ボーナスの平均はいくらくらい?大企業と中小企業の格差や業種による違い、高い会社の特徴

一般的に夏と冬、年二回支給されるボーナス。

たっぷり貰うことができる人もいれば、全くでない人もいて、ボーナス時期のニュースを見て嫌な気持ちを持つという人も少なくはないでしょう。

今回は、そのボーナスの平均額や、会社による違いなどについて紹介していきます。

関連:給料が上がらない!昇給無しの現実。どうすれば給料はあがる?

関連:給料が高い仕事には何がある?仕事はどうやって探せばいい?

ボーナスの平均

国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円となっています。

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。

大企業と中小企業の格差

大企業のほうがボーナスは高く、中小企業のほうがボーナスが少ないというのは周知の事実。

実際どの程度違うかというと、非常に大きな差があるのがわかります。企業規模を示す指標として、従業員数別で見ていきましょう

  • 1~4人・・・15万9千円(男性:16万3千円、女性:15万5千円)
  • 5~9人・・・28万1千円(男性:32万円、女性:23万1千円)
  • 10~29人・・・44万2千円(男性:52万1千円、女性:31万9千円)
  • 30~99人・・・62万7千円(男性:74万3千円、女性:44万4千円)
  • 100~499人・・・73万7千円(男性:91万8千円、女性:48万3千円)
  • 500~999人・・・92万5千円(男性:117万6千円、女性:55万9千円)
  • 1000~4999人・・・104万2千円(男性:139万2千円、女性:52万円)
  • 5000人以上・・・109万8千円(男性:158万6千円、女性:43万9千円)

従業員数4人以下と5000人以上では7倍以上の差があり、より差が大きい男性に限ればおよそ10倍、金額にして140万円近くも差があるのです。

ちなみに大企業の中でも特に東証一部上場企業に限定してみると、28年度で夏が92.7万円で冬が71万円、合計して163万円にもなります。

業種による違い

では次に業種による違いを見ていきましょう。

業種別のボーナス金額は以下の通り。

  • 建設業・・・60万円
  • 製造業・・・94万円
  • 卸売業、小売業・・・50万円
  • 宿泊業、飲食サービス業・・・14万円
  • 金融業、保険業・・・146万円
  • 不動産業、物品賃貸業・・・49万円
  • 電気・ガス・熱供給・水道業・・・137万円
  • 運輸業、郵便業・・・54万円
  • 情報通信業・・・103万円
  • 医療、福祉・・・56万円
  • 学術研究、教育・学習支援業・・・93万円
  • 複合サービス事業・・・81万円
  • サービス業・・・38万円
  • 農林資産・鉱業・・・37万円

業種による差がかなり大きいことがわかりますね。

金融関係や電気、ガス等のインフラ系はそれぞれ100万円を大きく超えていますが、宿泊業、飲食サービス業はわずか16万円とかなり少ない金額になっています。

公務員の場合

続いて公務員のボーナス。国家公務員は法律によって、地方公務員は条例によって決めれらえています。

国家公務員の2016年夏のボーナスは1.995か月分で約63万円。冬のボーナスが2.245か月分で約70万5千円。

合算すると1年間で133万円となっています。

ボーナスが高い会社、低い会社、出ない会社の特徴

企業規模や業種によってかなり差のあるボーナスですが、それはあくまで平均であって同じ業種間、同じ企業規模同士でもボーナスの金額は大きく違う場合があります。

なぜ差が生まれるのか、それぞれの会社の特徴について紹介していきましょう。

ボーナスが高い会社

ボーナスは基本的に業績に変動する賃金である為、業績が好調な企業ほどボーナスは高いというのが一般的。

ただし、ボーナスの金額は業績のみによって決まるものではなく、労働組合の強さであったり、毎月の給与とも関係してきます。

企業側にとって会社の利益を上げようと思えばボーナスは低くしたいというのが理想的。そこを覆し、できるだけ従業員に利益を還元するように試みるのが労働組合の仕事です。春にはよく春闘も行われていますよね。

また、企業によっては毎月の給料を低く抑える分、逆にボーナスを高くしているという企業もあります。

ボーナスが低い会社

ボーナスが高い会社に比べて、ボーナスが低い会社というのは、業績があまり良くない、労働組合が弱い、毎月の給料を高く設定している、といった特徴を持っています。

業績が低ければ当然ボーナスは出すことができませんね。業績が良くて利益が上がっていても労働組合が弱く、会社側が従業員に還元せずに会社に溜め込んでいるという場合もあります。

ボーナスがでない会社

会社によってはそもそもボーナス自体が全くないという会社もあります。

赤字の会社がその年にボーナスがでないというのとは違い、そもそもボーナス支給の制度がないという会社えす。

年俸制の会社だと、年間での報酬を12分割して毎月支払われるという仕組みになることがあり、その場合だとボーナスはありません。

ボーナスは高い方がいい?

ボーナスが高い方がいいのか、低い方がいいのかというと、圧倒的に高い方がいいと答える人が多いと思います。

それこそボーナスが出ない会社なんてありえないと思っている人も多いかもしれません。

ただ、実は同じ年収であるならばボーナスは低い方が得です。

ボーナスが低いということはその分毎月の給料が高いということですからね。

ボーナスは毎年の業績によって大きく変動する可能性がある給料です。今高くても来年はがっつり減るかもしれません。

一方、給料ならばそうそう簡単に下げることができません。会社の都合で一方的に下げることは労働条件の不利益変更にしてしまうのです。

春闘では、ボーナスは割と妥結しやすいのですが、給与のベースを上げるベアアップはかなり渋ります。それは、ボーナスなら1年限りの話ですが、ベアアップは何十年もずっと続く話だからです。

また、毎月の給料が高いということは残業代を計算する場合の基準額も高いということで、残業時間が多くなってくるとかなり得することになるかもしれません。

転職時にはボーナスもチェック

転職時には年収だけではなく、そのうちボーナスがどの程度を占めているのかということは確認しておきたいですね。

たまたま業績が良くてボーナスが多かったから高い年収を示されているとしても、次の年に一変する可能性もあるのです。

より安心して働く為にも、安定して働くことができるのかはしっかり確認するようにしましょう。

転職時には転職サイトや転職エージェントを有効活用してください。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。スカウト機能は転職の可能性を知るのにかなり便利であるといえるでしょう。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

関連:転職で希望年収や希望条件はどう答えるべき?