アルバイト経験しかない人が正社員への転職目指す場合に知っておくべきこと

アルバイト経験しかない人が正社員に転職するというのは、年齢によってもかなり異なりますが決して簡単なものではありません。

しかし絶対に無理かというと決してそんなことはなく、正社員になりたいという考えが少しでもあるならぜひ積極的にチャレンジしてみるべき。

今回、アルバイトから正社員を目指す人がやるべきことを紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

 

アルバイト経験しかない人の転職事情

アルバイト経験しかない人が正社員に転職する。そのことに対して多くの人は「厳しい」「難しい」という印象を持つのではないでしょうか。

では実際のところどうなのか、転職事情を見て行きましょう。

正社員として採用される可能性

  • 採用実績がある・・・47.8%
  • 採用実績がない・・・52.2%

これは転職サイト「リクナビNEXT」が調査したフリーターの正社員採用実績です。

このデータには、一度社会人として働いてからフリーターになった人も含まれている為、純粋にアルバイト経験しかない人の数値ではありません。

ただ評価ポイントとしてやる気、コミュニケーション力、誠実さが挙げられている為、たとえアルバイト経験しかなくても採用される会社は十分にあると考えられます。

ただ約半数の企業は採用実績すらないということもまた事実として受け止めなくてはなりません。

転職と年齢の関係

同様の調査では、正社員として採用する場合の年齢制限についても述べられています。

  • 23歳まで・・・15.0%
  • 24歳まで・・・30.0%
  • 25歳まで・・・30.0%
  • 27歳まで・・・5.0%
  • 28歳まで・・・10.0%
  • 29歳まで・・・5.0%
  • 35歳まで・・・5.0%

当然年齢が高ければ高い方がアルバイトから正社員への転職難易度は上がります。

30代になってしまった場合、これまで正社員の採用実績がある会社であっても95%の会社が対象外となってしまいます。

正社員になるならとにかく早いうちに行うべきです。

アルバイト経験に対する評価

もしアルバイトでの経験が全く評価されないなら、アルバイト経験しかない人にとってはかなり厳しくなってしまいます。

しかし、多くの会社はアルバイト経験も評価の対象としています。

  • 評価対象になる・・・45.5%
  • どちらともいえない・・・54.5%
  • 評価対象にならない・・・0%

アルバイト経験しかない人にとって、仕事の面で実績としてアピールすることはアルバイトでの仕事しかないわけですから、そこを如何にアピールするかがかなり重要になってきます。

正社員になるのは難しいが決して無理ではない

正直言って、これまでアルバイト経験しかない人が正社員になることのハードルは他の経験がある人に比べると高いです。

先ほどのデータを見るとわかりますが、半数の企業はまずフリーターからの採用実績がありません。

25歳までならまだ大卒の既卒(卒業後3年以内)に入るので、わりと正社員になりやすいものの、それ以上になると年を重ねるごとに人間性やアルバイト経験をアピールする機会なく不採用になってしまうことも格段に増えます。

また多くの会社ではアルバイト経験を評価ポイントに見ていますが、正社員として働いていた場合と同様の評価が得られると勘違いしてはいけません。

たとえば正社員として同じ場所で3年働いた人とアルバイトとして同じ場所で3年働いた人なら、評価が高いのは当然前者です。

しかし、だからと言って無理かというと決してそんなことはありません。ブラック企業しか道はないなんてこともありません。

実際、最初から正社員になれた人はたくさんいます。

もちろん正社員を目指した人全てが希望通りなれたかというとそういうわけではありません。100社以上受けてもダメだったという人もいます。

ただ諦めて何もやらないより、とりあえず目指してやるべきことをやった方が正社員に転職できる可能性は大いに高いです。

アルバイト経験しかないことで企業に懸念される理由と対処

ではここからは、具体的に正社員への転職に向けて会社にとってどういった懸念を持たれるか、そしてその懸念をどうクリアしていくかを紹介します。

職歴がない

アルバイトの経験は職歴にはならない為、職務経歴書等では職歴なしと書くことになり、長い空白期間ができてしまいます。

残念ながら自己アピールといった他の部分を一切見ず、この部分だけで書類選考不合格とされてしまう場合が非常に多いです。

こればっかりはとにかく数を打つしかありません。

とにかく多くの会社に応募し、職歴なしでも他の部分を見てくれる会社に当たるのを願う。

手間も労力もかかりますが、アルバイトからでも採用してくれるかどうかなんて求人票からはわかりませんから、とにかくやるしかありません。

考えの甘さ、意識の低さ

これまで就職せず、アルバイトしかしてこなかった人に対して企業側の採用担当者はこんなことを考えます。

  • 働くことに対する意欲が低い
  • 考え方が甘く、楽することしか考えられない
  • 働いても長続きしない

たとえ書類選考を通過して面接までこぎつけることができたとしても、この部分を覆すことができなければ不採用です。

なぜアルバイトをしてきたのか、なぜこの会社を受けようとしたのか、熱意ややる気、目的、真剣さをしっかりアピールする必要があります。

基本的なビジネススキルが身についてない

一度社会人経験があれば身につくビジネスマナーも、アルバイト経験しかない人には身についていないと懸念されてしまいます。

そこまで高いレベルでのマナーを求める企業はそうありませんが、言葉遣い、態度などで最低限のマナーすらできていない人をわざわざゼロから教育しようという気がある企業はありませんから、最低限は身につけ、面接時にはボロがでないように気を付けましょう。

またパソコンも最低限のことはできるようになっておくようにしてください。

文字をまともに打てないではかなり厳しいです。

転職活動が適当になる

正社員としての採用活動はアルバイトのものとはわけが違います。

志望動機が適当だったり、その会社についてろくに調べていなかったり、自己アピールが「長期間続けることができた」なんてものであれば、受からなくて当たり前。

これは極端かもしれませんが、一度も就職活動を経験したことがない人だと手を抜く人は意外に多いです。

そして手を抜いていることはあっけなくバレます。

徹底的に調べ、徹底的に準備しなければせっかく受かるチャンスがあっても受かりません。

ぜひ転職活動には真剣になって下さい。

アルバイトに受かる為に書いた履歴書、アルバイトで行った面接は全く役に立ちません。

一人で転職活動をすることになる

これまで一度も就職活動をしたことがない、転職活動をしたことがない人が、いざやろうと思っても上手くはできません。

しかし多くの人は一人で誰にも相談せずにやろうとしてしまい、誤ったやり方のまま無駄なことに手間と時間を費やしてしまいます。

そうならない為に大切なのは相談できる相手を作ること。身近な人でもいいですから、恥ずかしいと思わずアドバイスを貰えそうな相手を見つけてください。

アルバイト経験しかない人が正社員になる為に

ここからは具体的にこれからあなたがやるべきことを紹介していきます。

難易度が年々上がっていくことを自覚する

まずは気持ちの問題から。

アルバイト経験しかない人が正社員を目指す場合、その難しさから苦労することはやっぱり多いです。

しかし、それで先延ばしはしないでください。

先ほども述べているように、年齢が高くなるにつれて正社員への転職難易度は年々上がっていきます。

これから先のことを考えたら、今が一番難易度は低いのです。

先延ばししている余裕なんてどこにもありません。

職歴がなくても転職サイト、転職エージェントは使うべき

職歴がなくてもハローワークだけではなく転職サイトや転職エージェントは使いましょう。アルバイト経験のみでも使えるし、応募できる求人も豊富です。

特に転職エージェントは利用する価値が高いです。

どのように転職活動をすればいいか、履歴書の書き方、面接での振る舞い方、アピールの仕方など転職活動全般をサポートしてくれます。

転職活動に手を抜いたり、誤ったやり方をしてしまうことの対策になります。

一部の転職エージェントでは職歴がないと登録してもサポートを断られてしまう場合があるのは事実です。

しかし登録は無料だし簡単。やってみて下さい。

アルバイトからの正社員登用は基本的に目指すべきではない

アルバイトから正社員登用という形で正社員を目指すことは相当確実ではない限りおすすめできません。

正社員登用とうたいながら実際はほぼゼロという会社も多いし、たとえ可能性があるとしても数年たってからようやく数%の可能性がでてくるという会社もあります。

時間がたてばたつほど正社員への転職難易度は上がります。

可能性の低いことに淡い期待を抱いている場合は正直ないのです。

まずは最初から正社員を目指すべき

契約社員や派遣社員といった形ならば正社員になるよりもハードルは低いです。

しかし、もし正社員になりたいと考えているならまずは最初から正社員になることを目指しましょう。

契約社員や派遣社員から正社員になれる可能性もゼロではありません。アルバイトから正社員登用される可能性よりは高いです。

しかし、それでも決して可能性が高いとは言えず、結局ほとんどの場合は契約期間が終わるだけになるのがオチです。

真剣に半年やってみて派遣社員や契約社員で職歴を作る

まずは半年くらい正社員を目指した転職活動をやってみて、それでもだめなら契約社員や派遣社員と言った形を考えてみてください。

理想は最初から正社員になること。ただ半年やってだめならば、職歴として認められる派遣社員や契約社員の方がアルバイトを続けるよりも将来の可能性が高まります。

そして1、2年たったらまた正社員を目指した転職活動を始めてみましょう。

最後に

難しい、無理と諦めるのは確かに簡単で楽。

しかしそれではチャンスがどんどん減っていくだけです。

ぜひこの機会に覚悟を決めて、たとえ面倒で大変でもやれることをやってみましょう。

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。

上述したように転職エージェントは専門卒の人にとってもかなり有用ですから、ぜひ活用してください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

また最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

関連記事