保険で資産運用は意外と賢い選択。20代、30代は貯蓄と保証を同時に叶えよう

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

保険で資産運用は意外と賢い選択。20代、30代は貯蓄と保証を同時に叶えよう

年金の支給額は縮小傾向にあり、少子高齢化はますます深刻化。

将来に向けての貯蓄が必須になってくると思いますが、銀行にお金を預けても手数料分も回収できないようなマイナス金利時代です。

だからこそお金の使い道や資産について若いうちから考えておかないと、将来生活が立ち行かなくなってしまうかもしれません。

毎月の収入をあるだけ使い切っているという方。

一切貯蓄手段をとっていないという方。

気付いたらかなりのリスクをとらないと老後資産が足りない…なんてことになる前に、貯蓄手段を整えておきましょう。

そこで今回はその選択肢のひとつとして、資産運用目的の保険についてお話しします。

お金の預け先を再検討する

皆さんはいま、自分の資産をどこに預けていますか?

そしてどれくらいの貯金がありますか?

これからは、必要最低限のお金のみ銀行に預け、それ以上のお金については是非自分が価値を感じられるところに預け先を変えることを考えてみてください。

冒頭でもお話ししたようにマイナス金利の今、全収入を銀行に預け続けるのはかなりもったいないこと。

収入の一部預け先を変えるだけでも有効活用していくことができるはずです。

これが、資産運用の第一歩とも言えます。

お金を貯蓄する手段ってどんなのがある?

お金の預け先を変えるというお話しをしましたが、これにはいくつかの手段があります。

リスクはありますが、投資に回すこともひとつの選択肢です。

ただ投資はそれなりの知識が必要ですし、今はまるっと運用を任せられるロボアドバイザーもありますが、歴史の浅さに不安を持つ人も少なくありません。

そこで今回選択肢のひとつとしておすすめしたいのが、保険です。

保険を単にお金を払って保証して貰うものだと考えてはだめ。

保証して貰えると同時に、支払ったお金以上が返ってくる保険の種類もあるのです。

払い損しない!貯蓄に適した保険の種類

保険は損するというイメージを持っている人も多いのですが、それは間違い。

支払った保険料が戻ってこない代わりに月額の保険料が安くなる掛け捨て型がある一方で、払い込み期間終了後などのタイミングで保険支払額相当料、またはそれを上回る返戻金を受け取れる貯蓄型保険があります。

その貯蓄型の保険にすることで、必要最低限の保障を受けながら将来に向けて貯蓄をすることが可能になるわけです。

種類は様々で老後の年金代わりとなる個人年金保険というのもあれば、死亡保障のみなどの比較的シンプルな内容で資産形成目的としても機能する養老保険や終身保険といった保険もあります。

払い込み期間や死亡保障内容・期間、返戻率(解約時に払い戻される金額の割合)は保険会社の保険商品によって異なりますが、返戻率が100%を超える利率の良い商品も多くあるのです。

もっと細かい話をすると、投資要素の強いハイリスクハイリターンの「変額保険」というものもあれば、インフレ等、物価上昇率にも強い「外貨建て保険」などもあるので、自分の要望やリスクに対する許容度に併せて決めてみるのも良いでしょう。

貯蓄型保険のメリット、デメリット

上記で紹介した貯蓄型保険にはメリットもデメリットもあるので紹介しておきましょう。

貯蓄型保険のメリット

保証と同時に資産運用ができる

貯蓄型保険のメリットは保証と同時に資産運用ができる点。

掛け捨ての保険は保険料が安いものの支払ったお金は戻ってきません。

一方貯蓄型保険であれば、掛け捨ての保険に比べて保険料は高くなるものの満期時に解約すれば実際に支払ったお金よりもずっと高い返戻金を受け取ることが可能となります。

毎月天引きされ、簡単に引き出せないのでお金が貯まりやすい

毎月貯金しようと思っているけれどつい引き出して使ってしまうという人にもこの貯蓄型保険はおすすめ。

毎月一定額自動的に引き落とされ、途中解約すると返戻金が少なくなってしまうのでいざという場合にしか解約はしなくなる為、確実に貯金することができます。

貯蓄型保険のデメリット

一定期間たたずに解約すると損をする

貯蓄型保険はあらかじめ決められた保険料の払い込み期間が決められており、その払い込み期間が終わらないうちに解約すると返戻金は実際に支払った金額より少なくなってしまいます。

その為、保険の費用は無理のない金額にし、いざという時に使えるお金を手元に置いておくことが必要です。

インフレで資産が目減りする場合がある

貯蓄型保険の場合、契約した時点で○年後に○円ということが決まります。

もしインフレが起きてもその金額は変わりませんし、景気が良くなり他の投資の利率が良くなっても金額がアップするなんてことはありません。

すなわち、インフレによって資産が目減りしてしまう可能性もあるということです。

ただ銀行に預けておくだけでも資産は目減りするし、金利アップも期待できませんから、銀行に預けるよりはまだ良い選択と言えるでしょう。

保険のプロに無料で相談する

そうはいっても、どこの保険会社がいいのか、自分の希望や現状にあった保険商品はどこにあるのか、探すのは至難の業です。

保険会社の数もさることながら、保険商品を数えだすときりがありません。

自分で調べるのもかなりの時間を要します。

そこで頼りになるのが、どこの保険会社にも属さない第3者であるファイナンシャルプランナーや保険のスペシャリストが保険加入検討者の希望に併せて、その人にぴったりの保険を提案してくれる保険代理店です。

保険にどんな保障を求めるのか、また収入状況などから保険の種類を絞り込み、さらに数ある保険会社の中から、保険商品を提案、比較までしてくれます。

疑問がなくなるまでじっくり向き合ってくれるので、保険加入を検討する場合はかなり頼りになる存在です。

さらに、保険代理店は保険会社から紹介手数料を受け取れるため、相談から加入まですべて無料で行ってくれます。

おすすめの保険代理店

保険代理店は、ショッピングセンターや路面店など全国各地に店舗があるところも多く、また訪問を受け付けているところもあります。

大事なお金と保障の話を無料で何度でもプロに相談でき、複数社比較もできるのは保険代理店ならでは。

保険会社に勤めている知人がいると、そちらへ相談しようとする人もいますが、心強く感じる反面、ちょっと条件的に合わないと感じても断りづらいというのがあるので、こういった第3者に頼むことにはメリットがあるのです。

ただ、担当するファイナンシャルプランナーによっては、知識レベルや経験値に差があり、提案内容が異なってくる可能性があるので、担当者さんの変更を依頼したり、複数の保険代理店を利用することもひとつの安心手段です。

今回は筆者も利用した2つの保険代理店をご紹介しておきます。

保険相談Navi

時間や相談場所を選べる保険相談Navi。

強引な勧誘は一切行っておりませんと明言している通り、筆者も無理に加入を勧められることはありませんでした。

筆者は保険相談に付随して、将来のマネープランについても話をしてくれる担当さんに出会えたため、かなり満足度も高かったです。

保険相談naviについて詳しくみてみる

保険見直し本舗

保険の見直しとなってますが、新規加入の相談ももちろん可能です。

そもそも保険の見直しを提案するにもかなりの知識量が必要なので、担当者の方々も保険に関するスペシャリスト。

安心して新規加入の相談もできます。

なんと全国に255店舗もありますが、訪問依頼も可能なので、なかなか店舗に行く時間がない人でも相談しやすいです。

大きな会社なので安心感もあります。

保険見直し本舗について詳しくみてみる

貯蓄手段としての保険が優秀かも!?

これらの貯蓄型の保険は、20代での加入者が多く、銀行の定期預金よりは利率が良いものも多いので、貯蓄手段としてはかなり優秀です。

資産運用は大事だと思うけど自分で投資などをする時間もない、保険にひとつも加入していないという方は是非1度保険相談で自分にぴったりの保険があるのか相談してみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ