第二新卒は異業種転職チャンス!業種変更によるメリットや第二新卒が有利な点など。

第二新卒者が転職する場合、どんな職種で仕事を選ぶことも大切なことですが、どんな業種を選ぶかというのも非常に重要となります。

なぜなら、給料にしても休日などの労働条件にしても、相場というのがそれぞれの業種によって大きく異なるからです。

特に第二新卒は異業種転職を成功させることができるチャンスの年齢だからこそ、ぜひ異業種転職に目を向けてみましょう。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

異業種に転職するということが第二新卒者にとって非常に重要な理由

異業種に目を向けるというのは、以下の点から非常に重要となります。

業種によって年収の相場は大きく違う

年収の相場は業種によって大きく異なります。

以下は国税庁の「民間給与実態統計調査」による業種別の平均年収です。

  • 建設業・・・502万円
  • 製造業・・・520万円
  • 卸売業・小売業・・・383万円
  • 宿泊業・飲食サービス業・・・251万円
  • 金融業・保険業・・・631万円
  • 不動産業・物品賃貸業・・・446万円
  • 運輸業・郵便業・・・445万円
  • 電気・ガス・熱供給・水道業・・・759万円
  • 情報通信業・・・622万円
  • 学術研究・教育業・・・498万円
  • 医療・福祉・・・397万円
  • 複合サービス事業・・・437万円
  • サービス業・・・363万円
  • 農林水産・工業・・・312万円

最も高い金融業・保険業と最も低い宿泊業・飲食サービス業では350万円、2倍以上もの差がついているということがわかります。

もちろん企業規模の差による年収差もあり、一般的には大企業の方が年収は高く、中小企業の方が年収は低い傾向となるのは事実です。

ただ業種の差による年収差はそれ以上に、大きな影響を及ぼすことになります。

年収が高い業種の中小企業と、年収が低い大企業では前者の方が年収が高いなんてことは多々あるのです。

だからこそ、もしあなたが将来的にもっと年収が高い方がよいと考えるなら、最初からそれが実現できる業種を選ばなくてはいけません。

ちなみに業種別の平均年収について、さらに細分化し、なおかつパートタイム労働者を除いた業種別の平均年収は厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると以下の通りになっています。

またさらに業種を細分化すると、平均年収の上位5つと下位5つは以下の通りになります。

【上位】

  1. 金融商品取引業,商品先物取引業・・・993万円
  2. 各種商品卸売業・・・885万円
  3. 放送業・・・885万円
  4. 航空運輸業・・・795万円
  5. 電気業・・・752万円

【下位】

  1. なめし革・同製品・毛皮製造業・・・320万円
  2. 職業紹介・労働者派遣業・・・327万円
  3. 持ち帰り・配達飲食サービス業・・・328万円
  4. 繊維工業・・・331万円
  5. 洗濯・理容・美容・浴場業・・・332万円

平均年収は業種によって600万円も違うのです。

全業種の平均年収ランキングは下記記事において紹介しているので、参考にしてみてください。

参考:業種別の平均年収ランキング、年収が高い業種・低い業種はどこ?

業種によって休日数等の労働条件も大きく違う

業種によって違うのは給料だけではありません。

年間休日数や有給休暇取得率、残業の多さといった給料以外の労働条件も業種によって大きく異なる点です。

下記は業種別の平均年間休日日数(参考:厚生労働省「就労条件総合調査結果の概況」)です。

  • 鉱業・採石業・砂利採取業・・・109.9日
  • 建設業:112.2日
  • 製造業:117.6日
  • 電気・ガス・水道業:120.9日
  • 情報通信業:119.8日
  • 運輸業:106.6日
  • 卸売業、小売業:111.0日
  • 金融業、保険業:119.1日
  • 不動産業:115.9日
  • 宿泊業、飲食サービス業:102.9日
  • 生活関連サービス業、娯楽業:105.6日
  • 教育、学習支援業:113.3日
  • 医療、福祉:111.5日
  • 複合サービス業:119.7日

最も多い電気・ガス・水道業と、最も少ない宿泊業・飲食サービス業の差は18日もあります。

1ヶ月に1.5日も休みが違うわけです。

続いて下記は有給休暇取得率。

  • 鉱業・採石業・砂利採取業・・・62.9%
  • 建設業:38.5%
  • 製造業:58.4%
  • 電気・ガス・水道業:72.9%
  • 情報通信業:59.8%
  • 運輸業:51.4%
  • 卸売業、小売業:35.8%
  • 金融業、保険業:58.3%
  • 不動産業:49.9%
  • 宿泊業、飲食サービス業:32.5%
  • 生活関連サービス業、娯楽業:36.5%
  • 教育、学習支援業:43.3%
  • 医療、福祉:52.2%
  • 複合サービス業・・・64.7%

最も高いのが電気・ガス・水道業の72.9%であるのに対し、最も低い宿泊業・飲食サービス業は32.5%しかありません。

一般的な傾向として、平均年収の低い業種というのは1人あたりの利益率が少なく、それを労働時間でカバーする必要がある為、休日が少なかったり休みがとりにくかったりします。

もしあなたが年間休日120日以上、有給休暇もとりやすくて年収もそこそこという働き方を望むなら、それにあった業種を選ばなければいけないのです。

第二新卒が異業種転職の大きなチャンスである理由

このように仕事をする上ではどういった業種で働くかというのが、給料や休日などの待遇面、労働条件面では非常に大切になってきます。

だからこそもし転職を検討するなら、今の業種に固執するのではなく、異業種への転職も視野にいれて行わなければいけません。

そして異業種への転職が最もしやすいのはどの年代かというとそれは「第二新卒」。

第二新卒は異業種へ転職するチャンスの時期なのです。

業種経験に関係なく転職できる

多くの企業では、中途採用時に「第二新卒者枠」が用意され、他の経験者採用とは別に選考が行われます。

そしてその枠での選考において求められるのは、業種や職種での経験・スキルではありません。

そもそもまだ社会人になって日が浅い第二新卒者にはそんなことは求めず、ポテンシャルや柔軟性、やる気、バイタリティなどが重要視されます。

すなわち、第二新卒では業種未経験であることが不利にならないということ。異業種転職が非常にしやすい年代となっているのです。

事実、マイナビ転職の調査結果によれば第二新卒転職で業種を変えた人の割合は71%という結果になっています。

多くの人が第二新卒で異業種転職を成功させているのです。

第二新卒者の需要が増加している

第二新卒自体の需要が増加しているというのも、転職のしやすさを後押ししています。

若手人材の不足やなどを背景に、多くの企業が第二新卒者採用を実施し転職市場もかなりの売り手市場となっています。

調査結果によれば、8割以上の企業が第二新卒採用を実施し、そのうち6割以上は特に積極的に行っているとのことです。

業界大手を狙える

第二新卒転職も最初は人手不足が深刻な中小企業が中心でしたが、今では大手企業も積極的に採用活動を行っています。

様々な業界の大手企業が、数十人まとめて第二新卒採用をやったりもしてますからね。

第二新卒者はビジネスマナーが備わっており教育コストが少なくてすむ、モチベーションが高い、多少なりとも他社・他業種経験を持っているといったメリットから、第二新卒採用を実施する大手企業も年々増えているのです。

新しい知識を学んでいくことに抵抗感を感じない

業種が変われば、当然新しいその業種特有の新しい知識を学んでいかなければなりません。

ただ年齢が高くなると、全く未知の新しいことを学んでいくというのは中々大変になっていきます。

無理ということはありませんが、やはり新しいことを学ぶのは若い方が有利。第二新卒者の方が、身につくのも、慣れるのもやはり早いです。

またこれまでの業種での経験が浅く、そこまで考え方が前の業種に凝り固まっていないというのも、新しい業種にチャレンジする上ではメリットとなります。

業種特有の知識が浅くても許される

たとえば30代・40代で職種の経験者として転職すると、周囲は即戦力であることを期待します。

未経験の業種ということで知識がなかったとしても、知らない・わからないでは許されず、場合によってはそのせいで厳しく当たられてしまうことも少なくありません。

しかし第二新卒であれば、知らないことがあっても基本的には許されます。周りも即戦力としての期待はしておらず、できなくて当たり前、わからなくて当たり前という状態からスタートしてくれてますから。

転職直後の仕事のやりやすさ、周りへのなじみやすさはやはり若い方が有利で、第二新卒者は有利であると言えるでしょう。

今の仕事の不満、不安を感じているなら転職は第二新卒のうちに

今回紹介したように、もし労働条件等の改善を目指すならば異業種へ転職することが重要で、そして異業種への転職は第二新卒者が最も有利となります。

だからこそ、もしあなたが今の仕事に対して不満を感じていたり、今の会社に対して将来の不安を感じているならば、第二新卒として転職できるうちにしてしまうことを強くおすすめします。

とりあえず3年は働けというのは、もはや今の時代に沿った考えた方ではありません。

第二新卒者は現在非常に求められている人材なのです。におかかわらず不満だらけの会社で過ごし続けるなんてあまりにもったいないです。

ぜひまずは、色々な業種の求人情報を探し見てみてください。あなたにとって良い会社がきっと見つかるはずです。

第二新卒向けおすすめ転職サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

ここは20代が対象で若手向けの転職サービスとしては業界トップクラス。20代後半や第二新卒者はもちろん、既卒者やフリーターなど社会人経験がない人でも利用できる転職サービスです。

特に未経験者の転職に対してかなりの強み、そして実績を持っている為、仕事を変えたい・新たな仕事にチャレンジしたいという人せやはぜひ利用してみて下さい。

人によっては大手転職サービスだと利用を断られてしまうケースもあるので、敷居が低いという点も大きな魅力でしょう。

またカウンセリングや選考対策などにも強く、書類選考通過率の実績91.4%、内定率80.4%という実績があります。

私自身以前こちらに伺わせていただきましたが、かなり転職者に対して真剣に接してくれるという印象でした。実際手厚いサポートに関しての評判も良いです。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT