社会人3年目は転職のタイミングとしてどうなの?もう少し待つべき?

社会人3年目になり、転職を考えている人にとっては今すべきか、もう少しまってからにすべきかと悩む人は少なくないはず。

そこで今回は社会人3年目が転職タイミングとしてはどうなのか、転職する必要がない人はどんな人かというのを紹介していきます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

社会人3年目は一般的には転職のタイミングとしていい時

そこまで追い込まれてない状態であれば、どうせなら良いタイミングで転職したいと言うのは誰もが思うことでしょう。

社会人3年目の人は、大きな傾向として転職としては良いタイミングにあります。

第二新卒としての転職が可能

社会人3年目で転職する場合、ほとんどが第二新卒として転職することになります。

第二新卒転職は一般的に新卒で入社して1年目から3年目の人が対象となっているもので、経験やスキルを重視されるのではなく、ポテンシャルを重視される傾向にあるという特徴を持っています。

この第二新卒に該当する年齢層の需要は非常に高く企業側も大手を含めて積極的に採用活動を行っています。

また即戦力としての能力を望まれているわけではない為、職種や業界を変える転職がしやすいといった特徴もあります。

すなわち、第二新卒というのは転職自体がしやすく、選択肢も上の年代に比べて多いというメリットを持っているわけです。

新卒枠での転職が可能

大手企業を中心に、一度就職して社会人を経験した人でも入社3年以内であれば新卒枠での応募を可能とする企業が増えてきました。

就活で失敗した、希望の会社、希望の業界に入れなかったという人はリベンジするチャンスがあるのです。

ただ4年目になってしまうとそれができなくなります。

3年目は新卒枠で応募できる最後の年なのです。

それなりに長く働いてきた実績、仕事での経験もそれなりに認められる

企業が欲しいと思っている第二新卒者ですが、懸念していることもあります。

それは「すぐ辞めるのではないか」ということです。

企業側にとって第二新卒者は、若くてまだ染まり切っていない上に、新卒者に比べるとビジネスマナーが身についている、少なからず仕事を経験し仕事の進め方がわかっている、他の業界・会社を経験して視野が広がっているというメリットがあります。

しかし、せっかく入社した会社に長いこと勤めずに転職するという実績から採用してもまたすぐ辞めるかもしれないリスクがあるというデメリットもあります。

せっかく採用してもすぐに辞められてしまっては単なる損にしかなりませんから、企業はそういう人をなんとしても避けようとします。

ただ3年目まで同じ会社で働いてきたのであれば、そういった懸念が他の1年目、2年目の人に比べて少なくなります。3年目まで働いてきた実績は十分に誇れることだし、認められることなのです。

また3年目ともなればそれなりの経験、スキルが身についているはずで、その点を高く評価してくれる会社というのも少なくありません。

仕事・会社を見極める十分な期間を過ごしている

仕事について、そして会社についてまだ何もわかっていないうちに思い込みから焦って転職してしまうことは、後悔の原因になります。

1年目の人に多い転職の失敗理由です。

ただ3年目ともなれば、もう仕事や会社を見極めるのには十分と言える期間を過ごしています。

2年以上不満を感じていた仕事、会社が、これから改善する可能性や気持ちが変わる可能性は、もちろんゼロではありませんが1年目・2年目の人に比べるとずっと低いです。

転職するに値するまっとうな理由をもっているから転職は非常に価値のあるものになります。

ただしこんな人は無理に転職する必要はないかも

では3年目ならばみんながみんな転職すれば良いかというと、決してそういうわけではありません。

たとえば以下のような人は無理に転職する必要はありません。

今の仕事でキャリアアップを狙った転職を希望している

今の仕事を今後も続けていくつもりで、転職でキャリアアップしていきたいと考えているならばわざわざ第二新卒のうちに転職する必要はないかもしれません。

たとえ4年目以降になっても「経験者採用」という枠でキャリアアップできるチャンスはあるのです。

もちろん必ずしも転職する必要がないというわけではなく、あまりスキルが身につかなそう・成長できなさそうな会社であったり、今いる会社がブラック企業というのであればすぐにでも転職すべきでしょう。

ただ無理に転職にこだわるのではなく、今の会社でスキルアップした上で転職するということも検討しておいた方が良いでしょう。

年収ダウンはなんとしても避けたい

第二新卒は年収アップよりも年収ダウンするケースが多いです。

たとえば全国求人協議会が調査した結果によると、第二新卒として転職した場合の年収の変動は以下の通りになっています。

  • 1割以上の減少・・・45.6%
  • 1割未満の変動・・・25.3%
  • 1割以上の増加・・・29.1%

減少が増加を16%上回っています。

特に3年目というのは第二新卒転職で年収ダウンするケースが多いです。

第二新卒として転職した場合だと新卒初任給並みか、それより少し多いくらいになってしまいます。

もし3年目の時点でで初任給から大幅な年収アップをしている人は、大幅な年収ダウンとなってしまうこともありうるのです。

第二新卒での転職は短期的な年収ではなく、長期的に考えることが大切ですが、どうしても年収が下がるのが嫌だという人には向いてないかもしれません。

転職活動してみたけれど納得できる企業から内定を貰えなかった

実際に転職活動をしてみた結果、良い企業に巡り合えたらもちろん転職すべきです。

しかし、中には当然うまくいかない人だっています。

そんな時、無理に転職にこだわってしまうのはNG。

3年目だと、第二新卒として転職できるのは最後の年だからと、納得できる企業でもないのに、冷静に考えれば転職しない方が良いのに、無理に転職に踏み切ってしまう人がたまにいます。

当然後悔する原因になるので注意しましょう。

ただし、いずれは転職と考えているなら転職活動をやってみる価値はある

ただ、3年目であればどういった人であれ、たとえば上記のような場合であってもとりあえず転職活動してみるというのは大いにありだと思います。

うまくいかないかもしれませんし、最終的には転職しない方が良いという結論になるかもしれませんが、チャンスはあります。

第二新卒転職は大手も多数採用、4年目以降に転職する場合よりもしやすいケースも

第二新卒転職は大手企業でも多数採用活動を行っています。

もちろん倍率は高いですし、難易度も高いですが、チャンスはあるわけです。

もし希望の会社があるならば受けてみるにこしたことはありません。中には4年目以降に転職する場合よりもしやすいケースがありますから。

だめでもともと、とにかくやってみるというのも大事。そこからうまくいった人というのもたくさんいるのです。

年収が下がるとは限らない

先ほども述べたように、第二新卒での転職は年収が上がるよりも下がる可能性の方が高いです。

ただあくまで可能性。先ほどのデータによると、3割近くの人は年収が上がっています。10人に3人という確率ですから、決して低くはない確率です。

もしどうしても年収が下がるのは嫌なら、そこにこだわって転職活動をしてみるというのも良いのではないでしょうか。

もしかしたら年収を維持したまま希望の会社、希望の仕事に転職できるかもしれませんし、うまくいけば年収が上がるかもしれないのです。

自分の市場価値がわかったり、視野が広くなることが今後の社会人生活に活きる

転職するしない関係なく、若いうちにとりあえず転職活動をするというのは今後の社会人生活で非常に役立ちます。

自分の市場価値がわかり、転職市場の動向がわかることで今後どういったことに力を入れていけばいいかに気づくことができたり、色々な会社を調べて知ることで視野も広くなります。

学生時代の就職活動ではよくわからなかったことも、一度社会人を経験した今だからこそ、得られることは本当に多いです。

まとめ

昔は「とりあえず3年」なんてことがありましたが、今は第二新卒転職も活発で全くそんなことはなくなりました。

はっきり言って3年目は転職するに良いタイミングです。

あとは自分次第。

転職するかしないかも、転職活動するかしないかもあなた次第です。

いまはタイミングではない、そんな言い訳はもうできません。

ぜひ、このタイミングを逃さず将来に向けて自分のベストな形を考えてみましょう。

第二新卒におすすめの転職サービス

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

ここは20代が対象で若手向けの転職サービスとしては業界トップクラス。20代後半や第二新卒者はもちろん、既卒者やフリーターなど社会人経験がない人でも利用できる転職サービスです。

特に未経験者の転職に対してかなりの強み、そして実績を持っている為、仕事を変えたい・新たな仕事にチャレンジしたいという人せやはぜひ利用してみて下さい。

人によっては大手転職サービスだと利用を断られてしまうケースもあるので、敷居が低いという点も大きな魅力でしょう。

またカウンセリングや選考対策などにも強く、書類選考通過率の実績91.4%、内定率80.4%という実績があります。

私自身以前こちらに伺わせていただきましたが、かなり転職者に対して真剣に接してくれるという印象でした。実際手厚いサポートに関しての評判も良いです。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT