アパレル業界には魅力が満載。平日休みも魅力の1つ。

アパレル業界と聞くと、洋服を扱い、おしゃれでかっこいいといった印象があるでしょう。

そのため、アパレル業界で働きたいと希望している方は多く、転職先の候補としても人気があります。

しかし、憧れや表面上のイメージだけでアパレル業界に決めてしまうのは危ないでしょう。

しっかりとアパレル業界の内情を知ったうえで、働くべきかどうか決めるようにすれば失敗も防げます。

そこで本記事では、アパレル業界について詳しく解説していきます。

どのような職種があるかお話するとともに、アパレル業界で働くメリットもご紹介するので、就職先や転職先の選択肢に入れている方はぜひ一読ください。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

アパレル業界について

アパレル業界について

アパレル業界とは、衣料品のデザイン・製造・販売といった衣料品を取り扱う業界です。

簡単に言ってしまうと、洋服などを製造したり販売したりする仕事になります。

そして、洋服は生活の三大要素「衣・食・住」の1つでもあるため、需要がなくなるとは考えられない業界でもあります。

そのため、就職や転職先として選んでも将来性に不安を感じる心配はありません

とはいっても、新型コロナウイルスの影響から転職市場は一時落ち込んだのは事実です。

実際、ここ数年アパレル業界では衝撃的なニュースがありました。

  • フォーエバー21撤退
  • バーニーズNY破綻
  • レナウン破綻
  • オンワードホールディングス大量閉店

しかし、それも2022年になって新型コロナウイルスの猛威が収まる兆しを見せると、採用が活発化してコロナ前の状態へと回復してきました

それについては、以下のグラフをご覧ください。

画像:パーソナルキャリア「アパレル・ファッション業界の「転職求人倍率」(2021年10~12月期)を発表」

洋服は生活の三大要素の1つである点に加えて、近年はECサイトが普及して需要が急激に増加しているのもアパレル業界が復活して要因となっています。

ちなみにECサイトとはいわゆるネット通販で、最近は無料でサイズ交換できたり、バーチャルで試着できたりするサービスが登場したのも需要が増えている要因の一つです。

【各業界のEC化率】

分類

EC化率

2019

2020

食品、飲料、酒類

2.89%

3.31%

生活家電、AV機器、PC・周辺機器等

32.75%

37.45%

書籍、映像、音楽ソフト

34.18%

42.97%

生活雑貨、家具、インテリア

23.32%

26.03%

衣類、服装雑貨等

13.87%

19.44%

出典:経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」

アパレル業界の職種は様々

アパレル業界の職種は様々

アパレル業界と一言で言っても職種は様々です。

有名な職種だと、次の6つがあります。

  • 販売員
  • デザイナー
  • パタンナー
  • プレス
  • バイヤー
  • ECスタッフ

それぞれの職種について詳しく解説します。

販売員

1つ目の職種は販売員です。

販売員は、店舗に立って洋服などをお客さんに提案する接客の仕事になります。

また、接客以外にも在庫管理などの業務を担当します。

販売員の仕事内容

  • 接客
  • 在庫管理
  • 検品
  • 商品のレイアウト
  • 顧客管理

接客業がメインではあるものの、その他にも細かい仕事が多い職種となっています。

特に店長になると、想像以上に管理能力を求められるため、最初は苦労する人が多いでしょう。

また、自社ブランドへの理解を深めるのはもちろん、お客さんの求めている商品が何なのか聞き出すコミュニケーション能力も必要とされます。

デザイナー

2つ目の職種はデザイナーです。

お客さんのニーズやトレンドを調査して、結果を基に洋服などの企画・デザインを担当します。

主な仕事内容は次の通りです。

デザイナーの仕事内容

  • 商品企画
  • デザイン画のスケッチ
  • 素材選び
  • 縫製仕様書の作成
  • サンプル確認
  • コスト交渉

一般的に服飾専門学校を卒業してから、デザイナーの仕事に就く方が多くなっています。

しかし、必ずしも学校を卒業している必要はなく、独学からプロのデザイナーになる方も存在します。

ファッションデザインの知識やスキルはもちろん、ターゲット層の見極めやテーマを決める企画力なども求められる職種です。

パタンナー

3つ目の職種はパタンナーです。

デザイナーが描いたデザイン画から、パターンと呼ばれる型紙を作る職種になります。

主な仕事内容は次の通りです。

パタンナーの仕事内容

  • パターン作成
  • 仮縫い
  • 工場へ送る仕様書の作成
  • サンプル確認
  • コスト交渉
  • 納期管理

仕事の大半をデザイナーと協力して進めるのがパタンナーです。

デザイナーが作ったデザインを正確に表現する必要があるのはもちろん、着心地も意識しなければならないため、服飾の知識とパターン作成のスキルが必須です。

デザイナーに匹敵する専門知識を求められるのも、パタンナーの仕事の特徴となっています。

プレス(PR・広報)

4つ目の職種はプレス(PR・広報)です。

プレスは宣伝・広報活動を通して、自社のブランドや商品をたくさんの人に認知してもらう作業を担当します。

主な仕事内容は次の通りです。

プレスの仕事内容

  • 展示会やショーの準備
  • カタログ作り
  • プレスリリース
  • 広告作成
  • メディア運用
  • 商品の貸し出し

展示会やショーの企画や運営を行って関係者にPRするのが主な仕事なので、高いコミュニケーション能力や交渉力が求められます。

バイヤー

5つ目の職種はバイヤーです。

自社で販売するための商品を探して、買い付けから販売まで管理する職種になります。

主な仕事内容は次の通りです。

バイヤーの仕事内容

  • 市場やトレンドの情報収集と分析
  • 商品選定と交渉
  • 買い付け
  • 販売管理

バイヤーは、ただ好きな商品を買い付ければ良いのではなく、販売計画や市場調査を基に売れる商品を見極める必要があります。

また、生産者と価格交渉する能力がないとバイヤーは務まりません。

ECスタッフ

6つ目の職種はECスタッフです。

ECスタッフは、インターネットを通じて自社の商品を販売するためのECサイト運営を担当します。

主な仕事内容は次の通りです。

ECスタッフの仕事内容

  • サイト制作
  • サイト更新・管理
  • プロモーション
  • 受注処理
  • 在庫管理
  • 出荷
  • 配送
  • アフターフォロー

サイト作成や更新などの業務がメインなため、アパレル業界というよりIT業界の仕事に近い職種と言えるでしょう。

また、出荷や発送業務を担当している方は、アパレル業界よりも運送業界に近いため、様々な業界が合わさった職種となっています。

基本平日休みだが、そのメリットは大きい

基本平日休みだが、そのメリットは大きい

世の中は土日休みの人が多い中、アパレル業界は平日休みの人が大半です。

一見すると平日休みは少数派なので良いイメージが湧きにくいかもしれませんが、実はメリットも数多くあります。。

ここではアパレル業界で働き、平日休みになった際のメリットについて解説します。

どこに行くにも空いている

1つ目のアパレル業界の平日休みのメリットは、どこに行くにも空いているという点です。

世の中の約7割の人が土日休みだとされています。

画像:アエルふくしま「【データでみる婚活】土日祝と平日休みの割合」

つまり、土日は土日休みの方がひしめき合い、どこも混雑しているというわけです。

特にGWやお盆、年末年始といった大型連休の車移動は、大渋滞にはまり移動だけで相当な時間を要するでしょう。

その点アパレル業界なら、通常の休みや連休が土日休みの人たちとズレるため、混雑を避けて出かけられます。

土日休みの方なら感じる人混みや渋滞のストレスも、アパレル業界の平日休みなら無縁のためストレスフリーで楽しめます

平日割引が適用される

2つ目のアパレル業界の平日休みのメリットは、平日割引が適用されるという点です。

平日は、どの行楽地や商業施設もお客さんが少なく頭を悩ませています。

そして、平日の利用者を増やそうと様々なサービスで平日割引が用意されています

例えば、高速道路は通行料金の約30~50%割引になるため、大幅に安い料金で利用できます。

他にもホテルや飛行機も半額以上割引されるため、土日しか出かけられない人よりも安い料金で旅行などを楽しめるのです。

休日に病院や郵便局、銀行などに行ける

3つ目のアパレル業界の平日休みのメリットは、休日に病院や郵便局、銀行などに行けるという点です。

病院や郵便局などの施設は、基本的に平日しかやっていません

そのため、土日休みだと仕事の合間を縫って足を運ぶか、平日などに有給休暇を取得して行く必要があります。

その一方、平日休みなら病院や銀行などを巡るのに貴重な有給休暇を消化する必要がないため、有給休暇を自由に使えるというのもアパレル業界の大きなメリットと言えるでしょう。

自分の時間を取りやすい

4つ目のアパレル業界の平日休みのメリットは、自分の時間を取りやすいという点です。

子どもがいる場合は特に、学校が土日祝日休みとなるため付きっきりになることが予想できます。

平日休みは家族との時間が合わないことが多いためデメリットと感じる方もいますが、前向きに捉えると自分の時間を作りやすいとも言えます。新しい洋服のチェックや着こなし方の勉強のほか、趣味に時間を使えるのはメリットになるでしょう

予約が取りやすい

5つ目のアパレル業界の平日休みのメリットは、予約が取りやすいという点です。

アパレル関係に勤める方は、特に身だしなみに気を付けている傾向があります。

美容室やエステ、脱毛サロンのほか、旅行のような予約がいるところも希望日に取ることができるでしょう。

アパレル業界といえば社販!自社ブランドをお得に購入できる

アパレル業界といえば社販!自社ブランドをお得に購入できる

アパレル業界には、社販と呼ばれる制度があります。

社販とは社員販売の略語で、自社で取り扱っている商品を販売価格よりも安い値段で購入できる制度です。

福利厚生の一つとして社販を取り入れている企業は多いです。。

この社販を利用すれば、大体定価の30〜80%で自社の服を購入できるため、人気の洋服を安い値段で手に入れられます

ちなみに、アパレル販売員の1か月の平均購入額は2~3万円程度です。

春夏は軽装が多いため1~2万円程度で、厚手の洋服が増える秋冬は2~5万円程度になります。

社販の割引率

  • ファストファッション系:30%程度
  • 百貨店・セレクトショップ系:50~70%程度

社販がある理由

アパレル業界の中でも特に販売員は、宣伝のために勤務中は自社ブランドを着用しなければならない決まりがあります。

実際に着用してブランドの世界観をアピールするとともに、着こなしやコーディネートをイメージしてもらうため非常に大切なのです。

しかし、仕事で着用するからと言って自腹で社員に買ってもらうと、販売員の金銭的な負担が大きくなります。

その負担を少しでも軽くするため、社販という制度を設けているのです。

自分好みの洋服を扱っている会社で働けば、好みの服をたくさん買えるうえに洋服代も大幅に抑えられるメリットがあります。

服好きや興味がある人ならアパレル業界の魅力を最大限に感じられる

服好きや興味がある人ならアパレル業界の魅力を最大限に感じられる

今回は、アパレル業界について解説しました。

アパレル業界と一言で言っても、販売員やデザイナーの他にも様々な職種があると分かりました。

また、新型コロナウイルスの影響から外出する人が減り、一時期は市場規模が減少傾向にあったアパレル業界も、2022年に入ってコロナ前の状態を取り戻しつつあります。

そして、アパレル業界の転職市場もコロナ前と同じくらい回復しているため、転職するなら今のタイミングがベストと言えるでしょう。

ちなみにアパレル業界は未経験者でも受け入れてもらいやすい業態なので、服が好きな人はもちろんのこと、業界についてあまり詳しくない人でも転職可能です。

特に転職エージェントを利用すれば、アパレル業界の転職事情に精通しているアドバイザーが手厚いサポートをしてくれるため、スムーズに転職活動を進められます。

徹底したサポートが受けられる転職エージェントは利用料が一切かからないので、誰でも気軽に利用できます。

もし、あなたがアパレル業界に興味を持っているなら、ぜひ転職エージェントをフル活用して憧れのアパレル業界に転職してみましょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)