未経験でコンサルに転職。失敗して後悔しない為にも徹底的に準備をしよう。

転職先として人気の高いコンサル業界。年収も高く若くして年収1000万円を超えるなんて会社も多数あります。

また、未経験であっても積極的に採用されているというのも非常に魅力的な点と言えるかもしれませんね。

ただ現実としてはそんなに甘いものだけではなく、よく知らずに転職したものの仕事が上手くいかずに結局コンサル業界から離れていくなんて人も少なくありません。

そこで今回はコンサル業界に転職して失敗しない為に知っておきたいコンサル業界の概要や注意点について紹介します。

コンサル業界の仕事

コンサルって何か響きも良いし、格好いい。ただ具体的にはどんな仕事をするのかがいまいちわかっていない人も多いように思います。

コンサルと一言で言っても様々な種類がありますから、まずは仕事内容や種類を紹介していきます。

コンサルの仕事内容

コンサルの主な仕事は顧客の経営面や業務面において、問題点の発見および解決を行ったり、今後の戦略を練ったりなどを行うことにあります。

そして最終的には無駄な支出を減らしたり、売り上げを増やすことによって顧客の利益を増やすということにあります。

問題発見にしろ、戦略検討にしろ、高い専門知識や経験が必要になってくるものであり、企業の中の人材だけではできないこともあり、それ故に大企業から中小企業まで幅広くコンサルの助けを受けている会社があります。

コンサルの種類

コンサルには様々な種類があります。

いくつか紹介しますと、

  • 経営コンサルタント(経営面のサポート)
  • 戦略コンサルタント(今後の戦略をサポート)
  • ITコンサルタント(ITシステム面のサポート)
  • 技術コンサルタント(様々な技術面のサポート)

といったものがあります。

コンサルが転職において未経験者を受け入れているのは、たとえコンサルとしての経験が全くなくても、それまでの仕事で身に着けてきた能力を生かすことが十分にできる為です。

例えば、これまで医療業界で働いてきた人であれば、そこで培った経験や専門知識を元に医療系企業のサポートを行うことができるのです。

コンサル業界の実態、転職前に知っておきたいこと

では、ここからコンサル業界の実態について紹介していきます。

仕事はかなりハード

コンサルと聞いて激務というイメージを思い浮かべる人が決して少なくないでしょう。

このイメージは正解で、コンサル業界全体として激務の傾向にあるのは間違いありません。

忙しい時期とそうではない時期もあるにはありますが、忙しい時期だとそれこそ終電を超えることなんてよくあるし、休日出勤もたびたびなんて会社もかなり多いのが現実です。

顧客がコンサルを利用する目的は利益の向上。効果がだせないようであれば当然契約は切られますし、会社の評価を落とすことにつながってしまいます。そういった中で仕事をしていくわけですから、どうしても激務になりがちな傾向にあります。

自分の中では給料が大事、激務でも大丈夫なんて思っていても実際に働いてみるとあまりの激務ぶりにやっぱり無理だったと感じる人もかなりいます。

ですから、本当に激務に耐えることができるのか転職前に今一度考えてみてください。

求められる能力が高い

コンサルに求められる能力として挙げられるのが、プレゼン力、論理的思考力、分析力、コミュニケーション力といったものがありますが、これらの能力はかなり高いレベルが必要になります。

コンサルの仕事は、まずどこに問題があるのかを分析し、どう解決していくのかを論理的に考え、さらにそれを顧客に納得、信頼させることが必要なわけですから、それ相応の能力が必要になるのは当然のことであると言えます。

かなり頭を使う

そもそも企業がコンサルに依頼するのは、自社では解決できない、もしくは問題すら発見できないという理由です。

そういった問題に着手し、改善していくのが仕事ですからかなり頭を使うことになるのも当然です。

専門知識は当然必要ですし、一つ一つ事実を確認しながら、考えながら、仮定を立てながら、一歩ずつクリアしていくことが求められます。

責任が重い

経営は一歩間違えば簡単に業績は悪化し、下手すれば倒産する可能性すらあります。

経営コンサルの立場として間違ったことを話したり、大切なことを見逃してしまえば、そういったことにつながる可能性だってあるのです。

当然責任が重い仕事ですよね。

転職に向けて

年収ばかりに目をとられていた結果、転職後の後悔につながったという例はよくあります。

もちろんコンサルは高年収でやりがいもある仕事です。ただ本当に自分に適しているかはよく考えた上で転職するかどうかを決めるようにしましょう。

その上でコンサルに転職するといった場合には、転職サイトのスカウト機能や転職エージェントから紹介される非公開求人を利用するようにしましょう。

コンサルは人気のある仕事であるが故、ほとんどが公開されていません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。