仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

会社に行きたくない、誰もが一度は考えたことがあるはずです。

しかし、簡単にその気持ちのまま「行かない」なんてことはほとんどの人はできません。仕事を失ってしまったら生活できなくなってしまいますから。

できたとしても1日、2日、休むくらいで結局また元に戻ります。

だからこそ、もしも会社に行きたくないと思っているならばその原因と向き合い、少しでも改善させるように自分なりに何かを変えていかなくてはなりません。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

会社に行きたくないと感じる主な原因

なぜ自分はこんなにも会社に行きたくないと思っているのか、なぜ会社に行くのが億劫になってしまったのかをじっくり考えてみたことがありますか?

単に甘えだ、誰でも思うことだ、仕方のないことだと決めつけてしまえばこの先何も解決はしません。ぜひまずはあらためて考えてみましょう。

体力・精神的に疲れがたまっている

どんな仕事かにもよりますが、仕事をするというのは体力的にも精神的にも楽なことではなく、疲れるもの。そしてその疲れは上手く解消できずにいればどんどん蓄積されていきます。

疲れがたまった状態で、さらに疲れを溜めるような場に行き疲れが溜まることをするなんて、誰だってやっぱりしたくはありません。

疲れが溜まったら会社に行きたくないと思うのは当然のことなのです。

もしかしたらあなたは今、疲れやすい状況にあり、かつ疲れを解消できない状態にあるのかもしれません。

仕事がつまらなくて仕事をすること自体が苦痛

仕事に限らずつまらないことを何時間もやることになるとわかっていれば、誰だって行きたいなんて思いません。行きたくないと思って当然です。

あなたは今の仕事が楽しいと思うことができていますか?

仕事は決して楽しいことばかりではありません。大変なこともあれば嫌な思いをすることだってあるし、しんどい思いをすることだってあります。

しかしそれでも何か少しでも報われることがあったり、やりがいを感じることができたり、達成感や成長を感じることがあれば、仕事は大変だけど楽しいものへと変えることができます。

もしかしたらあなたは今の仕事で自分にとってプラスに感じることが何もなくなり、ただつまらないものになってしまっているのかもしれません。

上司・同僚等と人間関係がうまくいっていない

人間関係が会社生活に及ぼす影響は非常に大きいです。

上手くいっていればいいですが、周りから嫌がらせを受けていたり、直接密に関わることになる上司との関係が悪かったりすれば、会社なんてあなたにとって苦痛を感じるだけの場所になります。

そしてそんな場所には行きたくないと思うのは当然です。

別に仕事に限った話ではありませんよね。

会社だから仕方ない、仕事だから仕方ない。人間関係の問題はそんな簡単に割り切れるようなことではありません。

やることが多すぎて仕事が溢れ、追いつかない

程よい仕事量なら楽しいはずの仕事も、溢れるほどの仕事に追われるようになると、それはもはや苦痛。

焦り、不安など、マイナスのことばかりが襲ってくることになります。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、でも終わらない、どうすればいいんだろう。こんなことばかり考えるようになってしまえば会社に行きたくないと逃げ出したくなるのは当然のことです。

もしこの状況を切り抜けることができれば、成長を感じることができるかもしれないし、達成感を感じることができるかもしれません。

しかしそこに直面し、なんとかなるイメージができていない時にそんな前向きなことは中々考えることなんてできません。

辛い仕事が待っている

嫌な顧客に電話しなくてはいけない、上司に悪い報告をしなくてはいけないなど、辛い仕事が待っている人も会社に行きたくないという気持ちを強くします。

誰だって嫌なことがあるとわかっているのに、行きたいなんて思うわけがありません。

まだそれが一回限り、その日限りで慢性的なことでなければいいのですが、意外と毎日そんな嫌なことが溢れているという人も多いのではないでしょうか。

毎日のように上司に怒られたり、毎日何時間も残業しなくてはいけなかったり、常にやりたくない仕事に追われていたり。それが会社に行きたくない原因になっているという人も少なくないでしょう。

仕事がうまくいっていない

仕事がうまくいかず、それがストレスになって行きたくないと感じる原因になっている人も少なくはないはず。

上司や先輩に怒られる、仕事が終わらないといったことばかりではなく、ただ思った通りに行ってくれない、思い描いたように進んでくれないということだけでも大きなストレスになりえます。

あなたは今の仕事に自分が思い描いている形に大きなギャップを感じてしまってはいませんか?

会社に行きたくない気持ちはどうすれば改善されるのか

では会社に行きたくない気持ちはどうすれば改善されるのでしょうか。

いくつか改善策とその効果を考えてみましょう。

時間がたてば勝手に改善していく?

一つ目がとりあえず今は我慢して、勝手に改善していくことを待つという手段。おそらく多くの人は、特に考えることなくこの方法を選んでいるのではないでしょうか。

仕事だから仕方ない、どうせやるしかないと考えた結果、何もしないわけです。

時間が解決してくれる問題はもちろんあると思います。

溢れていた仕事も周りのサポート等が入ってなんだかんだ終わったり、人間関係も異動等で解消されたり、つまらないことを割り切れるようになってきたり、嫌な仕事・辛い仕事に対しても耐性がついてきたり。

私自身、仕事が嫌で嫌でたまらず毎日行きたくないと悩んでいましたが、気が付くとその気持ちがいつのまにか薄れていたことはありました。

一時的に会社に行きたくないと思うことは誰にだってあること。根本的に大きな問題を抱えず時間が解決するとわかっているなら、何もしないというのは必ずしも悪いことではないでしょう。

しかしこのやり方にはいくつか問題があります。

一つ目は改善されるまでかなり長い時間がかかり、その間ずっと辛い中で過ごしていかなくてはいけないということ。

もしかしたら1ヶ月で終わるかもしれません。しかし問題によっては1年、2年は当たり前、そしてそれ以上の期間かかることだってありえます。

そして二つ目は結局改善されず、あなた自身の会社生活に大きなマイナスの影響を及ぼすかもしれない可能性があるということ。

我慢に我慢を重ねた結果、ストレスが限界を超えて体を壊してしまった人は決して少なくありません。また評価を下げられたり、違う道に進むチャンスを失ってしまうなんてこともありえます。

時間が解決することはあることですし、そこに委ねた方が良い場合ももちろんあります。しかしそれは安易に選ぶべきではありません。

あなたが会社に行きたくないと思っている原因がどこにあるかを自分でしっかりつかみ、色々な方法を考えた中で時間による解決が良いと考えた上で選択しないと、あなたにとって良い結果に繋がるとは言えないのです。

休みを取ることで改善に繋がる?

休みをとり仕事から解放され、身体的・精神的にリフレッシュすることは非常に大切なことです。

しかし、休みを取ることによって解決できる問題と、そうではない問題があるという点は注意しなくてはなりません。

休みが少なかったり残業続きで疲れが溜まりに溜まっているなら、休みを取ることが改善につながるでしょう。

しかし仕事が溢れてしまっている場合はどうでしょう。

1日・2日休んだら、余計に仕事が溜まってむしろ状況が悪化するなんてことは容易に想像でき、そうなってしまうと休む前よりも行きたくないというマイナスな気持ちが強くなってしまうかもしれません。

人間関係や仕事のつまらなさといったことも、改善にはつながりません。

休んでいる間は良いですが、結局また休みが明けて繰り返し。何度も休みを取ることなんて当然できず、また同じ悩みで苦しむことになるだけです。

仕事以外で楽しみを見つけることができれば改善に繋がる?

仕事以外で楽しみを見つけることは、人生を充実させる上で大切です。またそれは精神的なリフレッシュにも繋がります。

しかし、仕事自体の問題は何も変わりません。

1日8時間以上、そして毎日続く仕事でのしんどさは結局何も変わらないのです。

中にはプライベートが充実したおかげで仕事のちょっとしたことがまあいいやと思えるようになる人ももちろんいるでしょう。しかし、そんな人ばかりではありません。

結局、やりたくない仕事はやりたくない仕事のまま、会社に行きたくない気持ちは何も変わらないというのが大半なはずです。

根本的な改善は悩み自体を解決するしかない

休みをとる、プライベートを充実させることはもちろん大切なこと。しかし、そればかりでは改善できないことのほうがずっとずっと多いのが現実です。

また原因によっては時間が改善してくれないこともたくさんあります。

その為、結局は現実逃避をせずに原因を把握し、その原因自体を潰す為に何かしらを行うことが必要となってくるのです。

会社に行きたくないと感じているあなたが具体的に見直すべきこと

では、会社に行きたくないと感じている気持ちを根本的に改善させていく為には、どういったことを見直す必要があるのでしょうか。具体的な策を紹介します。

生活習慣を正す

残業が多くなり自分の時間が少なくなってしまったり、会社でのストレスが溜まって仕事以外のことをやりたいと思うようになると、つい睡眠時間を減らしてしまいがちです。

実際に夜寝る時間が遅くなっている人も多いのではないでしょうか。

しかし睡眠時間を減らすことは避け、しっかり確保するべきです。

睡眠不足は身体的な疲労回復ができないだけではなく、精神的なストレスの増加にも繋がります。

仕事以外の、自分の好きなことをやってリフレッシュしようと睡眠時間を減らそうとすると、逆にリフレッシュから遠ざかってしまうのです。

ぜひ生活習慣は正すようにして下さい。それがあなたを疲労から解放させる有効な手段です。

仕事での目標を立てる

あなたは仕事での目標を持っていますか?

昔は持っていたけど、日々の仕事に追われ、いつの間にかただ目の前の仕事をこなすことだけになってしまっていませんか?

目標がなければ達成感を感じることができません。また自分が成長しているのかどうなのかもわかりにくくなります。

また仕事を受動的でやらされるだけのものになってしまいます。

そして仕事はただこなすだけのつまらないものになっていくのです。

まずは小さな目標で構いません。目標を定め、それを目指して仕事をするように心がけてみましょう。

自分と向き合い、自分のありたい姿を考える

日々の仕事に追われていると、それをやるのが当たり前、それをするしかない環境が当たり前となっていき、自分がありたい姿を忘れてしまいます。

ですから、このタイミングでぜひ一度自分と向き合い、自分のありたい姿を考えてみましょう。

自分と向き合うことはそれなりに大変です。難しいし、ギャップの大きさにショックを受けることにもなるでしょう。

しかしそれをすることがあなたにとっての目標を見つけることにもつながり、会社に行きたくない原因がどこにあってどうすればいいかを見出す手段になるのです。

毎日、最後にひと踏ん張りして一つ仕事を終わらせる

実務的な話になりますが、毎日の仕事で仕事が終わりの時間に近づいた時、ぜひひと踏ん張りして一つ仕事を終わらせるようにしてみて下さい。

仕事が終わりかけになると、「明日でいいや」とだらけてしまいがちですが、そのように翌日に仕事を先送りすると、帰ってから「あれをやらなきゃ」という気持ちを作る原因になります。

翌日の仕事に少しでも余裕を持たせる為、最後のひと踏ん張りは非常に大切です。

これは週末、休み前に特にやらなくてはいけません。

明日から休みだと思うと、仕事の終わり際はつい気が緩んで翌週のことを考えずに仕事を先送りしがち。そして翌週の仕事が憂鬱になるのです。

嫌な仕事はさっさと終わらせる

嫌な仕事はとにかくさっさと終わらせるようにしてみて下さい。やらなきゃと思ったら、できる限りその日中に終わらせ、翌日以降に引きずらないのです。

嫌だから、怖いから、面倒くさいからと先送りしても結局やることは変わりません。同じ大変さです。場合によっては先送りした結果大変になることもあります。

たださっさと終わらせておけば、「あれをやらなきゃ」という悩みによる不安からは解放されます。

嫌な仕事を先送りすればするほど、会社に行きたくなってしまうのです。

自分のやるべきことを見える化する

抱えてくる仕事が多い状態でその仕事を整理できていないと、必要以上に仕事が多いと錯覚してしまいがちです。そしてそれは焦りや不安に繋がっていきます。

ですから、仕事は定期的に整理し、見える化し、自分がどういった仕事を抱えているのかを把握するようにしましょう。

不安は仕事をしていない時にこそ大きくなります。そしてそれが会社に行きたくないという気持ちを生み出します。

その不安さを出来る限り減らすように努めてください。

自分の力ではどうしようもないことなら転職して環境を変えることも考える

会社には自分の力ではどうにも変えることができないことも少なくありません。

残業が多い状況を大きく減らすことはできないし、休日出勤が多い状況を減らすことだって中々できません。

人間関係だって、変わることを待つことくらいしかできず当面は我慢するしかありません。

仕事のつまらなさ、自分が思い描いているギャップとの相違だって、多少は改善できても大きく変えることはできない場合の方が圧倒的に多いです。

だからこそ、時には転職して環境を変えるということも大切です。

行きたくないと思うような会社から脱出し、自分が行きたいと思える会社を見つける方が実はずっとずっと簡単だったりするのです。

会社に不満を感じているならまずは転職活動をしてみるべきです。もっと良い会社が見つかる可能性は大いにありますし、転職活動するだけならリスクなんてありません。

しかし、実際どれほどの人が転職活動をやってみたことがあるでしょう。おそらく少ないはず。

せっかく会社を変えるという選択肢を持っているのに、それをやらないのはあまりにもったいなさすぎます。

何かを変えることは大変、それでもやらなくては今のまま

これまで自分が行ってきた仕事のやり方、仕事に対する向き合い方、置かれている環境。会社に行きたくないと感じているなら何かを変えてみるべきです。

もちろんどれをするにしても何かを変えるというのは大変です。

しかし、何かやらなくては結局今のまま。あなたの悩みは解消されず、明日も明後日も、1ヶ月後も半年後も、同じように「会社に行きたくない」と悩み続けているでしょう。

やれることはあるはずです。ぜひやってみましょう。

おすすめ転職サービス

最後にいくつか、おすすめの転職サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT