転職時期に「秋」を選ぶ3つのメリットとは?特に初心者に知ってほしい成功の秘訣

転職時期に秋を選ぶのは非常にいいタイミングです。

人材を企業が募集するにあたって、新入社員が入った月には人手が足りている一方、企業はその分新たな人材を募集したくなります。

また、転職先を探す側にとっても転職を秋にするメリットがあります。

当コラムでは、そのメリットとは何かを分かりやすく解説してきます。

秋に転職する3つのメリットとは?

秋に転職する3つのメリットとは?

メリット1.祝日が多くて転職活動がしやすい

秋は祝日が多いので仕事を続けながらでも転職活動がしやすい時期です。

9月はシルバーウィークと呼ばれる週があるほど、祝日の多い月。

10月にも1回、11月にも2回の祝日があります。

9月敬老の日、秋分の日
10月スポーツの日
11月文化の日、勤労感謝の日

夏季休暇や年末年始も休暇シーズンですが、企業も長期休暇を取りやすく求人も停滞する時期なので、秋の祝日を狙うのがおすすめです。

メリット2.夏のボーナスや冬のボーナスを受け取ってから退職できる

転職活動を始めるにあたり、先んじて退職を考えている場合は8月にボーナスを受け取ると損が少なくすみます

今の仕事と並行して転職活動を進める場合、9月スタートなら12月頃には転職先が決まる可能性が高いので、冬のボーナスを受け取ってから1月に新しい仕事を始める、といった計画も立てられます。

もしボーナスを受け取らなかった場合でも、懸念点は収入面くらいしかありませんが、転職活動の資金として賞与を2~3ヶ月分当てられるのは非常に大きいため、夏のボーナスだけでも受け取っておきたいところ。

冬のボーナスも受け取るまで仕事を続けるかどうかは、現在の職場環境やご自身の体調などから考えてみてください。

メリット3.秋は企業の採用活動が活発化し求人数が増える

とりわけ9月のタイミングは、2つの理由から求人数が増える傾向があります。

✔ 夏のボーナスを受け取った後は退職者が増える傾向があるため

✔ 事業年度の下半期がスタートする10月に人手が欲しいため

秋は企業の選択肢も増えますので、今より収入をアップさせたい方や福利厚生が整った企業に転職したい方などは複数企業を比較できる絶好のチャンスです。

希望に合った企業があるか調べるだけでなく、より好条件の企業がないか探してみてください。

秋に転職する際に気を付けるべきこと

転職をする時期としてメリットの多い秋ですが、逆に気をつけておきたい点もチェックしましょう。

同時期に転職するライバルが増える

秋はメリットが多い反面、同じ時期に転職活動を始めるライバルが増えます。

企業の求人が増える時期でもありますが、有名企業の競争倍率は高くなる時期でもあると覚えておいてください。

未経験の業界や職種への転職は不利になる可能性がある

ライバルが増えれば、既に能力がある人も増えます。

企業視点で考えると未経験の人より経験者の方が即戦力と捉えられるのは致し方ありません。

未経験の業界や職種への転職は不利になる傾向があります。

ボーナスをもらう場合には現在の仕事を続ける必要がある

冬のボーナスをもらう予定の場合、今の仕事と転職活動を同時進行する必要があります。

休日は書類作成や面接で忙しくなり、心身ともに疲労が増してしまうのは言うまでもありません。

特に「今の職場がつらいから転職したい」という考えの場合、自身の体調を最優先に考えて、くれぐれも転職時期を優先事項としないようにしてください。退職して転職までの時間を作ってしまうのも手です。

秋に求人が増える理由とは?

秋に求人が増える理由はメリットの解説でも少し触れましたが、ふたつあります。

夏のボーナス後は退職者が多いため

秋と一口に言っても、一番求人が増えるのは8月末から9月にかけてです。

その理由は、8月の中旬にボーナスを出す企業が多いから。

夏のボーナスを受け取ったあとに退職する人が多く、人材不足を補おうと採用が行われやすい時期に入ります。

事業年度の下半期に向けて採用活動が行われやすいため

多くの企業は事業を4月始まりの3月終わりで区切っています。

10月が下半期に当たるため、俗に言う「秋採用」が始まるのです。

学生から転職者まで幅広く集まるシーズンですので、同期を作りたい人にもピッタリでしょう。

初めての転職で知っておいて欲しい成功に繋がる3つの秘訣

初めての転職で知っておいて欲しい成功に繋がる3つの秘訣

今年の秋から転職活動をしよう、という方へ。成功に繋がる3つのポイントを覚えておいてください。

✔ 自己分析をする

✔ 転職を手厚くサポートしてくれる所を使う

✔ 転職先は妥協しない

以上3つを押さえられれば、転職した後も充実した環境になるはずです。

自己分析をする

まずは自己分析。履歴書を作る前や面接練習を始める前にやっておくと非常にラクです。

好きなものや得意なこと、楽しかった思い出など何でもいいので、たくさん書き出しましょう。

前の会社で失敗して凹んでいる場合だとしても、「自分なんて」と考えずに、職場環境によるものが大きかったのだと考えてください。

転職先で期待以上の力を出せるケースも多いので、今は楽しい未来を夢見て、「本来の自分はどうだった?」と問いかけるのが大切です。

転職を手厚くサポートしてくれる所を使う

転職活動は心身共に労力がかかります。

一人でやるより、転職のプロが寄り添ってサポートしてくれると思うと心強くはありませんか?

転職エージェントを利用すれば、無料でプロが転職者をサポートしてくれます

無料と記載されていると「騙されているのかも」と不安になるかもしれませんが、料金はあなたを雇う企業が払ってくれているというだけなので、安心してください。

転職先は妥協しない

転職するなら企業選びは絶対に妥協しないでください。妥協して入った転職先は、引っかかる部分を残してしまっている状態なので自身も企業も双方で辛い状況を招いてしまいます。

もちろん採用面接で落ちてへこむ機会もあるでしょう。

ただ、自己評価と希望にマッチした企業は存在します

「欲を出しすぎたのでは?」と不安なときには、転職エージェントを利用すればプロ視点で考えてくれます。

人生を決める選択肢ですので、転職先は妥協せずに見つけてみてください。

来年は違う自分がいる。秋は未来の一歩を踏み出すタイミング

来年は違う自分がいる。秋は未来の一歩を踏み出すタイミング

転職は誰もが不安ですし、勇気のいる行動です。

「今より悪化しないか」「採用してくれる企業はあるのか」とためらう一歩を、この秋に踏み出してみませんか。

今から始めれば、一般的に2~3ヶ月後には転職先が決まるとされています。

転職はひとりでする必要はありません。

転職エージェントを活用することで、キャリアアドバイザーが寄り添って希望にマッチした求人を紹介してくれますし、転職で心強くなるような魅力なサービス内容があります。

まずは一歩を踏み出してみてください。

来年には、新たな職場で新たな仲間の中にあなたの姿があるはずです。