美容師を辞めたい人は20代のうちに転職しよらう。未経験の他職種への転職は若さが大事。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

美容師を辞めたい人は20代のうちに転職しよらう。未経験の他職種への転職は若さが大事。

カリスマ美容師にあこがれて美容師になったものの、現実は甘いものではなく、辛い、辞めたいと思う人も少なくはありません。

一説によると、美容師の離職率は約80%なんて言われていて、すぐに辞めてしまう人も実際かなりいる厳しい業界です。

さらに独立すればなんて夢を見ていても、初期費用はかなり必要となりそれでいて美容室は溢れていて経営が上手くいっていないお店もたくさんあります。

では、もし美容師を辞めて転職しようとした場合、どのように転職活動をしていけばいいでしょうか。

というわけで今回は美容師の辞めたい理由や美容師から他業種へ転職する場合の注意点を紹介します。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

かなりハードな美容師

美容師は正直、かなりハードな仕事であり、実態を知れば離職率が高いのもうなずけます。

休みが少ない

まず休みは基本的に週一回、週によっては2回程度の休みであることが一般的です。当然土日は仕事だし、ゴールデンウィークなども仕事です。

他のサービス業もそうですが、だいたい年間休日数は100日をきることが多く、他のサラリーマンから比べてどうしても休みはすくなくなってしまいます。

さらに若手の場合は唯一の休みもお店に行って練習をしなくてはならない為、プライベートの時間なんてほぼないという人も多々いるでしょう。

長時間勤務で仕事もきつい

休日が少ない上に、さらに長時間勤務であるというお店も多々あります。

店の営業時間が9時から20時。さらに準備や片付けも考えたら一日の労働時間が15時間以上なんてことも多々あります。

なかには営業が終わってから自分の練習もする人もいますから、残業時間でいうと100時間を超えるなんて人は多々いるでしょう。

労働基準法では1週間の労働時間が40時間と定められていて、それを越す分には36協定を結んだ上で残業代を支給必要があります。

しかし、そもそも残業代なんて考えがない美容室も多々あるのが現実です。

仕事がきつい

美容師は当然立ち仕事であり、ずっと立ちっぱなしであることがほとんどであり、それでいて失敗は許されないという責とが任の重さもあって、仕事の内容としてもかなりきついです。

給料が安い

休日も少なく、それでいて長時間労働、さらに仕事自体もきつい。

それでも、それに見合った給料をもらうことができていればいいのですが、実際はまったくそんなことがなく、手取り20万円どころか15万円にも満たないことが多々あります。

生活としてはかなり厳しく、実際私の友人も給料の低さを理由に結婚を機に美容師を辞めて他業種に転職した人もいます。

健康面への影響

ずっと立ちっぱなしに加えて、かがんだりすることも多いため、腰を痛めてしまって働くことができなくなってしまう人もいます。

また、シャンプーやパーマ液が原因で手荒れに悩んでしまう人もかなりいて、これが原因で辞める人も少なくありません。

美容師を辞めたいなら辞める決断は早めに

美容師などの職人仕事の場合、その仕事の特殊性から他の仕事に生きるスキルが身に付きにくく、転職がしにくいという特徴があります。

だからこそ、もし転職するならとにかく若いうちです。

30代になって何の経験もない人が違う職種で働こうと思っても、なかなか採用してくれるところはありません。

しかし、20代であれば経験よりもポテンシャルや熱意を重視してくれる為、転職は十分に可能です。

だからこそ、もし美容師を辞めるなら辞めるでその決断は早く行わなくてはなりません。

美容師から未経験の業種、職種への転職で注意すべきこと

では、ここからは具体的に美容師から転職することを考えてみましょう。

業界、職種の選び方

美容師を辞めて他業界に行くのであらば、まずはどういった業界に行きたいか、どういった職種に就きたいかを考えることから始めましょう。

美容師からの転職となる場合、業界で言えば美容関係、アパレル関係などが近いかもしれませんが、そんなにこだわる必要がなく、自分が興味あるものであれば挑戦してみる価値は大いにあります。

ただ、職種に関して言うと、美容師から転職する人が多いのは事務職や営業、販売接客業などが多いです。

やはり、美容師として働いてきたことでみについたスキルをいかしてできる仕事がやはり転職しやすいです。

とは言っても20代であればそこまで気にする必要はなく、IT業界で技術の仕事に転職したという人もいます。

美容師の経験にはどんな強みがある?

どんな業界、どんな職種に転職するにしろ、新卒ではありませんからこれまでの美容師としての経験からどういったスキルがみについているのか、そして自分にはどういった強みがあるかは明確にしておかなくてはなりません。

例えば美容師としての経験であれば、コミュニケーション能力が特に高いと考えられます。コミュニケーション能力はどんな仕事であっても求められる能力であり、工夫したことや周囲を巻き込んだことから出した実績を交えてアピールすれば十分に採用試験での武器になります。

全く違う業界、職種だからといって恐れる必要はなく、十分に転職は可能ですから、これまでの経験について自信を持ってアピールしていきましょう。

美容師の仕事の進め方では通用しない

転職した後にも大事なこととして覚えていてほしいのが、美容師の仕事の進め方では、それ以外の業界、職種だと通用しないということです。

美容師の仕事の進め方がだめだというわけではなく、職人仕事と他業種での仕事ではやっぱり違うのです。

おそらく最初の仕事の進め方を理解することで精いっぱいになるでしょう。ただ、そのことは覚悟しておく必要があります。

確かに美容師はきつい仕事です。だからといって他の仕事が楽かというわけではなく、そっちはそっちできつい部分があるのです。

転職のやり方はプロに任せれば良い

さあいざ転職活動を始めよう。と思っても、何をどう進めていいかわかんないという人も多いかもしれません。

ただそんな時とりあえずハローワークに行って、なんとなくで仕事を選んで応募していては転職も上手くいきません。

仕事探しにしろ、履歴書作成にしろ、面接にしろ、テクニックというのはやはりあります。

アピールの内容、言い方にしたって一歩間違えばプラス評価がマイナス評価になることだってあります。

ただ、そういったことはプロに任せれば心配ありません。

転職エージェントは無料で利用でき、転職に関すること全般をサポートしてくれます。

転職活動を成功させる為には転職サイト、転職エージェントを有効活用しなくてはなりません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

最初の転職はまず一歩目

これまで学校まで通って、国家試験を受けてまでなった美容師の仕事を辞めるのは大きな決断でしょう。

しかし、その決断をしたからこそ幸せになれたという人もいます。

ただ、転職したからといってそれで終わりなわけではありません。当然仕事が待っていますし、さらにスキルを積み上げたらもっと上を目指した転職も可能になります。

ですから、まずは勇気を持って大きな決断をすることから始めましょう。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:人手不足の業界ランキング。就職するかしないかはあなた次第。



このページの先頭へ