転職で仕事のブランクが半年以上ある場合の影響度は?

転職先が決まっている状態で仕事を辞める場合であれば、仕事にブランク期間は生じません。

しかし仕事が決まらない状態で仕事を辞めてしまうと、また次の仕事が決まるまでは無職になる為、多かれ少なかれブランク期間が生じてしまうことになります。

そしてそのブランク期間は、長くなれば長くなるほどに転職においてマイナスになってしまうことがあるので注意が必要です。

特にブランク期間が半年を超えてしまうと、転職活動で苦戦を強いられる可能性は高くなってしまいます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

仕事のブランクが転職で不利になる理由

採用活動を行う企業側は、仕事にブランクがあることに対してあまり良いイメージを持ちません。

それには以下の理由があります。

仕事遂行能力が落ちている可能性がある

まずは仕事の遂行能力が落ちてしまっているのではないかという懸念。

仕事から長く離れてしまったことで知識はもちろん、仕事のやり方、対人能力と言った部分が直近までバリバリ仕事をしている人に比べると劣ってしまっている可能性があると思われてしまいます。

特にエンジニアなどの最新の専門知識が必要な仕事だと、以前の知識ではもう時代遅れになってしまっていて、必要な知識が身についていないということも考えられます。

周りにくらべて成長が遅れてしまっている

特に第二新卒など若い人に対して懸念されてしまうのが成長の遅れ。

入社1年の時と入社1年半の時とでは、仕事の能力はやっぱり違いますよね。

どんどん新しいことを吸収して行く年代だからこそ、半年の差がかなり大きな成長の遅れにつながってしまいます。

同じ年齢なら仕事ができる人が良いというのは当たり前。

もちろんそれだけで採用を判断するわけではありませんが、他の人に比べるとマイナスの要素にはなってしまいます。

計画性ややる気、行動力がないと思われてしまう

やむを得ない理由で在職中に転職先を見つけることができない人はいますし、その点も企業側は理解してくれます。

しかし、そうなってしまった場合でも普通は3ヶ月程度で次の仕事は見つかるはず。

それよりも長いとなると、転職活動を計画に行ってはいなかったのではないかだとか、仕事に対してのやる気が低い人なのではないか、さらにはやるべきことをやるべきタイミングでできない行動力の低い人だと思われてしまいます。

仕事を長く続けることに対するリスクが懸念されてしまう

企業側にとって、採用するならできるだけ長く続けて貰わなければ困ります。

わざわざ雇って給料も支払っているのに、仕事としての成果を残さないうちに辞められてしまっては損ですし、さらにまた採用活動にお金をかけなくてはいけなくなるし、時間だってかかります。

だからこそ、仕事を続けることができる人材なのかどうかはしっかり見られる点です。

ブランクが長い人は、この続けるということに対してリスクが高い人材だと思われてしまいがちです。

仕事のブランクが半年ある場合の転職への影響

では、もしブランクが半年となった場合はどうでしょうか。

敬遠する企業が増えてきてしまう

仕事のブランク期間が半年以上になると、正直なところ敬遠する企業はかなり増えるのが現実です。

もし在職中に応募していれば少なくとも書類選考は通過したはずの会社も、あっさり落とされてしまうことが増えていきます。

もちろんブランク期間は気にしない会社、ブランクがあっても理由次第だと思って面接で話を聞いてくれる会社もたくさんあります。

ただできることならブランク期間は短いうちに転職した方が楽に、そしてより良い会社に行ける可能性は増えるでしょう。

転職活動を行っていたは通用しない

ブランク期間が短ければ、転職活動を行っていたという理由も通用します。

しかし半年ともなると、さすがにそれでは通用しません。

転職活動にかかる平均的な期間は2~3ヶ月。

こだわっていたからと言っても、4ヶ月くらまでならわかってくれるかもしれませんが半年にもなると長すぎます。

半年の重みは想像以上に大きい

実際に過ごしてみると半年なんてあっという間かもしれません。

ただ半年の重みは、転職活動をする上でかなり大きいことであるという認識は持っておいた方が良いでしょう。

自己都合の退職の場合、失業保険を貰うまでに3ヶ月の給付制限期間が付きます。

そしてもし失業保険を全額貰おうとすれば、最低でも半年は必要になります。

ただそうしてしまうことが、長い目で見ると大きな損につながってしまうこともあるのです。

納得してもらえることができる理由、目的が必要

ブランク期間が半年以上ある人は、特になぜブランク期間があるのかを聞かれることになります。

そして、その質問に対して納得してもらう回答をしなくてはいけません。

介護や子育てといった家庭の事情、今の仕事に繋がる難易度の高い資格取得といったことが挙げられます。

何故あるのか、何をしていたのか、そこで何を得たのか。

何もしていませんでした、ただだらだらしていましたでは通用しません。

仕事を始めた後の影響も企業は気に掛ける

もう一つ企業側が気に掛けるのが仕事を始めた後の影響です。

たとえば家族の事情だった場合なら、入社後は問題なく働けるのかどうか。

病気の療養であれば、完全に回復していて仕事への影響はないのかどうか。

また仕事遂行能力が衰えていないか、会社に貢献できるのかどうかといった点も当然見られます。

ブランクがあるなら、面接対策をしっかりしよう

一番は仕事のブランクを極力短くすることです。

ただどうしてもブランクが長くなってしまう場合もあるでしょうし、すでにブランクが半年を超えてしまっている人もいるでしょう。

そういった人たちが転職を成功させる為には、如何に面接で自分をアピールできるかにかかってきます。

少なくともブランクがある理由、そして仕事への影響を聞かれることはわかっています。

納得して貰える回答できるように、突っ込まれても大丈夫なようにしっかり準備して転職活動に臨みましょう。

おすすめ転職支援サービス

転職活動では、ぜひ転職エージェントサービスを使うようにしてください。

ブランクがあるからと言って使えないなんてことはなく、躊躇する必要はありません。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事