飲食業界は未経験でも働ける!何より平日休みのメリットは大きい

飲食業界と聞くと学生時代のアルバイトとして選びやすく、実際に「飲食業界に関わった経験がある」という方も多い事でしょう。

また、「アルバイトが始めやすいなら未経験者でも受け入れてもらいやすいのでは?」と考えるのではないでしょうか。

確かに、飲食業界は未経験者でも働きやすい業界とされていますが、その一方で平日休みに対してネガティブなイメージを持っている方が多いのも事実です。

そこで本記事では、飲食業界の魅力や平日休みのメリットについて解説します。

業界の魅力や転職市場の動向に加えて、主な職種についてもお話するので、飲食業界に興味がある方はぜひ最後まで一読ください。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

飲食業界について

飲食業界について

飲食業界とは、食品を調達・加工・調理して、飲食品として顧客に提供するサービスを行う業界です。

ファミリーレストランや居酒屋など飲食業界と聞いて真っ先に思い浮かぶようなお店は、大手企業がチェーン展開しています。

その一方で、ラーメンやハンバーガーなど個人が開業して事業展開しているケースもあります。

主な飲食業界のスタイルは次の3つです。

スタイル

特徴

外食

店舗内に飲食物を調理する施設と顧客が飲食できるスペースが設置されている

中食

店舗で購入した飲食物を顧客が自宅に持ち帰って食べるスタイル

内食

消費者が店舗で食材を購入して自宅で調理するスタイル

飲食業界は生活に密着している仕事であり常にニーズがあるため、新規参入のハードルが低い業界としても有名です。

また、働く上で必要とされるスキルがあまりないため、未経験者の採用も積極的に行われています

飲食業界の市場規模と転職市場

新型コロナウイルスが流行してから厳しかった飲食業界全体の業績も、2022年に入ってからは回復の兆しを見せています

実際、外食市場調査2022年1月度では外食市場規模が前年同月比 136.4%と、居酒屋を中心に売上が回復していると発表されました(*)。

また、転職者からの視点で見ると慢性的な人材不足とコロナウイルスの打撃による採用難が相まって、かなり内定をもらいやすい状況になっています。

飲食業界で働けばコミュニケーション能力が養われたり店舗経営のノウハウを学ぶことができるため、将来に役立つスキルを身に付けられます

ちなみに、飲食業界への転職は異業種からが多いというデータがあります。

画像:【外食・店舗型サービス業界】2021年転職市場の展望

上記の表を見てみると、同じ飲食業界からの転職が1~2割程度なのに対して、異業種からの転職は2~3割と同業種より多くなっています。

異業種からの転職者が多いなら受け入れ態勢も整っているはずなので、未経験者でもあっても転職を成功させやすいでしょう

また、飲食業界で身につけられるスキルは様々な業界で活用できるので異業種への転職もしやすいのが特徴です。

飲食業界の主な職種

飲食業界の主な職種

続いては、飲食業界の主な職種について解説します。

それぞれの仕事内容や身に付けられるスキルについてお話するので、参考にしてみてください。

研究開発 

1つ目に紹介する飲食業界の職種は研究開発です。

店舗で提供する商品やレシピ、メニューの開発を担当します。

味はもちろん、安い価格で食材を利用して生産効率や収益性についても考える必要があります。

そんな研究開発の主な仕事内容は次の通りです。

  • 食材調達
  • 食品の製造、加工
  • 食品の評価、価格設定
  • 食品メニューの企画、開発

常に新しいアイデアを考えて試行錯誤する必要があるため、企画・開発力を身に付けられます

また、価格設定なども考える必要があるため、多角的な視点から物事を見る力が養われるでしょう。

様々な視点から物事をとらえて問題を見つけたり解決策を考えたりするため、ビジネスでの汎用性の高い能力が身に付きます。

販売促進 

2つ目に紹介する飲食業界の職種は販売促進です。

店舗の売り上げが伸びるように様々な施策を打つのが、販売促進の仕事になります。

例えば、利用額500円につき10ポイント付与などのキャンペーン企画・立案なども、販売促進が行っていきます。

エリアマネージャーなどとも呼ばれる販売促進の主な仕事は次の通りです。

  • キャンペーンの企画や立案
  • 店舗ポスターの作成
  • エリアの予算管理、店長の教育、調理指導
  • オペレーションの整備

商品やサービスをアピールしていかにお客さんを集めるかを考えるのが仕事なので、マーケティング能力を身に付けられます

また、店長の教育も行うので人を育てるスキルも身に付けられるでしょう。

このようにビジネス全般で役立つスキルが身に付けられる仕事なので、将来的に転職を考えたい方にもピッタリの職種です。

店舗スタッフ

3つ目に紹介する飲食業界の職種は店舗スタッフです。

店舗で働く人を全て店舗スタッフと呼びます。

そして、細かく分けると接客を担当する「ホールスタッフ」、仕込みや調理を担当する「キッチンスタッフ」、その店舗の責任者である「店長」の3つがあります。

そんな店舗スタッフの主な仕事内容は次の通りです。

  • 接客
  • 仕込み、調理、後片付け
  • アルバイトの教育
  • 在庫の管理
  • 勤務シフト表の作成

キッチンスタッフになれば、料理の勉強ができるため調理師免許の取得も目指せるでしょう。

ホールスタッフになれば、コミュニケーション能力が養われるため営業力が身に付き、店長になれば店舗を総合的に管理する必要があるため、高いマネジメント力を得ることができます。

店舗スタッフは、飲食業界全体で見ても最も働く人が多い職種なので、受け口が広く特に未経験者でも採用されやすくなっています

平日休みのメリットは大きい

平日休みのメリットは大きい

飲食業界は土日祝日が書き入れ時となるので、基本的に平日休みが多いです。

土日休みの人が多い中、平日休みだと家族や友人などと予定を合わせるのに苦労することもありますが、実はデメリットばかりではありません。

平日休みならではのメリットがあるので紹介します。

どこに行くにも空いている

1つ目の飲食業界の平日休みのメリットは、どこに行くにも空いていることです。

世の中の大半の人は土日休みだとされ、それを証明するデータも出ています。

画像:アエルふくしま「【データでみる婚活】土日祝と平日休みの割合」

約7割の方が土日休みなので、当然、観光スポットや行楽地は土日の方が混雑します。

反対に、平日休みはたったの2割程度しかいないため、土日なら混雑する場所も混む心配がありません

例えば、土日なら3時間待ちは当たり前のディズニーランドの人気アトラクションも、平日なら時間帯次第で10分程度で乗れてしまいます。

飲食業界のような平日休みの方は、どこに行くにも人混みや待ち時間に悩まされる心配がありません

平日割引が適用される(高速、ホテル、観光施設など)

2つ目の飲食業界の平日休みのメリットは、平日割引が適用されることです。

土日休みの人が多いという事は、言い換えると様々な観光地などが平日の集客に頭を悩ませているという意味でもあります。

そのため、少しでも多くの人に平日に利用してもらうために様々な施設やサービスでは利用料金の平日割引を用意しています。

例えば、高速道路は平日なら通常の30~50%程度安く利用できます

他にも、ホテルの宿泊費用は平日の方が土日よりもかなり安い金額で泊まれます

では、参考として東京お台場にあるヒルトンホテルの料金表を見てみましょう。

以下の料金表は、お台場にあるヒルトンホテルのものです。

画像:一休.com「ヒルトン東京お台場」

このように土日・祝日の料金が2万8,107円なのに対して、平日の料金は1万6,204円と大幅に安いことが分かります。

その差額は実に1万1,903にも及びます。

平日割引として有名なところで言えば飛行機もあります。

東京―札幌間の料金

やはり、翌日が休みになる土曜日の料金が一番高く、平日と比べると約2倍の値段になっています。

このように、平日なら様々なサービスを安く利用できるため、飲食業界で働き平日休みになればお金を節約しながら旅行などを楽しめるというわけです。

予約が取りやすい

3つ目の飲食業界の平日休みのメリットは、予約が取りやすいことです。

平日は様々なサービスの料金が安いにもかかわらず、それでも利用する人が少なく空いています。

そのため、平日に何かのチケットを取ったり予約をしたりすることができないというケースがほとんどありません

争奪戦が激しい人気レストランや美容室などの予約は平日なら問題なく取れるでしょう。

飲食業界なら、未経験者でも採用されやすく職種ごとにスキルもしっかりと身に付く

飲食業界なら、未経験者でも採用されやすく職種ごとにスキルもしっかりと身に付く

今回は飲食業界について解説しました。

飲食業界は、私たちの生活と切っても切り離せない関係にあります。

そのため、求人数が多く未経験者でも受け入れてもらえる可能性が高いでしょう

土日休みではなくなるのが嫌という方も少なくないですが、平日割引が使えたり、どこに行くにも人混みを避けられたりとメリットがたくさんあることを理解していただけたと思います。

土日休みで混雑した場所にしか訪れた経験がない方は、ぜひ一度は平日の空いている人気スポットを楽しんでみてください。

それには、まず飲食業界への転職を始める必要があります。

本気で飲食業界への転職を検討しているなら、転職エージェントを利用してみるのがいいでしょう。

転職エージェントなら飲食業界に精通しているアドバイザーがいる

転職エージェントとは、転職に関するあらゆる面をサポートしてくれるサービスです。

サポート内容は次のようになっています。

  • 求人紹介(非公開求人も含む)
  • 履歴書・ES添削
  • 企業内部情報の共有
  • 面接対策&模擬面接
  • 悩み相談

転職エージェントは様々な業界に転職事情に精通しています。

そのなかには飲食業界に精通したエージェントもいるので、未経験から飲食業界にチャレンジする方でも安心して利用できます。

また、同じ飲食業界といっても求職者はブランク、子育て、介護などそれぞれの悩みを持ち、希望する勤務体制も異なります。

そういった場合もエージェントに相談して、条件にマッチした企業を一緒に探していけるのも特徴のひとつでしょう。

しかも、これだけ徹底したサポートが受けられるのに、登録料金や利用料金は完全無料です。

特別な申し込み条件などもないので、飲食業界に興味がある方は、ぜひ転職エージェントを活用しながら転職の成功を目指してみましょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)