保育士が転職で失敗してしまう理由と成功する為にすべきこと

保育士は他の職種に比べると離職率が高く、転職が頻繁に行われる職種です。

職場によって労働条件は異なるのでよりよい条件で働きたいと思って転職をする人もいますし、人間関係が上手くいかずに転職をするといった人もいます。

そして転職によって良い環境を得られた人はたくさんいます。

しかし、せっかく転職をしてもその転職が失敗だったと後悔してしまう人も少なからずいるのも事実。そしてまた転職を繰り返してしまうことになってしまいます。

ではどうすれば転職で失敗を避けることができるのでしょうか。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

保育士は転職しやすい。でも失敗してしまうことも

保育士は現在人手不足の状況が続いており、多くの保育園で保育士を募集しています。

有効求人倍率でみても全職種合わせたものが1.3~1.4倍であるのに対し、保育士に限っては2倍以上、東京都では5倍以上となっており、転職自体はかなりしやすい状態です。

ただ転職がしやすいからと言って成功するとは限りません。実際に転職した人の話でも以下のような失敗談があります。

  • 給料が増えればと思って転職したが、ボーナスが少なかった為に年収は変わらなかった
  • 前に勤めていた保育園とは方針や仕事のやり方が大きく異なっていて大変だった
  • 残業はなかったが仕事量はとても多かった為、結局持ち帰って仕事をする羽目になった
  • 職場の雰囲気が悪く、常に居心地が悪かった
  • 産休や育休取得可能だと言っていたのに実は取りやすい環境ではなかった。

わざわざ転職するならば前よりも何かしら良くならなければ意味はない。しかし良くなるどころか転職したことで悪化してしまう場合もあるわけです。

ではなぜそういった事態に陥ってしまうのでしょうか。

保育士の転職失敗理由

保育士が転職し失敗に終わってしまうことには、いくつかの理由が考えられます。

自分が希望することをわかっていない

そもそも自分が何を望んでいるのか、何の為に転職するのか、意外にその点をわかっていないまま転職して後悔する人というのは多いです。

本当は労働時間や休日数、仕事量なども大事なのに年収ばかりを気にして転職して後悔するなんていうのはよくある話ですね。

転職する際、ついそれまでの不満にばかり頭が行きがちになってしまいます。しかしそこばかりを考えてしまうと、他に大事にすべきことを見失ってしまうことになりかねません。

情報収集が不十分

求人票に書いてある情報だけでは当然不十分。残業がないと書いてあっても実際どうかわからないし、想定年収が書かれてあっても本当にそれ通りもらえるかはわかりません。

年間休日が120日以上と書かれていても休日出勤が多いかもしれないし、有給休暇は全くとれないなんていう場合もあります。

転職して想像していたこと、期待していたことと大きく違ってしまっていては当然失敗ですよね。

そうなってしまう理由は単に情報収集不足。もちろん実際に入社して働き出してみないことにはわからないこともありますが、可能な限り情報収集しておかなくては失敗するリスクはかなり高くなってしまいます。

焦って決めてしまっている

転職活動では焦りは厳禁。ただ転職前の会社で大きなストレスを抱えていると、とにかく早くそこから抜け出したいという思いが強くなってしまい転職先選びが適当になってしまいます。

自分の希望を考えもせず、特に情報収集もせず、求人票に掲載している少ない情報となんとなくの雰囲気だけで決めてしまえば転職は完全に運任せ。当然失敗することだって多々でてきますよね。

職場に期待をよせすぎている

職場に期待しすぎているというのも転職が失敗に終わってしまう理由として挙げられます。

転職して新たな環境で働くことになった場合、もちろん職場の環境も大切ですが職場に馴染む為の本人の努力も必要。

転職先が見つかることがゴールではなく、むしろそれはスタートであって上手くやれるかどうかは自分がどう取り組んでいくかによって大きく変わってくるのです。

職場に過度な期待をよせ、甘えた考え方をしたまま働き出せばせっかく良い環境に恵まれても満足することはできません。

視野が狭い

保育士から転職するとしても、選択肢は一つではありません。

保育園で働く、企業が運営している保育所で働く以外にも保育士としてではなく他業種に転職をするという選択をすることもできます。

視野が狭く、選択肢を限ってしまえば自分が考えている希望をかなえることは困難になり妥協せざるを得なくなるかもしれませんが、少し広く考えれば実はもっと自分に適した仕事を見つけられるかもしれません。

保育士の転職を成功する為にすべきこと

では保育士が転職する場合、どうすれば失敗を避け成功をする可能性を高めることができるのでしょうか。

自分の希望を明確にすることがまず第一

とにかくまずは自分の希望を明確にすることから始めましょう。

どんな目的で転職をするのか、転職しなくてはいけない理由は何なのか、転職する際に絶対に譲れない条件は何か、逆に少しなら譲ってもいいものは何か。

特に給料、労働時間、仕事内容、休日といったものに関しては明確にしておかなくてはなりません。

最初に明確しておかなければ、応募先を選ぶ際もなかなか選べず結局なんとなく勢いで家から近いことを選んでしまうことになってしまうことになりますから、必ず最初にやるようにしてください。

如何に情報収集できるかが命

転職では如何に情報収集ができるかがとても重要です。

今はネットで色々と情報を調べることができるし、保育士を対象とした転職支援サービスを使えば転職先の気になる情報を教えてもくれます。

気になる点があるならばそのままにしておかない。面倒くさがらずにとにかく色々な手段を使って徹底的に情報収集を行うようにしてください。

またその職場での平均年齢や勤続年数といった点からも色々なことが見えてきます。

出来てから間もないわけでもないのに平均年齢がかなり低かったり勤続年数が短い場合、長く働くことができにくい理由があるのかもしれません。

職場の見学

保育園であれば、事前に見学をさせてもらうことも可能。これまで保育園で働いてきた経験を活かし、その職場の雰囲気をつかみ取りましょう。

人間関係がぎすぎすしていないか、仕事量が多すぎるのではないか、皆が楽しく働くことができているのか、自分で見た生の情報はとても役に立つ情報です。

転職自体は自力でする必要はない

転職を成功させる為に、履歴書の書き方や面接での対応といった部分を重視する人が多いかもしれません。

確かに最終的に内定を貰わなくてはならないので重要ではあるのですが、それらを全部自力でなんとかする必要はありません。

無料の転職支援サービスを使えば選任のコンサルタントがついてくれ、そういったことをサポートしてくれますから効率も良いし自分で悩む必要もなくなります。

働きながらの転職活動は時間もなく本当に大変なことですが、こういったサービスを使ってサポートして貰えばかなり楽にはなるでしょうし、その分自分でじっくり考える時間も増やすことができます。

やる前から失敗を過度に恐れてはだめ

転職したいと思っていても、失敗が怖くてなかなか踏み切れないという人がいるかもしれません。

ただ失敗はそれほど過度に恐れるものではありません。しっかりと準備をすれば転職の成功率というのは非常に高いものになります。

保育士は転職がしやすい職種。ということは労働条件も自らの力で改善していくことが可能な職種です。

いつまでも悪い条件で働くのではなく、ぜひチャレンジしてみてください。

もしも今の職場に不満があり、転職しようかなと考えている人がいれば、一度無料の保育士、幼稚園教諭向けの転職支援サイトを利用してみて下さい。

保育園や幼稚園だけではなく、託児所や企業内保育などの非公開の求人を多く扱っているとともに、専任のアドバイザーが求人探しや面接、給料交渉などをサポートしてくれますのでできるだけ少ない労力で満足する転職先を見つけることができるかと思います。

ちなみに待遇の良い求人は応募が殺到してしまうので、登録した人にのみ公開されているという形になっています。

また職場の雰囲気など、一人で転職活動をするだけでは知ることができない情報も知ることが可能ですので、使うのと使わないのでは大きく差がでます。

保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイトでは、以下の大手3つがおすすめです。

ホイリー はオープニング園や小規模園、院内保育所等の求人も多数掲載している東京、神奈川、千葉、埼玉を対象とした保育士転職サービスです。

保育経験ありのキャリアパートナーが求人検索や提案、内定までのサポートをしてくれるので一人で転職活動する必要がありません。

また扱っている求人は事前に労働条件(残業、持ち帰り度)や労働環境(平均年齢や平均勤続年数)も調査して扱っているので、転職前の不安がかなり解消できるというメリットがあります。

ホームページを見て頂くとこのサイトの強みがわかりますので、一度チェックしてみて下さい。

■公式サイト:ホイリー 

保育士バンクは求人数が国内最大級。求人数が多い分、希望に合った求人を見つけやすいし、サポートも充実していて、転職に関する不安はだいぶ軽減されるかと思います。

保育士専門のキャリアコンサルタントが転職活動から内定後、入職後のアフターフォローまでフルサポートしてくれます。

またこのサイトでは求人だけではなく、保育士に関するコラムなども多数掲載されていますので、今後の保育業務に生かせるものが見つかるかもしれません。

なおこちらのサイトは学生(新卒)の方は対象外となります。

■公式サイト:保育士バンク

保育ひろばは転職サポートがとても充実していて利用満足度が94.2%もあることが注目ポイント。

求人紹介、面接対策、条件交渉といったものから、現職の退職交渉まで相談に乗ってくれるので、タイミングが悪いと辞めにくい保育士という仕事には非常に助かるかと思います。

またこのサイト経由で地方から首都圏に転職活動する場合は交通費を一部負担してくれるというのもポイント。

何かとお金のかかる転職活動ではこのメリットは大きいのではないでしょうか。

■公式サイト:保育ひろば

他にも全国対応している転職支援サイトとして保育Aidというものもあります。

事前に求人を厳選した上で求人を扱っており、ヒアリング等も丁寧で職場見学や体験保育等も希望すれば可能です。

またこちらはわざわざ来社する必要がなく、電話やSkypeで対応して貰うことが可能というメリットもあります。

■公式サイト:保育Aid