アパレル業界を辞めたいと思った時に未経験でも異業種に転職を成功させるポイント。

一見華やかなアパレル業界ですが、実情はそのイメージとは真逆で、離職率も高い厳しい業界となっています。

実際、現時点で働いている人の中でも辞めたいと思いながら働いている人もかなりいるのではないでしょうか。

そこで、今回はアパレル業界からの転職について紹介していきます。

関連:給料が少ないことが原因で転職する場合の注意点

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

アパレル業界は大変、辞めたいと思う人も多い理由

離職率の高いアパレル業界ですが、実情を知ればそれも仕方のないのかなと思う理由が多々あります。

給料が低い

まず一つ目が給料の低さです。

アパレル業界は他業界から比べても給料は低い傾向があり、

手取りで20万円きるこどころか、15万円をきることも少なくありません。

ボーナスもなく年収で言えば200万円から300万円程度であることが多いみたいです。

店長になったところで昇給額はしれており、むしろ責任が高く激務になってメリットが何もないと感じる人も少なくないでしょう。

休日はシフト制で少ない

販売員の場合、当然土日や祝日は休みではなく、GWや年末年始も出勤しなくてはならないことがほとんどです。

休みは平日に1日から2日程度で、年間休日数も100日をきるなんて場合も多々あります。

自腹で服を買わなきゃならない

販売員の場合は特に、そのお店で売っている最新の服をきて店頭にたつことが必要になります。

ただ、その服が会社から支給してもらえればいいのですが、自腹で買わなきゃいけない場合が多々あります。

多少の社割があるといってもかなりの負担。

ただでさえ少ない給料から、さらに服を買わなくてはならずに生活が苦しいと嘆く人も少なくありません。

ノルマがきつい

販売員の場合は、ノルマがあることも仕事が辛いと思う原因の一つ。

ノルマが達成できなかった時には、自分で買わなくてはいけなくなるようなところもあるみたいです。

毎月ノルマがあるのは正直精神的にかなりきついとおみます。

接客が辛い

接客自体にも辛い部分がありますね。

みんながみんな良いお客さんというわけではなく、なかには理不尽なことを言ってくるお客さんもいて、接客でかなり四苦八苦する人も少なくはないでしょう。

特に転職など責任のある立場になると、何かと対応しなくてはいけないことも多くなり、かなり大変だと思います。

アパレル業界を辞めたいなら思い切って異業種に転職しよう

そんなアパレル業界であっても、魅力を感じ、やりがいを感じ働くことができているならそれはそれでいいでしょう。

しかし、不満が大きすぎて、今後も働き続けることに不安を感じているならば思い切って他の業種に転職することをおすすめします。

給料にしろ、休日数にしろ、仕事の内容にしろ、労働環境にしろ、業界を変えたほうが改善される可能性は非常に高くなります。

これまでアパレル業界で働いてきて、今から他の業界に転職できないだろうなんていう考えは間違いで、未経験であっても十分に異業種に転職する可能性はあります。

アパレルから未経験への業界に転職を成功させる為のポイント

では、ここからはアパレルから未経験の業界に転職を成功させるポイントを紹介していきます。

雰囲気で業界、仕事を決めない

アパレル業界で長く仕事をしていると、なかなか他の業界がどんな仕事をしているかはわかりません。

そんな時、もしも気になる業界があったら扱っている商品や仕事内容、利益の上げ方、業界の動向、競合他社などはよく調べるようにしてください。

アパレルからだけに限らず、異業種に転職を考えている人で、なんとなくの雰囲気だけで決めている傾向があります。

しっかり業界について調べることは面接時にも役に立ちます。

面接でその業界の話をされた時に答えることができなければ熱意がないと判断され、不採用となってしまいます。

経験を生かせる職種を狙う

これまでの経験を全く生かすことができない未経験への転職はかなり厳しいものがあります。

しかし、アパレル業界でこれまで働いてきた経験を生かせる職種は確実にあります。

アパレルの販売員から転職するのが多い職種は事務や営業といったものです。

せっかくの経験をガンガンアピールしよう

これまでの経験は、たとえ未経験の職種に転職する場合であってもアピールの仕方によって十分評価されるものです。

コミュニケーション能力やノルマ達成に向けて工夫したこと、お店全体として何か改善したことなどを実績交えて話せば、面接官に能力の高い魅力的な人間だと思わせることは十分に可能です。

転職のテクニックはプロに任せればよし

転職にはテクニックがあります。

仕事の探し方、履歴書の書き方、面接のやり方など、自分ひとりでやろうとしても中々難しいです。

アピールの内容、言い方にしたって一歩間違えばプラス評価がマイナス評価になることだってあります。

ただ、そういったことはプロに任せれば心配ありません。

転職エージェントは無料で利用でき、転職に関すること全般をサポートしてくれます。

転職活動は思ったよりも大変ではない

これまで転職活動したことない人にとって、転職活動はなかなか大変なイメージを持っている人もいるかもしれません。

確かに一人でなんでもやろうとしていると大変なんですが、今は無料で使える転職サービスが充実していて、思ったよりは大変ではないと思います。

転職サイト、転職エージェントを有効活用してけば、最小限の手間で転職を成功させることができるでしょう。。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. ビズリーチ

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

ビズリーチ

対象の年代30代~50代
どんな人に向いている?・キャリアアップ・年収UPを実現したい方
・現在の年収が400万円以上の方
・積んだキャリアを生かして転職したい方
・スカウトを受けたい方、転職を受け身で進めたい方

ビズリーチは大半の求人が年収600万円以上ミドル~ハイクラス向けの転職サービスです。

ビズリーチでは企業かヘッドハンターからスカウトを受けることで転職活動が始まり、転職エージェントとは転職の流れが異なります。

「スカウト」と聞くと、難しそう・敷居が高そうなどというイメージがあるかもしれません。しかし現在の年齢が30代以上、年収が400万円以上であればスカウトを受けられる可能性は十分にあります。

求人数も12万件以上と申し分なく、スカウトを行うヘッドハンターは4,000人以上在籍しています。

ビズリーチは自分の経験を生かして年収アップ、キャリアアップをしたい方にお勧めの転職サービスです。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い