グローバル、外資系という言葉を聞くと「世界を股にかけて仕事ができる」「給料が高い」「影響力が大きい」とポジティブなイメージを抱く人が多いでしょう。

しかしそれはほんの一面で、日本企業ではあり得ないようなことが常識であったり、想像以上に過酷な世界が待ち受けていたりと衝撃の散弾を受けることもしばしばあります。

そこで今回は、グローバル企業・外資系企業の知っておくべき特徴や、転職するメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JACリクルートメント
・外資系、グローバル企業に強い
・年収600~2000万

公式

グローバル企業・外資系企業とは

まずは簡単に、グローバル企業・外資系企業とはどういった会社を指すのか簡単に説明します。

グローバル企業とは

設立国以外にビジネスを展開している企業のこと。

日本のグローバル企業(日系グローバル企業)として有名なのは、ソニーやパナソニック、トヨタ自動車などが挙げられる。

外資系企業とは

海外の資本が1/3以上入っている企業のこと。

こちらは「グローバル企業」という大きな枠の中に入り、そこから3種類に分けられる。

  1. 外国企業が日本で設立した100%出資の子会社
  2. 外国企業が日本に進出するにあたって、日本と共同出資して設立した会社
  3. 外国企業に日本企業が買収されて、経営権が外国に移った会社

AmazonやGoogle、日本マクドナルドなどは1に当てはまる有名企業です。

さらに、グローバル企業・外資系企業のどちらにも当てはまるのは、社内の外国人の比率や経営の仕方によっても企業の色が変わってくることです。

ほぼ欧米と変わらない環境下で働くところもあれば、トップの名前が外国人であるだけで中身は日本企業のまま、というなんちゃって外資系まであります。

とはいえ、世間一般における「グローバル企業」は前者の意味合いが強いといえるでしょう。

グローバル企業の特徴

ではグローバル企業は、生粋の日本企業と比較してどんな特徴があるのでしょうか。

個人主義・成果主義

日本企業はチームワークを大事にする文化を持ちますが、グローバル企業では個人主義が主流です。

仕事は個人の能力をもとに割り振られ、やるべき仕事の範囲も明確。自分の仕事が終われば、上司が残業をしていようとさっさと帰ります。

さらに全ては成果主義なので、勤務中にサボろうが寝ようが、結果的にやるべき仕事を終えていれば何の文句も言われません。

企業と社員は一時の契約関係

サボろうが寝ようが成果主義。けれど会社の求めるレベルに合っていないと判断されたら、あっという間にクビにされてしまいます。

日本では会社が人に対して仕事を割り振るのに対し、欧米では仕事に対して人が割り振られるので、採用は即戦力をもつ中途採用がメインであることも特徴です。

また社員側も、より自分のスキルを活かせる企業、より給料が高い企業へと転職を繰り返すことが多く、人の動きも日本に比べて流動的だといえます。

欧州系・欧米系でも特徴が変わる

グローバル企業と一括りに言っても世界は190ヵ国以上あるわけですから、国によっても中身は変わってきます。

日本のグローバル企業として代表的なのは、欧州系・欧米系の2つ。この違いについては理解しておくべきでしょう。

欧州系の特徴

欧州系で真っ先に挙げるべき特徴といえば、ワークライフバランスが整っていること。

その証拠に、エクスペディア・ジャパンの調査ではドイツの有給消化率は100%という結果が出ています。

また欧米系に比べると評価はシビアではない反面、出世スピードは多少落ちる傾向にあります。

欧米系の特徴

対して、欧米系は絵に描いたような実力主義。

仕事のできないものは次々に淘汰され、できる人はジェットコースターのように出世していきます。

しっかりと評価されたい、スペシャリストを目指したい人にとっては絶好の場であるといえるでしょう。

グローバル企業に転職するメリット

ここからは具体的なメリットについて挙げていきます。

高給である場合が多い

グローバル展開ができるということは会社の規模もそれなりであり、元々の給与水準は高めです。

さらに成果に応じてインセンティブが支給されることが多いので、結果を出せば出すほど給料に上乗せされていきます。

また海外勤務となった場合、加えて海外勤務手当を貰える場合もあるでしょう。

実力が評価されやすい

インセンティブ制度が取られているということは、前提として明確な評価が必要です。

会社の求めるレベルに達していないと解雇されてしまうように、常に評価の対象としてしっかり見られていると考えられます。

実力のある人はどんどん仕事を任され、その分給料にも反映されていくのです。

海外で働くチャンスがある

もちろん海外に飛び出すチャンスもあります。

会社にもよりますが、入社して数年の若いタイミングで1〜3年行くこともあれば、管理職になり海外子会社に転籍して長期間働くことも。

そのどちらにせよ、日本を本拠地として海外展開する日系グローバル企業の方がチャンスが眠っているといえます。

仕事のオンオフがはっきりしている

ドイツを例に挙げたように、グローバル企業ではプライベートの時間が大切にされています。

有給消化率が高いのはもちろんのこと、家族の誕生日だから早めに帰る、病欠制度があるため有給を当てなくても減給されないなど、ありがたい違いがたくさんあります。

仕事ファーストでストレスを溜めがちな日本人にとっては、かなり自由度の高い働き方に見えるでしょう。

グローバル企業に転職するデメリット

デメリットについても確認しておきしょう。

雇用が不安定

前述した通り、グローバル企業では人の動きが流動的。

成果を出せない人は解雇され、逆に現職では成長できないと判断した人もさっさと転職していきます。

終身雇用の保障もないまま常に評価のプレッシャーに晒されるので、同じ企業で働き続けたい安定志向の人は、グローバル企業の在り方についていけない可能性があります。

福利厚生が最低限

休日やプライベートが重視されるグローバル企業ですが、一方で住宅手当や退職金などの「長期的な雇用」を前提とした制度はあまり整っていません。

それもそのはず、日本企業は長く働いてくれる人を重宝することから、できるだけ人が離れないよう福利厚生を充実させる傾向にあります。

その必要のないグローバル企業では福利厚生は最低限、しかしその分給料が高いと考えることもできます。

語学力を求められる

当然ながら語学力を求められるので、英語に苦手意識を持っている人は大変かもしれません。

採用時点で必要となるとは限りませんが、入社後高い確率で勉強しなくてはいけなくなります。

また業種や職種によっても必要とされるレベルは変わってくるので、どの程度求められるかは事前にリサーチしておくべきでしょう。

海外の人との人間関係に悩まされる

社内に集う人は、それぞれ環境・風土・言語・文化・宗教などが全く違うので、当然ながら価値観も大きく変わってきます。

いわゆるカルチャーショックに悩まされ、それが原因で仕事が円滑に進まない可能性も出てきます。

さらに良くも悪くも人間関係がドライ。仕事をしている間は仲間として働き、仕事が終わればそれぞれ個人の時間にシフトします。

面倒な上司との飲み会がない反面、社外でのコミュニケーションは最低限になるので、人によっては寂しさを感じてしまうかもしれません。

未経験でも挑戦できる?

おそらくこの記事を読まれている大半は、「グローバル企業に転職したいけど、実態が掴めず踏み出せない」と考えているグローバル企業未経験の方だと思います。

最後に、未経験で挑戦するならどんなスキルを求められるかについてもお話していきます。

高い専門性

グローバル企業の採用は、即戦力を持つ中途採用が基本です。

選考の際には具体的な実績やスキル、会社にどんなメリットをもたらせるか説明できる必要があります。

同業界・同職種、希望する業界との深い関わりがあると転職も進めやすくはなりますが、MR・コンサル・保険業界は未経験でも比較的挑戦しやすい業界だといわれています。

積極性がある

どんなに実績やスキルがあっても、それをアピールできる積極性が無ければ評価に結びつきません。

日本では「謙虚さ=美徳」とされていますが、むしろグローバル企業では自分の意思をはっきりと伝え、とにかく行動で示すことの方が大切です。

指示待ち人間をはじめ、受け身の姿勢で仕事をしたい人にとっては厳しい環境といえるでしょう。

スピード感についていく柔軟性

グローバル企業は、とにかく即断即決のスピード重視

経営はトップダウン(上からの指示通りに社員が動く)で、ある日突然、経営方針が正反対に変わることも少なくありません。

常に時代の動きと危機意識に敏感なグローバル企業についていくには、どんな状況にも対応できる柔軟性が必要だといえます。

ビジネス英語

グローバル企業で求められる英語力は、TOEICでいうとスコア700以上です。

スコア700とは、英語での電話やメールなど日常業務をこなすために必要な英語力、つまりグローバル企業を目指す最低ラインとなります。

さらに会議やプレゼンで英語で使う必要があるなら、その上のスコア800程度が目標となるでしょう。

英語に自信のない方は、まずTOEICのスコア700を目指して勉強することをおすすめします。

グローバル企業に転職するなら

昨今グローバル企業を目指す人は多く、転職するなら転職エージェントを使って非公開求人を紹介してもらうことをおすすめします。

エージェントに相談することで自分の強みについて理解を深められたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除になったりと得する場合もあります。

ただ、グローバル企業で働くことは手段であり目的ではないことを忘れないでください。

下記のおすすめのサービスを参考に、賢く転職を進めていきましょう。


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【キャリア・年収アップ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

その他にも営業職や企画系の求人にも強く、今後のキャリアアップや年収アップを目指す方におすすめです。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

【ハイクラス転職の定番】JACリクルートメント


  転職サイト|転職エージェント 

エージェントが外国人またはバイリンガルという徹底ぶりで、外資・グローバル企業の転職に強いサービス

ミドル世代やハイクラスの求人を希望している方におすすめです。

通常エージェントと求職者は1対1ですが、JACでは1人の求職者に複数人のコンサルタントがついて最適な人材を提供してくれます。

◎オンラインでのweb面談実施中(お申し込みはこちら)