20代で高年収を目指すことは可能?全体の割合を見ることで見えてくる現実

20代から高年収を目指す、〇〇万円以上の年収が目標などのように、今より高年収を目指したいと思う人もいることでしょう。

高年収とひと口に言ってもいくら以上が高年収と決められているわけではなく、個人の金額への価値観や、周囲の人たちとの比較により具体的な金額が出てくることがほとんどです。

もし20代で高年収を目指すなら、高年収のボーダーラインをいくらに設定したいでしょうか。

今回は、高年収の基準となる年収額と、20代から高年収を目指すためにできることを紹介していきます。

今より少しでも年収を増やしたい方、20代の年収相場を知りたい方はぜひ参考にしてください。

はじめに高年収のボーダーラインを国の平均給与から見ていきます。

高収入っていくらから?

高収入っていくらから?

高年収という基準は、明確に定められているわけではないので、どちらかというと周囲よりも年収額が多い人が高年収とみなされる傾向があります。

しかし、具体的なボーダーラインがわからないと今一つピンと来ない方もいることでしょう。

はじめに、国税庁が発表した令和2年度の民間給与実態統計調査をもとに、日本の平均年収を確認して高年収のボーダーラインを確認していきます。

日本の平均年収と20代の平均年収

日本の平均年収は433万円男性の平均年収は532万円、女性は293万円と発表されています。

これは、1,000万円以上の高年収の人~100万円未満の方も含めた平均年収なのであくまで全国民の平均値です。

このうち、20代の平均年収を見ていくと20~24歳の平均年収は260万円、男性は277万円、女性は242万円、25~29歳の平均年収は362万円、男性は393万円、女性は319万円と、全体に20代の平均年収は低い傾向であることがわかります。

 全体の平均年収男性女性
日本の平均年収433万円532万円293万円
20~24歳260万円277万円242万円
25~29歳362万円393万円319万円

高年収の割合を全体の上位20%として令和2年度の民間給与実態統計調査を見ていくと、国民全体で見た場合の高年収は700万円以上、男性は800万円以上、女性は500万円以上が高年収クラスに入ります。

日本の平均年収よりも200~300万円ほど高い年収額であり、残りの約80%の人が平均年収同等か低年収と解釈することができます。

20代に限定して見ると、高収入のボーダーラインの約半分程度の年収額になっていることがわかるでしょう。

24~29歳の男性が高年収の領域に達するには今の年収の倍の年収が必要になり、今の会社に勤めながら20代のうちに年収800万円に達するには厳しいものがあります。

今の年収に不満がある方や、もっと年収を増やしたい、高年収を目指したい場合どうしたら良いのか迷う方もいると思いますが、次は、20代で高年収を目指すためにできることを紹介していきます。

高年収を意識している方はぜひチェックしてみてください。

参考:民間給与実態統計調査(最終確認2022/11/04)

20代で高収入を目指すためには

20代で高収入を目指すためには

20代で同世代の平均年収よりも年収が高く、さらに全体の平均年収よりも高い年収額を目指す場合、年代によっては今の年収の2倍程度の年収額が必要になります。

例えば、20代後半男性で平均年収393万円の人が、全体の高年収ライン800万円に達するには、今の状態プラス約400万円の年収を確保しなければなりません。

今25歳の人で考えると29歳までの間に約400万円をどう稼ぐか、転職や副業を検討するかも重要なポイントです。

こうして考えてみると、20代で高年収と言われる領域に達すること自体がかなり狭き門のように感じられます。

ただ、年収は業界全体の平均年収や事業者の規模により具体的な年収額は変動するので、今勤めている会社で大幅な昇給が期待できないなら他の仕事に目を向ける必要もあるでしょう。

20代から本気で高収入を目指したい方は、高年収を得られる会社・業界に転職することを検討してみてください。

次は、高収入を目指す人におすすめの就職先を紹介します。

20代で高収入を目指す人におすすめの就職先

20代で高年収を目指すためターゲットにする就職先には次のようなものが挙げられます。

<20代で高年収を目指すための就職先>

  • 外資系企業
  • マスコミ業界
  • 金融業界
  • 証券会社
  • 商社
  • 営業職
  • IT業界
  • その他インセンティブ制を採用している業界
  • 医師や弁護士など専門性の高い独占業務系

どの業界も専門知識や語学力、高いコミュニケーション能力などが必要となります。

専門知識を得るためにそれなりの勉強もしなければなりませんが、近年では手軽に隙間時間に利用できるeラーニングも豊富なので働きながら学ぶことも可能です。

今現在は専門知識がなくても、インセンティブ制を採用している会社ならある程度の年収アップが期待できますし、今より年収を増やすならおすすめの業界と言えるでしょう。

ある意味ではやる気次第で年収を増やせるので、手っ取り早く年収を上げたいときも検討してみてください。

ただ、医師や弁護士など士業系は20代前半では高年収を得るのが難しく、高年収の領域に入るとしても20代後半以降が濃厚です。

20代後半から30代・40代にかけて高年収を得るという長めのスパンで考えるなら、士業系は独占業務としても活躍できる業界です。

IT系は今後しばらくは需要が続く見込みがあり、高いスキルがあるならどの分野でも活躍することができます。

また、近年のビジネスに欠かせない分野でもあるので、実力主義で稼ぎたい方・時代を先取りするような仕事に就きたい方にも良いでしょう。

高収入を得るために必要なスキルや資格について

高収入を得るためには、さまざまな仕事や勉強が不可欠です。

単に1つの資格を取得したからOKというのではなく、複数のスキルや資格を持つ方が今後は有利になるでしょう。

ここでは、高収入を得るために必要なスキルや資格を紹介していきます。

独立可能・独占業務がある資格

高収入を得るために会社に頼ってばかりではなく、いずれは独立も視野に入れた資格取得がおすすめです。

例えば、社会保険労務士・行政書士・税理士・会計士などの士業全般、その業務に伴う中小企業診断士・不動産鑑定士・宅地建物取引士なども併せて取得しておくと業務の幅が広がります。

独立可能な資格は他にもたくさんあり、業務上関連する資格をターゲットにするとより良いでしょう。

難易度が高い資格

難易度が高い資格はほかに保有している人が少ないので、業務上需要があることが何よりのおすすめポイントです。

例えば、一級建築士・弁護士、そのほかの国家資格があると専門知識や技術を活かすことができます。

企業に勤めているなら手当ての上乗せが、独立するなら信用度がアップするなどの効果が期待できます。

IT業界ならマーケティングスキル

高収入を得られるスキルとして今後も目が離せないのがマーケティングスキルです。

近年ではネット通販が生活に浸透していることや、SNSやYouTubeにも広告を出して商品やサービスを提供することから、今20代で高年収を目指したい方にはうってつけのスキルです。

ある程度の勉強や実践を積む必要があるものの、さまざまな業界で活かせるスキルなので仮に今後転職するとしても活かせるでしょう。

語学力

日本に住んでいると外国語の必要性をあまり感じませんが、海外では2~3ヵ国語が話せることが当たり前、せめて英語だけでも話せるようにしておきたいものです。

英語だけでもマスターしておけば、海外との取引がある企業への転職や、IT業界への転職、腕を磨けば通訳などの道も開けてきます。

20代から語学力を付けておけば3年後、5年後の年収をアップさせることもできるでしょう。

20代の女性は高年収を目指せる?

20代の女性は高年収を目指せる?

20代で高年収を目指すことは性別に関係なく取り組めることですが、日本はまだ女性の方が年収が低い傾向があり、高年収を目指すにはハードルが高い印象があります。

令和2年度の民間給与実態統計調査によると全体の女性の平均年収は293万円、20代に限定すると20~24歳は242万円、25~29歳は319万円となっています。

男性と比べると明らかに低い数値であり、結婚や出産などライフイベントが変化することも考えると高年収を最優先する働き方は厳しい可能性があるでしょう。

ただ、職種によって年収が異なることに加え、現代は在宅やオンライン上でもできる仕事がたくさんあるので、複数の仕事を持てば年収を上げることが可能です。

複数の仕事をするならマーケティング・HP制作・デザイン系・SNS運用代行などの領域がおすすめで、毎日コツコツ取り組むスタンスの仕事が良いでしょう。

これらのIT系の仕事は独立することも可能ですし、副業にできるところが魅力です。

参考:民間給与実態統計調査(最終確認2022/11/04)

20代のうちから高年収になれなくても気にしすぎない

20代のうちから高年収になれなくても気にしすぎない

20代の平均年収は男女ともに低い水準のため、高年収を強く意識している方にとっては辛く感じることもあります。

ただ、社会人になるタイミングが高卒なのか短大卒なのか大卒なのかによることや、就職した会社の業界の給与水準、ボーナスの有無なども関係してくるので、20代のうちから高年収ではなくてもそう落ち込むことはありません。

就職した会社で年功序列制度が色濃く残っているなら、20代のうちは年収が上がらないことがほとんどですし、年齢を重ねるごとに上がるのを待つようになります。

例えば、入社したときから周囲より年収が高め、その後の昇給が微々たるもので年収の上げ止まりになる会社よりも、年々少しずつでも年収が上がり、最終的には20代のときの年収の低さをひっくり返せるくらい高年収を得られる会社もあります。

今、勤めている会社の先輩や上司たちの年収モデルが、この先勤める上で年収の重要な判断材料になるので、普段から周囲の年収についてやんわり情報収集してみると良いでしょう。

また、年収に関してどうしても納得いかない、仕事量に見合わない給料だと判断するなら、スキルアップをしつつ転職するチャンスもまだまだあります。

こうしたことから20代で高年収を得られないことに悲観的になる必要はなく、生活レベルや仕事量に見合った給料がもらえるなら、年収が低いからといって急いで転職する必要はありません。

高年収を目指す気持ちはそのままに、今できることを積み重ねることが大切です。

年収を上げたい。でも職種や業界を変えなければならないなら

年収を上げたい。でも職種や業界を変えなければならないなら

年収は、会社ごとの給与水準だけでなく、職種や業界の基準値も大きく関係するものです。

職種の傾向から将来的に年収が上がりにくく、どうしても年収アップのために職種も変えたいと思うなら、未経験OKの転職先を探してみましょう。

20代ならスキルや経験だけでなく、ポテンシャルや会社の雰囲気との相性を見て判断してくれる会社もあります。

ただ、20代後半になると経験や実績を見られることも増えるので、転職を考えるならなるべく第二新卒のうち、20代半ばくらいまでに決めるのが良いでしょう。

また、先を見据えるあなたには一人での転職活動よりも、転職エージェントの使用がおすすめです。

使用料は無料にも関わらず、専属のエージェントがあなたを希望職種まで導いてくれます。登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。