第二新卒者の転職は難しい?よくある失敗事例とその対策

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

第二新卒者の転職は難しい?よくある失敗事例とその対策

新卒入社1年目から3年目の人を対象にした第二新卒転職。

近年その需要は非常に高くなっており、就活で失敗した人でもやり直せる機会に恵まれるようになりました。

ただその第二新卒でも失敗してしまう層は一定数いて、その後のキャリアに大きな悪影響を及ぼす結果になってしまっています。

そこで今回は第二新卒転職の失敗パターンを紹介します。

これから転職活動をする人はぜひその失敗パターンと同じことにならないように気を付けましょう。

関連記事

 

第二新卒転職で失敗してしまうとかなり厳しいのが現実

第二新卒はうまくいきやすい転職しやすい。第二新卒の転職は需要も高くて売り手市場だから転職しやすい。

そんな甘い言葉から安易に転職に踏み切ってしまい転職に失敗してしまう人は少なくありません。

そしてその失敗がその後のキャリアにすら悪影響を及ぼすことになってしまった人もいます。

短期間で転職を繰り返すことになり市場価値をどんどん下げていってしまった人、気が付けば条件が悪くなる転職しかできなくなってしまった人、中には正社員の仕事が見つからず派遣社員や契約社員として働くことしかできなくなった人。

最初のたった一回の失敗によって、その後のキャリアが崩れてしまったのです。

第二新卒で転職で失敗してしまった場合、就職で失敗した場合のように簡単に再チャレンジするというわけにはいきません。

ただでさえ短期間で転職した実績があるのに、またすぐに転職するとなれば企業はこんな印象を持たざるを得ません。

  • ストレス耐性が低く忍耐力がない
  • 仕事に対するモチベーションが低い
  • またすぐ辞める可能性が高い

第二新卒はスキルも経験もなくて即戦力にはならない人材。あくまで長い目で見て成長してくれることを期待して採用します。

その為、すぐ辞める可能性が高いというのは企業側にとってかなりのマイナス点。第二新卒として2回目の転職はかなり難しくなってしまいます。

20代後半以降で転職に失敗してしまった場合なら、過去にある程度の期間働いた実績や即戦力にもなりうる経験やスキルによって戦うことは可能ですが、第二新卒では武器になるものが全くありません。

だからこそ第二新卒の転職はなんとしても成功させなくてはいけないのです。

第二新卒の転職が難しいわけではない

ただ勘違いしてはいけないのが、第二新卒の転職が難しいわけではないということ。

先ほども述べているように第二新卒者の需要は非常に高くなっていて転職はしやすく、就活市場で人気のある大手でもたくさんの企業が採用活動を行っています。

そして実際に多くの人が第二新卒の転職を成功させ、転職して良かったと心から思うことができています。

もちろん新卒採用と同様に考えることはできません。

新卒採用ほど求人をだしている企業は多くはないし、求められることも違います。

ただやるべきことをしっかりやれば決して悲観するほど難しいものではありません。

難しいから失敗するのではなく、どこかでやり方を間違えているから失敗するのです。

第二新卒転職失敗の主な原因

第二新卒での転職に失敗してしまう要因は大きく分けて二つあります。

転職活動自体に問題がある

まず一つ目が転職活動自体に問題がある場合。

やり方を間違えたり、目的をはき違えたり、手を抜いてしまったりと、転職活動でやらなくてはいけないこと、気を付けなくてはいけないことができていないが故に失敗してしまう人はかなり多いです。

転職後に問題がある

そしてもう一つが転職後に問題がある場合。

転職のゴールは内定を貰うことではありません。むしろ内定を貰ってからの方がよっぽど大切です。

そこを勘違いしてしまうと、どんな企業に入ろうとも転職が成功しません。

第二新卒転職の失敗事例~転職活動編~

ではそれぞれについて具体的な失敗事例を紹介していきましょう。

まずは転職活動についてからです。

転職活動のやり方が悪い

  • 転職サイトで求人を探して見たがまともな会社が見つからず転職を断念した。
  • 希望の職種での求人がなかったので諦めた。
  • 応募した求人がことごとく不採用になり、結局妥協した会社に転職してしまって後悔した。

転職活動は就職活動とは違います。

履歴書や面接でアピールする内容や準備しなくてはならないことなどは第二新卒としてのものを求められるし、求人の探し方だって違います。

とりあえず求人検索してみて第二新卒の募集を行っている企業を見つけ、とりあえず履歴書書いて応募してみるくらいでは上手くはいかないのです。

基本的には第二新卒であっても転職エージェントは利用するべきです。

非公開求人も含めて多数の求人から選べるし、選考を突破する為のやり方も教えて貰えますからね。

転職エージェントと聞くとそれなりの職歴があって経験者として転職活動を行う人が使うものだと高いハードルを設けてしまっている人がいますがそんなことはありません。

dodaなどの大手転職エージェントも需要のある第二新卒者のサポートを望んでいるし、最近はハタラクティブなど第二新卒に特化しているものもあります。

目的をはき違えて突っ走てしまう

  • 転職してからやりたいことではないことに気づいたが手遅れだった。
  • 今になって考えるとなぜ転職したのかわからない。考えなさすぎた。
  • 転職すれば何とかなると思い込みすぎていた。

目的が定まらないうちに転職に踏み切ってしまう人も案外多いです。

何故転職するのか、何の為に転職するのか、転職して何をしたいのか。それがないままなんとなく良さそうだからと思って手当たり次第に応募して転職後に後悔するというわけです。

そして一番多いのが、転職後のことが目的になるのではなく、今の会社を辞めることが最大の目的となってしまうパターン。

最初は仕事を辞めたいということが目的であっても、最終的に転職先を決める際には転職後のことを意識しなくては満足できる転職なんてできません。

焦らざるを得ない状態に追い込んでしまった

  • 先に仕事を辞めた結果、金銭的に苦しくなって安易に派遣社員になってしまってずるずる時間がたってしまった。
  • 焦ってばかりで完全に仕事選びが疎かになっていた。
  • 辞めた後、転職活動で色々な会社を見ていると前の会社の良さに気づき辞めなければ良かったと後悔するようになった。

第二新卒の転職で失敗したという人のうち、その多くが転職先が決まらないうちにさっさと仕事を辞めてしまっています。

仕事を続けながら転職活動を行っていれば、納得行く転職先が見つかってから転職するかどうかの判断ができるし、無職期間もないので金銭面での焦りもありません。

しかし仕事を先に辞めてしまうと、後に引けなくなるとともに焦りを生じてしまう為、失敗する確率がどうしても上がってしまうのです。

もちろんやむを得ない場合もありますから、絶対に先に辞めるべきではないとは思いません。

例えば休むことが許されず、面接に行く時間がどうしてもできない場合であれば仕方がないとは思います。

ただ先に辞めることはリスクがあることだということを理解し、極力そのリスクを下げる為に行動しなくてはなりません。

夢を見すぎて現実を見ない

  • 学生気分が抜けないまま転職に踏み切ってしまったが、現実を知り転職しなければ良かったと後悔した。
  • 高望みしすぎて転職先が決まらずじまい。たいして学歴が良いわけでもなくアピールできるものもないのに、受かるわけない企業ばかり選んでしまった。

転職によって解決できる問題もあればそうではない問題もあります。

社会人としてお金を貰う以上、我慢しなくてはいけないことがあるのは当たり前のことですが、まだ社会人なりたての人はそこを知らず、夢を見すぎたままに転職に踏み切ってしまう人は少なくないですね。

また応募企業を選ぶ際に高望みしすぎてしまう人もたまにいます。

大手など人気のある企業は当然難易度も高く、それなり高いものを求められ、学歴なども見られます。

中途採用だからアピール次第でなんとかなると思ってしまうと、いつまでたっても転職先が決まらずじまいになってしまうかもしれません。

手間を惜しんで情報収集不足

  • 入社してみたらブラック企業。面接で聞いていた話とも全然違った。
  • 転職先の会社の残業があまりにも多すぎた。

入社してみたら思っていたのと全然違ったとなってしまう主な原因は情報不足。

手間を惜しんで情報収集を怠り、求人情報に書いてあるものだけを信じてしまうと不都合なことに気づくことができません。

ブラック企業だと嘘を書くようなところもありますからね。

第二新卒者採用を行っている企業の中には、離職率が高すぎて人が足りないから行っている企業もたくさんあります。

だからこそできる限り、やれる限りの情報収集は行い、間違ってもおかしな企業には入らないように気を付けなくてはなりません。

第二新卒転職の失敗事例~転職後編~

では続いて転職後に問題があって転職が失敗してしまう事例を紹介して行きます。

態度に問題があって嫌われる

  • 自分より年下の人への態度を注意されてしまった。
  • 新入社員のように優しくはしてもらえず、気が付けばできない社員の烙印を押されてしまった。

第二新卒者が転職後の態度で特に気を付けなくてはいけないのが以下の2点。

  • 年下でも大きな態度をとらず、最初は誰よりも下である自覚を持つ。
  • 第二新卒者と新卒者は違う。同じ年齢の人にできるだけ早く追いつく為に努力しなくてはならない。

いきなり入ってきたろくに仕事もできない人が、ただ年齢が上だというだけで大きな態度をとっているのを周りは良く思いません。

そんな態度をとっていれば、自然と周囲には嫌われてしまうでしょう。

また第二新卒者は新卒者とは違います。できなくて当然、仕事は教えて貰えるものなんて態度をとっていれば、周囲の期待値とギャップが大きくなってダメ社員扱いされるようになってしまいます。

入社後に人間関係が上手くいかない原因はその本人に何かしらの問題がある場合がほとんど。

特に最初は悪い印象を持たれないように気をつけてください。

前職と比較して後悔

  • 前の会社と今の会社をつい比較してしまい、前の方が良かったと思うようになっていた。

転職後、この転職は失敗ではない、転職は成功したという意識を持つことも実は大切。

それなりに嫌なこと、不満なことがあって退職したとしても時間がたつと徐々にそれが薄れていきます。

逆に今の会社については不満な部分が目につくようになっていきます。

その為、トータルで見たら転職して良かったはずなのにそう思えなくなってしまうことってよくあるんですよね。

転職したからにはもうその会社で頑張るしかないのだから、この転職は間違いなく成功だったと思い込むことって案外大切です。

第二新卒の転職が成功するか失敗するかは自分次第

ここまで様々な第二新卒転職の失敗事例を紹介してきましたが、ほぼ全て自分のやり方次第で防げるものばかりです。

転職が成功するか失敗するかは運なんかではありません。

正しいやり方、正しい考え方の元で行うことさえできればそんな恐れるようなものでもないのです。

これから行う転職、あなたにとって満足できるものにする為にぜひ今回の失敗事例を参考にしてみて下さい。

第二新卒におすすめの転職サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ