ブライダル業界はウェディングプランナー以外にも様々な職種があるので、転職後に活躍できる場は多いでしょう。

ブライダル業界の職種、ブライダル業界で働くのが向いている方の特徴、働く上で有利となる資格と併せて、転職時に気になる給料についても紹介します。

ブライダル業界の基本情報 職種と仕事内容について

ブライダル業界には結婚式全体をプロデュースする「ウェディングプランナー」、料理の配膳といった結婚式当日のサービスを担当する「バンケットスタッフ」、企業やホテルのブライダル部門に所属してブライダルに関する事務を担当する「ブライダル事務スタッフ」など多くの職種があるので、あらゆる面から結婚式をサポートできます。

ブライダル業界の職種と仕事内容の一例を紹介します。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナーとは、結婚式・披露宴の進行や演出、衣装選びや引き出物の手配など、ブライダルに関することを総合的にプロデュースする仕事です。

式の前にはお客様の予算に合わせて必要な品物や機材やスタッフを手配し、当日は式に参加して現場の指示出しをするなど、式を成功させるためにやるべき仕事が多岐にわたります。

お客様の話を聞いて疑問や不安を解消する、要望に応えるアドバイスをするなど、お客様のサポートも求められます。

アテンダー(介添人)

アテンダーとは、介添人として結婚式で新郎新婦に付き添い、お色直しの着替えやヘアメイクのサポート、式場の誘導や椅子引きなど、式が円滑に進むよう新郎新婦のお世話をする仕事です。

新郎新婦のサポートをスムーズに行うために、式の進行情報を全て把握していることが求められます。

式でのマナーを新郎新婦にさりげなく教える、緊張を和らげる、ハプニングに迅速に対応して適切に対処することも求められるので、ブライダル業界での経験豊富な方が担当することも多い職種です。

バンケットスタッフ(サービススタッフ)

バンケットスタッフとは、結婚式・披露宴会場での配膳やセッティングなど、会場でのサービスを担当する仕事です。

接客やテーブルサービス、調理部門のサービスなどで式が順調に進行することと、ワンランク上の式になるようサポートをします。

ワンランク上のサービスを提供するために、テーブルセッティング、サービスマナー、料理の知識が豊富なこと、提供メニューの内容を把握していることは欠かせません。

ブライダル事務スタッフ

ブライダル事務スタッフとは、企業や宴会場、ホテルなどのブライダル部門に勤務し、ブライダルプランナーのサポート業務にあたります。

お客様との打ち合わせ内容を協力企業へ手配する、手配した物の内容や数量をチェックするといった事務作業を担当します。

ブライダル業界の平均収入について

ブライダル業界は、ブライダル業界に関する知識や経験が豊富なほどお客様のニーズを満たすプランやサービスを提供できて仕事の幅が広がるので、業界での経験が長いほど収入が上がる傾向にあります。

ウェディングプランナーのように営業成績に応じて給与が変わる職場もあるので、業界内の収入には幅がありますが、年収や月収の平均を把握していると、ブライダル業界で求められるレベルの仕事はできているかの確認や、スキルアップをして収入増を目指すきっかけにつながるでしょう。

モチベーションアップにつながる年収と月収の平均、ブライダル業界の代表的な企業の給与について紹介します。

ブライダル業界の平均年収

2020年1月に求人ボックスに掲載されていた求人情報から算出した情報によると、ブライダル業界の正社員の平均年収は約357万円です。

参考/人気職種の給料情報|給料ナビ-求人ボックス

国税庁が実施した「民間給与実態統計調査」によると平成30年分の日本人男女全体の平均給与は441万円(男性545万円女性293万円)ということなので、ブライダル業界の年収は日本人の平均年収と比較すると低い傾向にあります。

参考/平成30年分民間給与実態統計調査

ブライダル業界357万
日本の平均年収441万

ブライダル業界の平均月給

平均年収を月収に換算すると平均月収は30万円程度となります。未経験の場合の初任給は18~20万円程度ですが、ベテランプランナーになれば月給35万円程度稼ぐことも可能です。

代表的な企業の平均給与

Yahoo! ファイナンスで公表されている「テイクアンドギヴ・ニーズ」と「ワタベウェディング」の2社の給与を例に取り上げます。

テイクアンドギヴ・ニーズ約437万円(平均年齢31.9歳)
ワタベウェディング約482万円(平均年齢36.7歳)

参考/Yahoo! ファイナンス

業界大手になると平均的な年収に近づく

業界大手の会社になると平均年収が日本全体の平均年収に近づいて来ます。

また業界全体で平均年齢が比較的若いということもこのデータからわかります。

ブライダル業界への転職でよくあるQ&A

未経験でブライダル業界への転職を考えている方は特に、転職活動中の疑問は多いでしょう。

そこで、未経験の方がブライダル業界への転職を考える際によくある疑問に回答していきます。

業界未経験でも転職できる?

ブライダル業界自体の人気があり、その中でもプランナーは特に人気の高い職種なので、大手をはじめ条件の良い会社には経験者からの応募が殺到しやすく、未経験から花型であるプランナーへの転職は簡単ではない状況です。

ブライダル業界に転職して未経験からプランナーを希望する場合、最初からプランナーにこだわり過ぎず、他の職種で業界での経験を積みながら目指すことをおすすめします。

たとえば、ブライダル事務はプランナーのサポートができるので、事務経験のある方はブライダル事務スタッフとして転職し、近くでプランナーの仕事を学びながら目指すことができるでしょう。

ブライダル業界に向いている人と向いていない人の特徴・違いは?

ブライダル業界は人と接する機会が多いので、接客が好き、人と関わるのが好きな方は楽しく仕事ができるでしょう。

相手の喜ぶプレゼントを選ぶことやサプライズが好きなど、人のニーズをくみ取り喜ばせることが好きな方も向いています。

結婚式は多様化しているので、お客様が喜ぶ結婚式・披露宴のプランを提案するには最新の結婚式状況や流行りのスタイルなども常に把握していることが大切なことから、トレンドに敏感なこと、最新情報や知識の習得を続ける向上心を持つことも欠かせません。

ブライダル業界は他の業界と比較すると礼儀やマナーに厳しいので、礼儀やマナーを大切にできることが求められます。

結婚式・披露宴は必ずしも計画通り進行するとは限らないので、トラブルが生じても冷静に対処できる、臨機応変に対応できる方は、万一の事態でもご自身の力を発揮できるでしょう。

新郎新婦を安心させる、招待客に喜んでもらうためには、難しい要望をされた時やトラブルが発生して困ったと感じた時でも、お客様に知られずに対処・対応することが求められます。

困った時やクレームを入れられて不快な思いをした時に表情に表れてしまうと、信頼の低下につながる恐れがあるので、感情が表情に出やすい方はブライダル事務での業務が難しい可能性があります。

また、結婚式・披露宴当日までお客様と接する時間が長く、いつもお客様のニーズを満たして順調にプランを立てられるとは限らないので、スムーズに仕事をこなせない時でも忍耐強くお客様と向き合うことが大切です。

よって、最後まであきらめずに目標を達成することが苦手な方も、ブライダル業界の仕事を厳しいと感じるでしょう。

ブライダル業界への転職で有利となる資格を職種別に紹介

ブライダル業界で活躍できる職種が様々なように、活かせる資格も多くあります。職種ごとに有利となる資格は異なるので、上記で紹介した職種ごとに活かせる資格を紹介します。

ウェディングプランナーにおすすめの資格

ブライダルプランナー検定

ブライダルプランナー検定とは、欧米で活躍するプランナーが所属する国際的に最大規模の「全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)」が、業界で必要な知識やスキルを認定する検定試験です。

プランナーとしてスキルアップするのに必要な知識やスキルを学べるので、業界未経験の方におすすめの資格です。

ブライダルプランナー検定はABC協会認定の「アシスタントブライダルプランナー」取得に必要なので、アシスタントブライダルプランナーを取得してウェディングプランナーとしてキャリアアップしていきたい方にはメリットの多い資格でしょう。

アシスタントブライダルプランナー

アシスタントブライダルプランナー(ABP)とは、ブライダルプランナー検定1級合格者の方を対象とした、ブライダル業界でのキャリアアップを目指す上で最初のステップとなる資格です。

アシスタントブライダルプランナーを取得するとABC協会の認定校で講師をできる、各種イベントやセミナーに参加できる、独立支援をしてもらえるといった特典を受けられます。

ブライダルコーディネート技能検定

ブライダルコーディネート技能検定とは、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会が実施する国家検定です。

ブライダルコーディネーターは、お客様のニーズをくみ取り、結婚式・披露宴の文化や慣習を考慮しながら関係者と協力しながらお客様に合うブライダルサービスや商品を提供することが求められます。

お客様が満足するサービスや商品の提供には、コミュニケーション能力、プランニング能力、プレゼンテーション能力、オペレーション能力が必要です。

ブライダルコーディネート技能検定ではブライダルコーディネーターに必要な能力や知識があるか問われるので、資格を取得できればブライダル業界で仕事をする上で必要なスキルや知識があることを証明できます。

アテンダーにおすすめの資格

  • アシスタントブライダルプランナー
  • ブライダルコーディネート技能検定
  • サービス接遇検定

サービス接遇検定とは、相手の気持ちをくみ取る、好印象を抱いてもらえる話し方や態度などで接することができるかを審査し、サービス業務に必要なスキルと知識があることを証明する資格です。

式当日は新郎新婦と一日接することになるアテンダーは、マナーが身についている、気が利くといった信頼できる方が求められます。

サービス接遇検定は、信頼されるアテンダーに必要なことを身につけるのに役立つでしょう。

バンケットスタッフにおすすめの資格

  • ブライダルコーディネート技能検定
  • レストランサービス技能検定

レストランサービス技能検定とは、料飲サービスに関する唯一の国家資格です。

スキルと知識の高さを証明できるので、料飲サービスのプロであることが求められるバンケットスタッフとして働くのであれば、取得して損することはないでしょう。

  • マナープロトコール検定

マナープロトコール検定とは、NPO法人日本マナー・プロトコール協会が実施する検定で、社会人として必須のマナーやプロトコール(国際儀礼)に関するスキルと知識があることを証明する資格です。

レベルは「3級」「2級」「準1級」「1級」に分かれ、上級資格はブライダルやホテルでの接客担当の方はもちろん、客室乗務員や秘書の方も取得する方が多いです。

ブライダル事務スタッフにおすすめの資格

  • マナープロトコール検定
  • 日商PC検定

日商PC検定とは、Microsoft® Wordを使用したビジネス文書の作成と取り扱いが問われる「文書作成」、Microsoft® Excelを使用した表やデータや資料の作成とデータ分析できるか問われる「データ活用」、Microsoft® PowerPoint®を使用したプレゼン資料を作成できるか問われる「プレゼン資料作成」の3つの試験に分かれた検定試験です。

事務を担当する方は、「文書作成」と「データ活用」の受験がおすすめです。

  • 秘書技能検定

秘書技能検定とは、筆記試験と面接試験で相手に「感じが良い」と思ってもらえる表情、態度、振る舞い、言葉遣い、話し方などを身につけているか問われる試験です。

社会人なら身につけておくべき常識も問われるので、好印象を与えながら周囲が仕事を円滑に進められるためにできることを身につけることができるでしょう。

ブライダル業界でのキャリアパスについて

ウェディングプランナーは営業成績によって収入が大きく変わるので、資格を取得してプロフェッショナルの仕事ができることを証明する、ご自身の強みを活かした仕事をするなどが収入アップのコツです。

ブライダル業界で高収入を得るために参考になるウェディングプランナーとウェディングプランナー経験後のキャリアパスを紹介します。

ウェディングプランナーのキャリアパス

ウェディングプランナーとして転職できたら、プランナーのあらゆる業務をこなせるようになりましょう。

プランナーのすべき仕事が分かり、必要なスキルや知識を身につけたら、多様化している昨今の結婚式に対応できるよう、神社やレストランやゲストハウスといった様々な会場で式を提案できるようになることをおすすめします。

提案できるプランを増やしながら、初めて会場に訪れたお客様を案内する「新規プランナー」、プランの相談に乗って提案する「打ち合わせプランナー」、会場案内と打ち合わせと当日のサポートを全て一人で担当する「一貫担当プランナー」といった様々なスタイルを経験すると、仕事の幅が広がりキャリアアップにつながるでしょう。

ウェディングプランナー経験後のキャリアパス

ウェディングプランナーとして経験を積むことで、結婚式場の支配人やマネージャーになれる可能性があります

アシスタントブライダルプランナーを取得した方は、実務経験に応じてさらに上位の資格の取得も可能なので、上級資格取得することで、キャリアアップのチャンスが広がることを期待できます。

ブライダルに関する幅広い業務をこなせるウェディングプランナーを経験したら、ホテルや式場の運営や経営、宣伝などに関われる部署で活躍するのも良いでしょう。

ウェディングプランナーのプロであり続けたい方の中には、講師をしたり独立したりする方もいます。

未経験からブライダル業界に転職したら少しずつウェディングプランナーを目指そう

結婚式・披露宴をあらゆる角度からサポートするウェディングプランナーは、人気のあるブライダル業界の中でも特に人気の高い職種です。

ウェディングプランナーはスキルによって平均以上の収入を得ることも可能で、経験豊富であるほどできる仕事が多いので、経験者からの応募があった場合、未経験者がウェディングプランナーとして転職するのは難しいでしょう。

しかし、ブライダル業界には様々な職種があるので、これまでの経験を活かせそうな職種で転職し、経験を積んだり資格を取得したりしてブライダル業界について学びながら、クオリティの高い仕事をできるようになることが、ウェディングプランナーを目指す上で大切です。

ウェディングプランナーになれた後もあらゆる業務やプランを経験する、上位資格を取得するなどで、プロフェッショナルを目指しましょう。