入社3年目以内の人が知っておくべき第二新卒転職の現在の状況

入社3年以内を対象とした第二新卒転職。現在この転職が非常に活発になっています。

しかし、その対象であるにも関わらずその転職がどういった状況なのかはもちろん、それどころか第二新卒という名称すら知らないなんて人が意外にも多いように感じます。

そこで今回は、第二新卒転職について現在の状況を紹介していくことにします。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

入社3年以内でも大丈夫、今より良い会社に転職できる可能性は十分ある

とりあえず3年働かないと評価はされない。3年未満で転職する人はすぐ辞める人間だと思われてまともな会社に転職できない。

もしそんな認識を持っているのであれば、まずはすぐに改めるべきです。

入社3年以内だからと言って、それを理由に転職に対して躊躇したり引け目を感じるような必要はありません。

今より良い会社に転職できる可能性は大いにあって、転職できないと決めつけてしまうのはただ損なだけなのです。

知っておくべき第二新卒転職のあれこれ

では、第二新卒というものが一体どういった状況にあるのか、知っておくべきことを紹介して行きます。

需要が高く、選択肢も豊富

第二新卒者に対する需要は、現在非常に高くなっています。

多くの企業で人手不足となっているというのはニュースにもなっていて、聞いたことがあるという人も多いでしょう。その中でも特に顕著なのが20代前半の第二新卒者層なのです。

それ故に、求人自体は非常に多いです。

また単に求人が多いだけではありません。様々な職種での求人があり、選択肢も豊富となっています。

どうせ営業とか販売しかないのではないかと思っていませんか?第二新卒の求人は決してそんなことありません。

大手企業も第二新卒転職に積極的

求人の中には大手もたくさんあります。

第二新卒採用は単に新卒で人が集まらなかったからだとか、離職率が高く入社後に辞めた人の分を補わなくてはいけないからといった理由ばかりではありません。

第二新卒者の中にも優秀な人がいるので大きな母数の中から人を選べるだとか、若くありながらも他社での経験があるといった理由から積極的に採用しているのです。

基本は3年目までだが厳密な定義はない

第二新卒は一般的に新卒入社3年目以内だとされていますが、そこに厳密な定義がなく企業によって若干異なります。

例えば4年目や5年目までとしている場合もあるし、年齢で区切って25歳以下、28歳以下、30歳未満としているところもあります。

ただ最も対象となっている場合が多いのは3年目までなので、もし第二新卒としての転職を考えているならばその期間内で行うことをおすすめします。

職種経験が重要視されないので、仕事を変えることが容易

第二新卒転職ではビジネスマナーが身についているのかなど社会人としての経験は重視されますが、業種・職種での経験が重視されません。

それよりも重視されるのは、その人自身のポテンシャルです。

だからこその大きなメリットが今の仕事を変えやすいという点。

違う仕事に就きたい、配属先が希望と違うものだったなど仕事内容に不満を抱えている人は少なくないはず。そんな人は第二新卒として転職できるうちにしておいた方が良いでしょう。

年齢が高くなるにつれてその職種での経験が重視されるようになる為、どんどん難しくなってしまいますからね。

入社後すぐ辞めることに対して寛容

短期離職は転職においてやはりマイナスとなる点です。企業にとって、入社後すぐに辞められてしまうのは絶対に避けたいですからね。

ただ第二新卒者に対してはこの短期離職が寛容です。

そもそも第二新卒という枠で採用している時で応募者はみんな3年以内に退職したか、これから退職する人ですし。

もちろんなぜ退職するのか、またはしたのかという理由は重要視されます。

ただそれが納得できるものであれば、すぐ辞めるリスクが高い人なんて印象を持たれることはありません。

給料は上がる?下がる?

第二新卒転職の場合、転職後の給料が1年目と同等になる場合があります。

初任給からすでに幾分か昇給している人がこのような形で転職すると、給料は下がることが多いです。

もし昇給額の多い会社、元々の初任給が大きい会社であれば、大幅ダウンもあり得るでしょう。

ただそういった会社ばかりではなく、3年目なら転職後も3年目の給料を貰えるという場合もあります。

この場合だと給料は下がるとは限らず、むしろ上がることもありえます。

特に元々給料の低い仕事をしていた人は、給料がアップするチャンスは大いにあるでしょう。

実際、月給が18万円から24万円に上がりボーナスもアップしたなんて人もいました。

なおある調査では45%の人が1割以上の減少でしたが、1割以上アップしたという人も約30%いたという結果になりました。

転職満足度は高い

入社3年以内に第二新卒として転職した人のうち、7割以上の人が転職したことに満足しているという結果が、公益社団法人の全国求人情報協会の調査によってわかりました。

満足度は思いのほか高いのです。

よく何もわかっていないうちに転職したら後悔するなんて言って転職を反対されますが、実際はそんなこともないということがわかる結果です。

お金は思いのほかかかってしまうかも

転職前にぜひ知っておいて欲しいのが、お金が思いのほかかかってしまうという点です。

まず挙げられるのが転職活動時の交通費。

近場であればそこまでかかりませんが、もし遠方となれば交通費も高額になるし、場合によっては宿泊費も必要になります。

そしていざ転職先が決まって転職となった場合は引っ越し代が必要です。

第二新卒者の場合は寮に住んでる人も多いでしょうから、もし近場であっても引っ越しが必要となるケースが多いです。

私の周りでも金銭面で苦労した声はやはり多いです。

退職金はでない

残念ながら退職金はほぼでません。

会社にもよりますが、ほとんどの会社では退職金の支給条件が勤続3年以上。

入社3年以内に第二新卒として転職すると、この支給条件を満たせずに退職することになるので退職金はゼロなのが一般的です。

多少はでるだろうと思って転職に踏み切ると後で痛い目を見ることになるので注意が必要です。

転職するか悩む前にぜひ知っておいてほしいこと

こういった状況にある第二新卒転職。あなたはこれからどうしようと思いましたか?

もちろん転職しないというのも立派な判断です。

ただもし転職したいという気持ちがありながらも、どこかで踏み切れずに悩んでいるのであれば、決断する前にどうぞこのことを知ってから考えてみてください。

仕事を続けることにこだわりするとチャンスを逃す

辞めるよりも続ける方が良いことだ。盲目的にそんなことを思ってしまっていませんか?

ただそれは間違いです。

もちろん、ちょっと嫌なことがある度にすぐ辞めていてはきりがありませんし、踏ん張ったからこそ成長できることだってあります。

しかし続けることによって失うことだってあるということを忘れてはいけません。

第二新卒として転職できるのは今だけです。今だからこそ持っている機会です。

今の自分にとってどっちが正解か、どっちの方がメリットが大きいのか。思い込みは辞めて冷静になって見つめ直してみましょう。

転職は恥でもなんでもない

入社した会社を3年以内に辞める、そして転職する。これは恥でもなんでもありません。

もしかしたら周りからあれこれ言われることもあるかもしれませんが、気にする必要なんて全くないのです。

無駄なプライドを持ち、周りの視線を気にしてばかりいて、自分が本当にしたいと思っていることをできずにいると、この先大きな損をすることになります。

失敗の形

もちろん第二新卒としての転職が失敗する人もいます。たくさんいます。

そしてその事実をよく知ると良いでしょう。

どういった失敗をしているのか、なぜ失敗することになったのか。

それを知れば、転職時にどういった点に気を付けなければいけないのか、より自分事としてとらえることができるようになるはずです。

参考:第二新卒者の転職は難しい?よくある失敗事例とその対策

第二新卒転職は十分にやってみる価値のあること

転職するのが良いのか、それとも仕事を続けるのが良いのかはそれぞれです。

その点は自分でしっかり考えなくてはなりません。

ただ一つ言えるのは、第二新卒転職は十分にやってみる価値があることだと言うこと。

今の仕事がどうしようもなく嫌、他にやりたい仕事がある、もっと条件が良い会社で働きたい。

そんなことを感じているなら、まずは転職活動だけでもやってみましょう。

おすすめ転職支援サービス

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあってdodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントなどがあります。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事