保育士の離職率や仕事を辞める理由。保育業界は厳しい?

誰もがなろうと思ってすぐなれるわけではない保育士。

国家資格を取る必要があり、保育士になる為にはそれなりの苦労が必要となります。

子供の命を預かることになる非常に責任の重い仕事ですから当然ではあるかもしれませんが、子供が好きな人にとっては非常にやりがいのある仕事ですよね。

ただそんな保育士でも毎年多くの人が仕事を辞めています。それはなぜでしょうか。

今回は保育士の離職率や保育士が仕事を辞める理由ランキングを紹介していきます。

 

おすすめの転職サービス

各サイトで取り扱う求人が異なるので、複数のサービスに登録しておきましょう。エージェントサービスを利用すれば、非公開求人も紹介してもらえます。

おすすめの3サービス公式

保育士バンク
ブランク・初心者歓迎の求人が豊富
会員登録なしでも応募可能
保育士がおすすめするサービスNo.1

公式

保育ひろば
業界トップクラスの求人数(全国4万の施設の求人を保有)
手厚いサポートで利用者満足度94%

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/大学中退/第二新卒/既卒
向け
・未経験職種でも最短2週間で正社員へ

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

保育士の離職率

保育士の離職率はどれくらいだと思いますか?

厚生労働省の社会福祉施設等調査によると、勤務者320,196人に対して退職者は32,823人、離職率は10.3%となっています。

公営保育所の離職率が7.1%であるのに対し、私営保育所は12.0%と、私営の方が高い傾向がありますね。

保育士が仕事を辞める理由ランキング

では保育士の方々はどういった理由で仕事を辞めることが多いのでしょうか

東京都保育士実態調査の結果(複数回答可)によると、以下の通りになっています。

  1. 給料が安い・・・68.7%
  2. 仕事量が多い・・・61.9%
  3. 労働時間が長い・・・47.4%
  4. 職場の人間関係・・・37.1%
  5. 他業種への興味・・・27.3%
  6. 職業適性に対する不安・・・25.6%
  7. 保護者対応の大変さ・・・24.6%
  8. 子育て・家事・・・24.1%
  9. 健康上の理由・・・23.7%
  10. 妊娠・出産・・・17.8%

給料が安い

保育士は給料が安いというのはよく言われる話。仕事は厳しいものであるにも関わらず、給料がは手取りで12万円もないなんていう話もよく聞きます。

長く働いていても全然給料が上がらないこともあり、生活は本当にギリギリだという人も多いでしょう。

これを理由に少しでも給料の良い保育園に転職する人もいれば、保育士自体をやめて違う業種で全く違う仕事をする人も少なくありません。

仕事量が多い、労働時間が長い

保育士の仕事は園児の面倒を見るだけに限りません。

掃除や保護者対応、事務仕事もありますしイベントがある時期には備品を作らなくてはいけなくなります。

当然労働時間は長くなって残業も多いし、家に持ち帰って仕事をする人もいますね。

しかもその残業がサービス残業となっている場合も多いです。時給換算してみると、実は最低賃金以下だなんて人もいるかもしれません。

職場の人間関係

女性が多い職場だからこそある難しい人間関係。悩んでいる人はかなり多いでしょう。

全職種での退職理由としても、人間関係による退職は男性が9.3%であるのに対し、女性は14.8%と大きく差が開いています。

上司や先輩との関係がうまくいかない、陰湿ないじめ、嫌がらせをされる、気を遣うから大変などと本当に大きなストレスを感じることになりがちです。

他業種への興味

保育士として働いている人であっても、他業種に興味がわくことだってありますよね。

学生時代から社会人になって様々な経験をすれば、やりたいと思うことも変わって当然です。

未経験の業種、職種に転職することは難易度も高いものの、転職できている人はたくさんいます。

健康上の理由

病気になってしまった、ケガをしてしまったなど健康上の理由から退職する人も少なくありません。

ただ保育士の場合は残業が多すぎる、人間関係でのストレスが大きすぎるなどあまりにも厳しい労働条件によって心身を壊してしまい、働き続けることができなくなってしまったという人もいます。

健康上の理由としている人の中には、その原因が実は仕事にあるという人もいるのです。

妊娠、出産

妊娠、出産は、全職種と比較した場合に非常に高い数値になっています。

厚生労働省の「雇用動向調査結果」によると、女性が仕事を辞めた理由として出産や育児を挙げている人はたったの0.7%。最も割合が高いのは25~29歳ですがそれでも2.0%となっています。

保育士の業務は体力が必要となるものも多いので、妊娠したら無理に働かず、退職を選択をする人も多いでしょう。また産休、育休が取りやすい環境があまり整っていないという面もあるのかもしれません。

さらに考えることは復帰のしやすさ。一度退職しても他の職種に比べると仕事は見つけやすいので退職のハードルは下がるのかもしれません。

辞めたいなら辞めたっていい

もしあなたが今の保育士の仕事が辛い、もう辞めたいと考えているならば思い切って辞めたって良いんです。

せっかくやりたいと思っていた仕事に就けたのに、ストレスばかりためて働き続けるなんて悲しいですよね。

現在は保育士不足が顕著ですから、違う園に転職することも難しくありません。もし他業種に興味があるならそっちに転職することだってありでしょう。

自分にとって無理な状況は、自分で避けていく。その気持ちを忘れないでください。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【初心者歓迎】保育士バンク


  転職サイト|転職エージェント  

ブランク有・初心者歓迎の求人が豊富で、経験に自信の無い方におすすめのサービスです。

エージェントの利用だけでなく会員登録なしでもサイトから直接応募できるので、気軽に利用しやすくなっています。

利用者の好感度も高いので、まず情報収集だけでもしたい方はここから登録をはじめてみましょう。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【トップクラスの求人数】保育ひろば


  転職エージェント  

業界最大手で全国4万施設の求人を保有しており、地域特有の事情を把握している専属コンサルタントがいるので利用者満足度も94%。

求人が出ていない園にも打診してくれるため、希望通りの転職を実現しやすいサービスになっています。

また登録から入社まで平均1~2週間とスピーディで、転職を急いでいる方にもおすすめです。

◎Web面接・感染対策実施中(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴はフリーター・第二新卒・既卒・中退・未経験者の求人を専門に扱っていることで、保育士以外の職種や業界へ転職したい方にもおすすめできるサービスです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのも魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方の強い味方になります。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)