仕事を辞めたらどうなる?苦労すること、良くなること。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事を辞めたらどうなる?苦労すること、良くなること。

仕事を辞めたい。けれど辞めた後のことを考えると不安で辛くても辞めることはできない。

そんな風に考えている人は決して少なくないと思います。

では実際のところ、今仕事を辞めたらどうなるのでしょうか。

どういった苦労をすることになるのか、その一方でどういったメリットがあるのか、あらためて考えてみましょう。

関連記事

 

仕事を辞めたらどうなる?よくある苦労すること

まずはもし仕事を辞めたら、どういったことに苦労するのかを考えてみましょう。

収入が無くなって貯金を切り崩すことに

仕事を辞めた場合に最も苦労することになる可能性があるのが、金銭面です。

仕事を辞めて次の仕事をしなければ当然収入はなくなります。

一方、支出は多少減らすことができてもなくなりません。

生活費はもちろんですが、健康保険は前職の収入に応じて毎月数万円。住民税も納めなくてはなりません。

失業保険もありますが、自己都合の退職の場合だと支給が開始されるのは3ヶ月先。

金額も前の仕事の給料5~8割程度と生活の全てを補うのは正直かなり厳しいですし、支給期間も3ヶ月程度です。

無職になると想像以上にお金が減っていきます。

まあなんとかなるだろう。そんな安易な考え方を持って辞めてしまうと、想像以上にお金がかかり、予定よりかなり早く貯金減っていく現実に苦労することになる可能性はかなり高いでしょう。

無職でいることが辛くなってくる

仕事から解放されたくて進んで仕事を辞めたのに、いざ無職になるとそれが辛いと感じる人も実は少なくありません。

世間体が悪く、家族にも色々言われたり、生活リズムが崩れてしまって体調を崩してしまったり。

精神的に楽、ストレスが全くなくなるかと言うと、実はそうではないんですよね。

ブランクが長くなると復帰が大変に

仕事を辞めるとしてもおそらく多くの人にとってそれは一時的。

いずれはまた仕事を始めることになる人がほとんどでしょう。

ただ仕事を辞めてからブランクが長くなればなるほど、仕事に復帰することが難しくなります。

復帰するのが怖いなど精神的な部分の問題もありますが、何より再就職活動が大変。

1、2ヶ月程度であればそこまで影響ありませんが、3ヶ月、半年と無職期間が長くなるほどに採用時に敬遠されがちになってしまい、すぐに転職する場合よりも難易度は上がってしまう為です。

またこれまで培ってきたキャリアも役に立たなくなってしまい、大幅に条件ダウンせざるを得なくなる可能性も残念ながら高いです。

仕事を辞めたらどうなる?よくある良かったこと

では逆に良いことにはどんなことがあるでしょうか。

ストレスから解放されて心から休める

一番は仕事でのストレスから解放されて心から休めること。

面倒な人間関係もなく、プレッシャーもない。朝早く起きる必要もないし満員電車に乗る必要もない。

やりたくもないことをやらされ、身も心も削りながら遅くまで働く必要もない。

これまで疲れ切った心や体をじっくり休ませ、回復できるというのは大きなメリットです。

時間がなくてやれていなかったことができる

平日は毎日朝から夜まで働き、2日休んだらまたすぐ仕事。

正社員として働いているとプライベートの時間があまりなく、なかなかやりたいことができません。

おそらく多くの人が、「時間がないから」という理由でやりたいことを諦めてしまっているのないでしょうか。

仕事を辞めれば時間はたくさんあります。

長期間の旅行に行くこともできるし、趣味に没頭することもできる。資格の勉強に費やすこともできます。

自由にやることを決めることができる時間が増えるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

自分と向き合う時間ができる

毎日当たり前のように会社に行き、毎月1回決まった日にお金が入ってそのお金で生活する。

仕事を辞めるとその当たり前の流れから外れます。

だからこそ、この先どうするのか、この先どうしたいのかなど自分と向き合って深く考える時間が増えます。

今のままではいけないので、考えなきゃいけない、何かやらなくてはいけないという状況に追い込まれますからね。

辞めてから苦労しない為に必要なこと

このように仕事を辞めることにはメリットもある反面、やはり辞めた後で苦労することも色々とあります。

ただ辞めたらどうなるかは人次第。今回紹介したような苦労を全くしない人もいれば、辞めてからの方が大変で後悔する人もいます。

ではどうすれば辞めてから苦労しなくて良いでしょう。その為には何が必要でしょうか。

辞めた後に何するのか考える

なぜ仕事を辞めるのかという理由も大切ですが、辞めた後に何をするかを考えることも大切。

目的もなく辞めてしまうと、ただ毎日だらだらと無駄に過ごしてしまうだけです。

仕事を辞めて何もせずにいられる時間ってかなり貴重なもの。そう何度も経験できるものではありません。

その貴重な時間を有効的に使いましょう。何もせず無駄な時間だった、何も残らなかったなんてことにはしないでください。

仕事を再開するタイミングを考えておく

どれだけ仕事をしない時間を持つのか、そしてどのタイミングでまた仕事を再開するのか。

そのタイミングをあらかじめ定めておきましょう。

スケジュールがあるからこそその時がくればしっかり行動できるし、期限があるからこそ無駄な時間もなくなります。

またあまり空白期間が空くと再就職が大変になるというリスクも頭にいれておいてください。

特別な事情がないならMAXでも半年間を目途にしておきましょう。

必要なお金の計算は慎重に余裕を持って

お金の計算は慎重に行いましょう。

仕事を辞めて苦労する人のほとんどがお金が原因です。

貯金がいくらあって退職金がいくら出るのか。毎月の支出はどの程度になるのか。

またぎりぎりで考えるのではなく、余裕も持って考えてください。突発的な出費があるかもしれませんからね。

転職活動のスタートは早めに行う

転職活動は早めにスタートするようにしてください。

というか辞めた時点で本格的ではなくてもとりあえずやってみるべきです。

転職活動の平均的な期間は3ヶ月と言われています。ただ皆がその期間でおさまるわけではなく、長引いてしまう人もいます。

ぎりぎりになって決まらないと結局妥協することになり後悔するだけです。

すぐにするつもりではなくてもあらかじめ情報収集をし、履歴書の形を作っておき、何度か面接の練習もして本番に備えておきましょう。

また長くやればやるほど、たくさんの求人を見ることができます。

もしかしたら、すぐにでもここなら働きたいと思える会社が見つかる可能性もあります。

辞めるのも時には大切なこと

辞めたらどうなるんだろうと考えて不安になるのは当たり前です。

ただ時には思い切って辞めるのも大切なこと。

体を壊してまで働き続けるものではないし、40年という長い間を苦しみながら過ごしてしまうのもどうなんでしょう。

辞めた後に後悔するかどうかはあなた次第。

ぜひ自分にとってどういった形が良いのか、今一度考えてみてください。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ