この記事では、新卒1年目というまだ新入社員と呼ばれる人たちが転職する際の注意すべきポイントを紹介します。

1年目だからと言って転職を躊躇する必ようはありません。いくつかポイントをしっかり押さえておけば、あなたの転職はきっと成功するはずです。

関連記事

新卒1年目の転職状況を知る

まずは新卒1年目での転職状況を知るところから始めましょう。

第二新卒の転職が活況で、1年目でも転職はしやすい状況

以前までは「とりあえず3年」なんて言う言葉もあり、3年どころか1年もたっていない状態で転職するなんてことは避けるべき、もし転職しようと思ってもまともな会社に転職することなんてできないという雰囲気がありました。

しかし現在は全くそんなことはありません。

新卒1年目から3年目を対象とした第二新卒転職がかなり活況となっており、たとえ新卒入社1年目でも非常に転職がしやすい状況となっています。

まだ1年目だから転職なんて無理と諦める必要はなく、転職活動をやってみる価値は十分あると言えるでしょう。

第二新卒転職では大手企業も多数実施

第二新卒採用をやっているのは新卒採用で人が集まらない中小企業ばかりではないのかなんて思う人もいるかもしれませんが、実際にはそんなことありません。

第二新卒採用を行う目的は単なる人手不足解消、若手不足解消だけではなく、第二新卒の中にもポテンシャルが高い人が多数いる、ビジネスマナーがすでについている、他社・他業種を経験しているということが強みを持っているなど様々。

そしてこれらの理由から、大手企業でも採用活動が積極的に行われているという実績があります。

毎年の採用計画に「第二新卒採用」として一定人数を織り込んでいる大手企業も少なくありません。

マイナスポイントがないわけではないが、プラスポイントの方が多い

1年目で会社を辞めるというのは確かにマイナスポイントになります。

すぐ辞めたという実績、忍耐力やストレス耐性が弱いのではないかという不安、仕事に対して甘えを持っているのではないかという不安は採用する上で懸念されてしまう項目です。

しかしその一方でプラスポイントも多いです。

若い、他の会社や他の業界に染まり切っていない、一度の失敗経験が生きる、熱意があるなどの点です。

1年目の転職は決して不安になる必要などなく、十分成功できる可能性を秘めています。

業種・職種経験よりもポテンシャル、未経験職種への転職ができる

中途採用では基本的に業種経験や職種経験を重視されます。通常であれば、○○の業務経験3年以上と言った応募条件が課されている場合も少なくありません。

しかし第二新卒採用においてはそういったことがなく、むしろ求められるのはポテンシャルの高さや熱意・やる気といった点です。

以下は厚生労働省の「若年者雇用を取り巻く現状」に記載されている、採用選考での重視項目です。

採用選考の重視項目

これを見ても、第二新卒では実務経験が重視されないということがわかります。

そして実務経験が重視されないということは、未経験職への転職がかなりしやすくなっているということです。

応募条件に課されないどころか、選考時に未経験であることが不利になることもなく、キャリアチェンジが非常に容易にできます。

配属が希望通りに行かなかった、思っていた仕事とは全然違っていたなどの不安を抱えている人は多いはずですから、そういった人はぜひこの機会での転職を活かすべきでしょう。

転職の成功率はかなり高い

就職してすぐ転職なんて後悔するだけだ、他の会社も何も変わらない、どこに行っても通用しない、甘えているだけだ。

よく言われる言葉です。

しかし、実際は全くそんなことはありません。

全国求人情報協会が調査した結果によると、第二新卒の転職満足度は70%以上。満足していない人よりも転職して良かったと感じている人の方がずっと多いのです。

どうせ失敗するから・どうせ後悔するからなんて思わずに、どうすれば成功するのかを考えることが大切です。

参考:第二新卒転職の成功率は非常に高い、もしブラック企業に就職したなら3年なんて言わずにすぐ転職すべき

給料の変動について

第二新卒転職、特に1年目での転職の場合だと、給料はその会社での初任給になる場合が多いです。

その為、初任給が高い会社に転職すれば給料は上がるし、逆に初任給が低い会社に転職すれば給料は下がるということになります。

ただ初任給にはそこまで大きな差はありませんから、そこまでの変動とはなりません。

これが2年目、3年目となると大幅に下がってしまうケースもあります。

2年目や3年目でも第二新卒として転職すると、未経験と言うことで1年目の給料を設定される場合があり、2年目・3年目で昇給しているとその分だけ給料が下がってしまうからです。

転職活動期間や転職応募社数

第二新卒は需要の高さもあって、他の年代に比べると転職活動期間は短く、また転職応募社数も少ない傾向にあります。

一般的な平均値としては、転職活動期間が1ヶ月半~2ヶ月、応募社数が10社程度となっています。

新卒1年目の転職について注意しなければいけないポイント

ではここからは、1年目で転職する場合の注意しなければいけないポイントを紹介していきます。

転職活動では転職エージェントを使うべき

まず転職活動では、ぜひ転職エージェントを使うようにして下さい。

転職活動全般を無料でサポートしてくれる転職エージェントは非常に役に立ちます。

1年目なんて言うまだ社会人経験の浅い人が転職エージェントを使おうとしても断られてしまうだけではないかなんて思う人もいるようですが、全くそんなことありません。

大手転職サービスであるdodaリクルートエージェントは今第二新卒にかなり力を入れていますし、またハタラクティブのように第二新卒をメインに扱っている転職エージェントもあります。

使うのはハードルが高いと思いきや、むしろかなり力を入れてサポートしてくれるのです。

空白期間は極力しない方が良い

中には一度辞めてじっくり考えてから転職活動を始めたいと思っている人もいるかもしれませんが、空白期間はできるだけ開けない方が良いです。

1年目での空白期間が転職活動に与える影響が大きいです。

同年代の差が一気に開いてしまうという点に加え、仕事に対するモチベーションの低さやストレス耐性が懸念されるようになってしまう為です。

元々就職してたいして期間がたっていないのに転職するということで、仕事へのモチベーションやストレス耐性には懸念を持たれています。

そんな中で長い空白期間というさらに後押しするような理由ができてしまうと、転職活動ではかなり不利になってしまう可能性が高くなります。

基本的に退職金はでない

退職金がでるのは勤続3年以上。一部の会社では1年目でも退職金を出してくれる会社もありますが(金額はごくわずかだが)、基本的に1年目で退職すると貰えません。

その為、転職にかかるお金は自分の貯金からださなければなりません。

近場で、かつ引っ越しも必要なないのであればそこまで心配する必要はありませんが、遠い場所だと面接での交通費が必要だし引っ越し代もかかります。

また近場であっても現在寮や社宅に住んでいる場合も引っ越し代がかかります。

それらをまかなうだけの貯金があるのか、転職でお金に困ることはないかはあらかじめしっかり計画をたてておくようにしましょう。

ちなみに大手では引っ越しに伴う費用を出してくれる場合もあります。もし気になる場合は転職エージェントの担当者に確認してみると良いでしょう。

転職後のボーナスは満額でない可能性大

入社1年目の場合、もしそのまま勤続していると夏ボーナスは寸志程度で冬ボーナスから満額が貰えます。

なぜなら、夏ボーナスの査定期間は前年度の10月から3月で査定期間に在籍しておらず、冬ボーナスの査定期間は4月から9月で査定期間に全て在籍しているからです。

では転職した場合だとどうなるでしょう。

たとえば7月に転職した場合、冬ボーナスの査定期間の在籍状況は7~9月の半分のみとなります。

その為、冬ボーナスは満額支給とはならず、半額程度になってしまうわけです。

あらかじめ、その点は頭にいれておくと良いでしょう。

以下でそれぞれの転職月でのボーナス支給状況を紹介していますので、気になる方は見てみてください。

参考:転職後のボーナスで満額を貰えるのはいつから?最初は寸志程度?

半年以内は有給休暇がまだないケースも、面接日程は要調整が必要

有給休暇の付与義務は法律で入社から半年後と決められています。一部の会社では入社直後に多少の有給を付与してくれる場合もありますが、入社半年だとまだ有給休暇は一切ないという場合も多いです。

その為、面接日程はかなり慎重に、そしてしっかり調整しなければいけません。

風邪などを理由にするにして欠勤や早退するとしても、そう何度もは使えませんから、同じ日に何社も面接をできるようにしましょう。

また最近は就業時間後に行ってくれる会社、土日など休日に行ってくれる会社などもありますから相談してみましょう。

ちなみに面接日程については転職エージェントが調整等を行ってくれます。これも転職エージェントを使ったほうが良い理由の一つです。

翌年に住民税の支払いがある

住民税は昨年の年収によって支払い額が決まります。

たとえ今年の収入がゼロだったとしても、昨年に収入があれば支払わなければいけなくなるわけです。

もしすぐに転職して働いていればいいのですが、転職せずにたとえば学校に通うなどをした場合だと貯金がなくて払えないなんてことになりかねません。

すぐに転職する気の人は気にしなくても良いですが、そうではない人は気をつけるようにしましょう。

派遣や契約社員への転職は極力避けるべき

第二新卒というのはかなり転職がしやすい期間です。

そして20代後半、30代と年齢が上がっていくにつれて実務経験が求められるようになり、転職の難易度が上がります。

もし第二新卒の期間内を派遣社員や契約社員になってしまうと、ずっと正社員として働いて人に比べると実務経験が劣り正社員への転職がしにくくなってしまうので気を付けましょう。

もし特別な目的・理由がないならまずは正社員への転職を目指して転職活動を行うようにしましょう。

転職に対しては正直反対意見も多いが、あくまで参考程度で気にしない

1年目での転職となると、周りからはあまり賛同されない可能性が多いです。

まだ早い、もう少し働いてからにした方が良い、まともな転職先なんて見つからない。

人によっては家族・同僚・友人などに厳しい言葉を投げかけられてしまうことは多いでしょう。

ただそれで転職をあきらめてしまうのはもったいないです。

周りはあなたが何を考えているかもわからず、1年目の転職事情(成功率は高い、需要は多いなど)もわからず、イメージや決めつけだけで言っている場合が非常に多いです。

もちろん転職して後悔する人もいます。うまくいかない人もいます。

ただそれは転職活動をやってみてから考えても遅くはありません。1年目で転職したことがない人から言われることは参考程度にしておきましょう。

退職時は何かと嫌みを言われることも多い

上司に退職を告げると、強い引き止めからあったり嫌みを言われるというケースも少なからず散見されます。

特に1年目という短期間で退職する場合はそういうことが起こる可能性が多いです。

基本的には気にせずに退職までをやり過ごせばよいのですが、あまりにひどい場合は対処も必要。

以下の記事では、辞め方、予想されるトラブル事例などを紹介していますので参考にしてみてください。

参考:新卒社員の仕事の辞め方と予測されるトラブル事例

1年目で転職する人向けのおすすめ転職サービス

では最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介しています。文中でも話していたように、特に転職エージェントは無料であるにも関わらず転職活動全般のサポートを受けることができるのでぜひ活用してみてください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. ビズリーチ

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

ビズリーチ

対象の年代30代~50代
どんな人に向いている?・キャリアアップ・年収UPを実現したい方
・現在の年収が400万円以上の方
・積んだキャリアを生かして転職したい方
・スカウトを受けたい方、転職を受け身で進めたい方

ビズリーチは大半の求人が年収600万円以上ミドル~ハイクラス向けの転職サービスです。

ビズリーチでは企業かヘッドハンターからスカウトを受けることで転職活動が始まり、転職エージェントとは転職の流れが異なります。

「スカウト」と聞くと、難しそう・敷居が高そうなどというイメージがあるかもしれません。しかし現在の年齢が30代以上、年収が400万円以上であればスカウトを受けられる可能性は十分にあります。

求人数も12万件以上と申し分なく、スカウトを行うヘッドハンターは4,000人以上在籍しています。

ビズリーチは自分の経験を生かして年収アップ、キャリアアップをしたい方にお勧めの転職サービスです。