事を洗い出していくと、クオリティの高い業務をこなすために心がけていたこと、業務中に生じた課題を解決するために工夫したことなどが見えてきます。仕事の進め方や進める際に大事にしてきたこと、解決方法から、自身の特徴が鮮明になるでしょう。

仕事を通して身についたスキルをピックアップする

仕事をこなしたり必要な資格取得のための学習をしたりすることで、自分を成長させるあらゆる力が身についているはずです。

たとえば、営業や販売などお客様と直接接する仕事をしてきた方は、相手のニーズをくみ取って求めているものを提案することが得意でしょう。また理不尽なクレームを言われた際、不満を抱いていることに気づかれないように冷静に対処したという経験も、お客様と接する機会の多い仕事で必要なスキルがあることを裏付けます。

エンジニアやデザイナーなど一人で作業する時間の多い仕事では、求められているサービスを形にする専門的なスキルがあることはもちろん、お客様や社内の人の不満や必要としているものを分析した上でニーズを満たすサービスを一から考えたり、納期に間に合うよう上手くスケジュールが立てられるといった力が身についていたりするでしょう。

 

キャリアアップや業務に必要な資格取得のための学習は、あらゆる仕事に必要な目標達成に向けて粘り強くやり抜く力が求められます。

仕事に関することで身についたスキルは、転職後の企業でも活かされる場面は多いはずです。あらゆる業界に共通して必要とされるスキルがあることは、未経験の業界への転職でも大切になります。

新卒入社は企業が戦力を育てることを想定しているので企業の求める人材にマッチする強みを持っていることのアピールが重要ですが、転職では即戦力が求められることも多いので、業界や職種に関する専門的な知識があるなど詳しいことをアピールすることもポイントです。

仕事の経験で何を学んだか

ニーズのある製品・サービスを提供し続けるためには、その時々で力を入れる業務・事業も変わります。同じ企業で働き続けたとしても同じ仕事をやり続けることができるとは限らないように、転職後も転職前と同じ内容の仕事や業務の進め方が通用するわけではりません。

たとえば、コールセンターの業務は、新規のお客様の対応と既に商品やサービスを利用しているお客様の対応では、スタッフが案内で求められる知識やお客様との電話の進め方は異なります。しかし、新しいことを学ぶ際や電話対応から得られた工夫や心がけなどは、多くの仕事に活かせるはずです。

やってきた仕事や得たスキルを活かして貢献してくれる人材が求められる転職では、重大なプロジェクトを成功させた経験がある、高いスキルを持っているといった経歴やスキルのアピールにとどまらず、仕事の成功や失敗から学んだことも伝えることで、入社後にできることのアピールにつながります。

数字で表せる実績を洗い出す

ニーズのある仕事をするために注力したことや得たスキルと併せて、売上○%増を達成した、社内の売上トップを占めるヒット商品・サービスを開発したなど、成果を具体的な数字で確認できる実績もあると、自己PRに使うエピソードを具体的に伝えることができます。

実績を紹介する際も、目標達成のために努力したエピソード、目標を達成して得たスキルや知識、学んだことなども振り返って自身の強みや転職してできることをアピールしましょう。

自己PRのポイント

履歴書や職務経歴書の自己PRは自身が企業に最も伝えたいことをアピールできる項目なので、ポイントを押さえることで就職・転職活動をより有利に進められるものとなるでしょう。自己PRは、企業に貢献できる人材であることを具体的に伝えられるものであることがポイントです。

企業が求める人材にマッチする強みを伝える

企業の成長・発展に貢献できると考えられる人材は企業によって異なるので、企業ごとにアピールする強みを変えることが大切です。企業が求める人材と自身の経験・実績・スキルを照らし合わせ、企業のメリットになると考えられる強みを伝えましょう。

未経験の業界・業種への転職を希望する、経験が浅いなどでスキルや知識がない場合、粘り強い、積極的といった性格も自己PRに有効です。性格を自己PRに使う際は、社風や企業の仕事に対する考え方・進め方で重視している点と一致するものをアピールすることが大切です。

具体的な根拠を示す

具体的に数字を示したほうが説得力が増すように「○○が得意」「○○ができる」とアピールするだけよりも、「仕事で△△をしてきたから○○が得意」「△△という経験を活かして貴社で○○ができる」とアピールする方が、強みが理解されやすくなります。

社内トップの売上を記録して会社に貢献したという実績でも、売上を上げるためにお客様へのアプローチを変えたエピソードを取り上げるか、売上が上がらない原因を分析して気づきがあったエピソードを取り上げるかで主張できる強みは異なるでしょう。自身の伝えたい強みを裏付けてくれるようなエピソードを取り上げることがポイントです。

自己PRを複数用意しておく

企業によって求める人材が異なるのであれば、アピールすべき強みも異なります。企業ごとにマッチする自己PRをするためには、アピールできる強み・スキル・知識と裏付けるエピソードを3~4本用意しておくことをおすすめします。

アピールする強みやスキルに対するエピソードは1つに絞る

アピールできる強みやスキルは複数あると良いですが、強みなどを裏付けるエピソードは1つに絞る方が採用担当者の理解を得られやすいです。

強みやスキルにまつわるエピソードが複数あっても、ひとつひとつの内容が薄ければ説得力に欠けてしまいます。一方、エピソードが1つでも内容が具体的であれば、担当者は応募者がアピールする強みを納得しやすくなります。説得力のある具体的なエピソードを取り上げてまとめましょう。

自己PRの文字数

アピールしたいポイントがいくつかある、自己PRにつながるエピソードを詳しく伝えたいといった場合、所定の欄に収まりきらないほどの文章になってしまうことがあります。しかし、履歴書の自己PR欄はあまり大きくないので、限られたスペースに小さい文字で文章を詰め込んでしまうと見た目が悪く、担当者にとって読みにくいものとなります。

企業から最低文字数を指定されていれば8割以上は埋めるのが理想で、字数指定がない場合は見た目が良く目を通しやすい200~250字程度を目安にしましょう。1文が長過ぎると伝えたいことが分かりにくいので、1文60~100字程度が理想です。

自己PRの例文

自己PRは最初に強みを述べてから得意な理由・できる理由を裏付けるエピソードを入れて、最後に企業にどのように貢献できるのかを伝えることがポイントです。

冒頭のアピールしたいことを裏付けるエピソードは数字を用いるなど具体的になるよう心がけましょう。具体的なエピソードから結論につなげることで、これまでの経験をどのように活かすことができるのか、入社後にどのように貢献できるのかが伝わりやすいです。

新卒と中途採用で話すエピソードは異なると考えられるので、自己PRに書く内容も変わるでしょう。そこで、伝わるポイントを押さえた例文を新卒と中途採用に分けて紹介するので、流れやエピソードの書き方などを参考にしてみてください。

新卒の自己PR例文

中途採用のように経歴や実績のない新卒の方は、企業が求める人材にマッチする性格の長所をアピールすることになるでしょう。自身の強みを裏付けるエピソードとして、アルバイト以外にはゼミナールやサークル活動を取り上げることもおすすめです。

私の強みは、何事も最後までやり遂げることです。どんな厳しいことでも途中で諦めたり投げ出したりせず、最後までやり通すことが出来ます。

私は大学在学時に、学業と両立しながら接客のアルバイトを勤めてきました。学業も忙しくアルバイトとの両立は難しいときもありましたが、社会に貢献する第一歩として、続ける努力を惜しみませんでした。

両立するための方法として、アルバイトのスケジュールをしっかりと把握し、学業と照らし合わせ、学習時間を確保することで学業をおろそかにすることなく、3年間やり遂げました。

以上より、私は貴社でもいかなる業務でも責任感を持ち、最後までやり遂げることが出来ます。

中途採用の自己PR例文

中途採用の方は、企業に貢献できる実績やスキルを取り上げながら、企業に求められる強みをアピールすることがポイントです。

前職では食品メーカーの営業として仕事をしており、目標に対して120%以上の売上を達成し続けてきました。

売り上げ達成の実績を継続するため、自社の製品をより深く理解し、品質の維持に努め、顧客の意見を受けとりまとめた後に社内の関係部署へ伝え、製品の改良と今後に繋げていきました。

こういった情報を元に、製品の品質の向上を意識したことが業績に繋がったと思います。

小売業界は未経験ではありますが、前職で培った目標達成と仕事への姿勢は、貴社の営業としても活かせる所が多いと感じております。

自己PR文の注意点

自己PRは主旨に合う内容となっていること、応募する企業ごとに変えることが求められます。

志望動機と一緒にしない

自己PRは志望動機を伝えるものではなく、仕事をする上での強みやこだわり、これまでの仕事の成果をアピールするためのもので、志望動機は応募先企業を選んだ理由、入社後に実現したいことをアピールするためのものです。

企業研究をしていくと、これまでの経験や身についたスキルの志望企業での活かし方が見えてきて、経験やスキルをさらに活かせる企業だから入社したいと理由づけることができるでしょう。

自己PRと志望動機の目的は異なりますが、自身の強みと裏付けるエピソードが根本にある点は共通しているので、両者は一貫性のある内容にすることで伝わりやすくなります。

自己PRは企業に合わせて変える

職種によって仕事内容が変わることはもちろん、同じ職種でも業界や取引先によって求められるスキルが違ってきます。

たとえば営業について考えてみましょう。ルート営業なら顧客とじっくり話をして信頼関係を構築し、抱えている問題に対して適切な提案をするスキル、広告営業ならスピード感を持って仕事を進めるスキルや、なかには関係者が多い案件もあるので大人数をまとめる力が求められることになります。

それぞれの企業の特徴にあわせずにテンプレート化してしまうと「社風に合わない」と判断されてしまうこともあるため、しっかり分析しつつ内容を詰めていきましょう。

自己PRが完成したら清書する前に見直す

自己PRは仕事でやってきたことや実績などが具体的であるほど伝わりやすくなるので、履歴書や職務経歴書に書く前にやってきたことや学んだこと、入社後にやりたいことや貢献できることが具体的、かつ端的に書かれているかを見直すことが大切です。

下記の2つの例を参考にしてみましょう。

〈例①〉

修正前「アルバイトをしていた時、後輩を育成する際は、常に相手と同じ目線になるよう心がけました」

修正後「接客のアルバイトをしていた時、後輩を育成する際は、毎日振り返りを行い、お客様の要望にどう答えるべきだったかを一緒に考え、その日のうちに整理することを意識しました」

〈例②〉

修正前「毎月のノルマを達成するため、様々な努力を続けました」

修正後「毎月定められていたノルマを達成するために、既存の顧客への提案・連絡を欠かさず行いました」

例①②共に、修正前の文章だけではどのような仕事をしていたのか、現状を改善するために何をしたのかなどが見えてきません。そこで、内容の充実した分かりやすい自己PRにするために、修正後のように具体的なエピソードを加えたり表現を変えたりすると良いでしょう。

書類と面接の自己PR

書類はスペースが限られているので、自身のアピールポイントを簡潔にまとめる必要がありますが、面接は書類よりも多くのことを伝えやすいので、書類では伝えきれなかったことを伝えてより具体的な自己PRにすることがポイントです。

書類の自己PRで押さえること

限られたスペース内に長文で詳細に書き過ぎると読みづらく分かりにくくなるリスクがあるので、1文は短く、段落ごとのまとまりを意識することが大切です。企業が求める経験やスキルにマッチする強みを簡潔に、そして、強調して書きましょう。

面接の自己PRで押さえること

面接は個々にしか語れないエピソードを自分の言葉で具体的に伝えて、書類の自己PRをさらにさらに掘り下げることがポイントです。事前に準備や練習をせずに臨むと伝えたいことが上手くまとまらないので、長くなり過ぎず簡潔に説明できる面接用の自己PRを用意しておき、自信を持って自分の強みを話せる練習をしておくことをおすすめします。

丁寧な自己分析で魅力的に自己PRしよう

経験や実績を丁寧に振り返ることで、自身の強みや裏付けるエピソードが明確になります。さらに洗い出した強みと具体的なエピソードを併せて伝えることで、魅力的な自己PRが出来上がります。

応募書類に清書する前に、最も伝えたいことから自分を採用するメリットまでまとまっているか、ポイントを押さえた内容となっているかを確認することはもちろん、面接の前にも伝える内容の確認が大切です。面接前には答える練習も欠かせません。分かりやすい自己PRであれば、書類でも面接でも、自信を持って伝えることができるでしょう。