第二新卒が転職エージェントを使うメリット・デメリット。断られるなんて大きな勘違いだから積極的に活用しよう。

無料で利用できる転職エージェントは、第二新卒で転職を考えている人にとって、いくつか注意しなくてはいけないことはあるものの大きなメリットがあるサービスです。

なんとなく敷居が高いと思っている人がいるかもしれませんがそれは勘違い。第二新卒者はむしろ転職エージェントにとっても使ってほしい存在ですから、ぜひ活用しましょう。

今回は、第二新卒者にとって第二新卒を使うメリット、デメリットについて紹介していきます。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

第二新卒者にとっても転職エージェントを使うメリットは大きい

求人の多くは非公開求人、特に大手企業ほど非公開求人になっている

転職サイトやハローワークを見ると、様々な企業の求人を見ることができますよね。もちろん希望のものがあれば応募することも可能です。

また各企業のホームページでも、採用活動に関する情報が掲載されています。

しかしこのように簡単に確認することができるという求人は、実は世の中にある求人のごく一部です。

求人のほとんどは実は非公開求人となっていて、簡単に検索して見ることができるようにはなっていません。

たとえば総合転職サービスのdodaは全求人の80%~90%が非公開求人となっていて、登録し利用した人限定で紹介可能となっていると記載されています。

doda非公開

もはやほとんどは非公開求人なのです。

そしてその非公開求人に応募する為には、転職エージェントを利用しなければなりません。

特に大手企業や好条件の企業ほど、求人は公開するのではなく非公開とする傾向が強くなっています。

なぜなら、そのような求人は公開してしまうと応募が殺到してしまうからです。そういったことを避ける為、非公開で転職エージェントに依頼して求人募集をかけているのです。

第二新卒の場合、経験者採用ばかりでこの年代での募集はあまり行っていないように思ってしまうかもしれません。

しかし、実際はただ非公開で募集をかけているだけで、実は水面下で多数行っているというケースが非常に多いです。私自身、入社2年目で転職活動を行った時に経験者採用しか行っていないはずの大手企業の求人を紹介された経験がありますしね。

短期間で転職活動を終わらせることができる

面談などがある転職エージェントを使うと、転職活動の期間が長くなってしまうと思ってしまうかもしれません。

しかし実際は、自分で求人を探して応募するよりも短期間で終わらせる可能性の方がずっと高いです。

その大きな理由は以下の点によるもの。

  • その人に合った求人を紹介してくれるので、無駄打ちがなくなる
  • スケジュール管理をしてくれる

最も大きく、そして転職エージェントを使うメリットとなりうる理由が、最初からその人に見合った求人を紹介している点。

残念ながら求人票には、その企業が実際にどんな人が欲しいのかという詳細が載っていません。その為、公開されている求人の中から自分で探して応募すると、実は絶対に受からないであろう求人に応募することになってしまい、余計な手間や時間のロスが発生してしまいます。

一方で転職エージェントすると、非公開求人の中からその人に合った求人を紹介してくれます。企業からの情報、これまでのノウハウ等を活用し、無意味な求人はできるだけ避けます。

もちろん紹介されたからと言って必ず受かるわけではありません。落ちてしまうことも大いにあります。

しかし自分で探して応募するよりは内定がでる可能性は高く、最終的な応募企業数は少なくて済ませることが可能となります。

また転職エージェントは、いつまでに何々をするなどのフォローをしてくれます。自分ひとりでやっていると、つい先延ばししてしまったり、だらけてしまって中々進まない転職活動のスケジュール管理をしてくれるというのは、人によってはかなり大きいはずです。

今後のキャリアについて相談ができる

第二新卒の場合、今後のキャリアについてまだよくわからないという人が多いのではないでしょうか。

一つの会社しか経験していない、そして社会人経験もないわけですから、それは仕方がないことです。

ただ長い目で見て転職を成功させる為には、自分のキャリアについてしっかり考えておくことは必要不可欠です。

この転職でどういった企業を選ぶか、どういった仕事を選ぶのかは、これからの会社生活を大きく変えることになるわけですから。

そんな今後のキャリアについて、相談に乗ってくれるというのも転職エージェントのメリット。

ぜひ一度、自分だけの視点ではなく、他者からの意見というのも参考にしてみてください。

可能性のある求人を見逃さない

第二新卒というのは、転職において経験を重視されないからこと様々な選択肢がある年代です。

同業種や同職種での転職はもちろんですが、全く違うような異業種、異職種への転職も可能となります。

だからこそ、様々な視点で応募する求人を探さなければいけません。

ただ自分ひとりで行っていると、どうしても視野は狭くなってしまいます。一つの業界、会社しか経験していなく、他にどんな会社があるかもよくわからないのでそれは仕方がありません。

だからこそ、転職エージェントの視点で可能性があり、そして希望に合った仕事を紹介してもらうというのが非常に重要です。

自分では考えもつかなかった求人を紹介してくれます。それがあなたの一生の仕事になるかもしれません。

書類選考や面接で第二新卒として必要なアピール方法がわかる

第二新卒の採用では、新卒同様にポテンシャルを重視される傾向が強いです。

では新卒での就活時と同様のアピールをすればいいかと言うとそういうわけではありません。

社会人を経験したからこそ、得たもの、身につけたものについても当然必要です。

また第二新卒の場合、入社してからそれほど時間がたたないうちに転職に踏み切っているという企業にとってのネガティブな点があります。入社してもすぐ辞めるかもしれないというリスクがあるわけです。その点についての不安を払拭するようなアピールも必要となります。

転職エージェントでは、そういったことを踏まえ、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策を行ってくれます。

もちろん頼りきりはNGで自分で考えなくてはいけませんが、サポートがあるかないかで転職活動のやりやすさは大きく変わるはずです。

日程調整等をしてくれる為、時間の余裕ができる

面接は基本的に平日に行われる為、有給休暇を使って休むなどして時間をつくらなければいけません。

ただ第二新卒のような若手の場合、そう頻繁に何度も何度も休むことは難しいですよね。

転職エージェントを利用した場合、面接日程等を企業と日程交渉し、複数社の面接が同じ日になるようにしてくれたり、平日でも夕方以降の時間でできるように交渉してくれたりと、在職中でも転職活動ができるだけやりやすくなるようにしてくれます。

転職エージェントにとっても第二新卒は非常に扱いたい存在

このようなメリットがある転職エージェントですが、初めて転職活動をしようと思っている人だと「こんな社会人経験の少ない人材は断られる」なんて思っている人もいるようです。

しかしはっきり言って、それは大きな間違いです。

実は第二新卒というのは、転職エージェントにとってものどから手がでるほど扱いたい人材なのです。

企業からの需要が大きく、他の年齢に比べて転職成功率が高い

第二新卒というのは、現在企業からの需要が大きくなっています。積極的に採用活動を行っており、求人数は非常に多いです。

その為、第二新卒者というのは転職成功率が他の年代よりも非常に高いのです。

転職エージェントは利用者が転職先を決め、入社して初めて求人を出している企業から報酬を貰うことができます。成功報酬という形です。

だからこそ、他の年齢に比べて転職成功率が高い第二新卒というのは、自社の利益にとっても非常にありがたい存在で扱いたい存在なのです。

また募集を出している企業に対して見合った人材を紹介できるというのも、企業からの評価を上げることにつながりますしね。

第二新卒特化の転職エージェントもある上、大手転職サービスもとにかく積極的

非常に需要が大きくなっていることもあって、現在は第二新卒や20代に特化した転職エージェントも増えています。

たとえばメジャーどころではハタラクティブが挙げられます。

またdodaリクルートエージェントといった全年齢が対象となっている大手転職エージェントも第二新卒者を集めたがっています。

これらの転職エージェントはある程度経験がないとだめ、経験者採用でないと断られるなんていうのは、はっきり言って大きな間違いなのです。

一方で第二新卒が転職エージェントを使うデメリットは?

ただメリットもあればデメリットもあるもの。

トータルで考えればメリットが強く使うべきですが、これらのデメリットは覚えておき、そして利用時には気を付けなくてはいけません。

相談から転職までに期限が設けられていて、のんびりと転職活動するつもりの人にとっては不向き

転職エージェントのサポートを受けることができるのは、期限が決められています。だいたい3ヶ月です。

すでに転職することを決めている人なら十分な期間ですが、これからのんびり色々な企業を見て転職するかどうかを決めていきたいという人だと、いざ転職しようと決めても期限が来てしまうかもしれません。

期限が来たら他の転職エージェントを使えばいいだけではあるものの、自分なりにスケジュールは立てておいた方が良いでしょう。

悪い担当者につくと、良い求人を紹介してくれなかったり、転職を強制してくる場合も

転職エージェントでは担当者がつき、その人が求人の紹介からサポートをしてくれますが、中にはあまりよくない担当者というのも正直います。

たとえば全然希望に合った求人を紹介してくれない、転職をするかどうか迷っているのに強制してくる、話がかみ合わない、返信が遅い、態度が悪いといった人です。

こういった担当者にあたってしまうと、余計に疲れてしまいますし、上手くいくはずの転職がうまくいかなくなってしまうので注意が必要です。

そういったことを避ける為、複数の転職エージェントに登録して自分に合った担当者を見つけるか、転職エージェントでは担当者変更が可能となっているので、もし合わない、使えないと思ったら気にせず変更してもらうようにしましょう。

上手く乗せられて希望とは違う転職をしてしまう可能性も

転職エージェントは転職が成立して初めて報酬を得ることができますし、ノルマもあります。

だからこそ、上手く乗せて、たとえ希望と違う仕事でもなんとか転職させようとしてくることがあるということに注意しなければなりません。

自分の中で転職に対する軸をしっかり持ち、違うと思ったら遠慮なく断るようにしましょう。

デメリットを上手く対策しつつ、上手く活用して転職を成功させよう

デメリットはあるものの、やはりメリットが大きい転職エージェント。

特に非公開求人への応募は、転職の成功と失敗を大きく左右することになります。

ぜひデメリット面に気を付け対策しつつ、上手く活用して転職を成功させましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェントサービス

では最後にいくつかおすすめの転職エージェントサービスを紹介します。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

ここは20代が対象で若手向けの転職サービスとしては業界トップクラス。20代後半や第二新卒者はもちろん、既卒者やフリーターなど社会人経験がない人でも利用できる転職サービスです。

特に未経験者の転職に対してかなりの強み、そして実績を持っている為、仕事を変えたい・新たな仕事にチャレンジしたいという人せやはぜひ利用してみて下さい。

人によっては大手転職サービスだと利用を断られてしまうケースもあるので、敷居が低いという点も大きな魅力でしょう。

またカウンセリングや選考対策などにも強く、書類選考通過率の実績91.4%、内定率80.4%という実績があります。

私自身以前こちらに伺わせていただきましたが、かなり転職者に対して真剣に接してくれるという印象でした。実際手厚いサポートに関しての評判も良いです。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT