新卒1年目の転職が失敗だったと感じる理由。後悔しない転職をする為には何が必要?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

新卒1年目の転職が失敗だったと感じる理由。後悔しない転職をする為には何が必要?

もしあなたがこれから転職することを考えているなら、ぜひ成功することばかりではなく失敗する可能性もあるということを頭にいれておいてください。

特に新卒1年目という入社後間もない人が転職する場合、勢いで転職を決めてしまう人がいるので注意が必要です。

関連記事

 

第二新卒の転職満足度は高い。しかし失敗する人も中にはいる。

新卒入社1年目から3年目の人を対象した第二新卒者の転職。

その転職満足度は非常に高く、7割以上の人が転職して良かったと感じており、成功率は非常に高いと言えます。

しかしその一方で失敗し、後悔することになった人がいるということも忘れてはいけません。

辞めなければ良かった、転職しなければ良かった、前の会社に戻りたい。

わざわざ転職したのに、そんなことを考えてしまうようになっているのです。

もしあなたがこれから転職しようと考えているなら、その事実から目を背けてはいけません。

勢い任せによく考えないまま転職に踏み切ってしまえば、あなたもその失敗する一人になってしまう可能性は十分にあるのです。

1年目の転職が失敗だったと感じる理由

では1年目の人が転職した際、なぜその転職が失敗だったと感じるようになっているのでしょうか。

転職してみたらもっと悪化しただけだった

わざわざ転職したのに、以前の会社と比べると色々な部分が悪化してしまったという人は少なくありません。

給料ダウン、休日数等の労働条件悪化、残業等の労働環境悪化、仕事内容に対する不満の増加などが挙げられます。

辞めることが第一の目的になってしまったり、転職活動時の情報収集が不足していたことが主な原因。

気を付けていれば十分に防げることであるのに、転職するまでその重要性に気づかずやってしまった後でようやく気付くことになる人が大勢います。

恵まれていた環境であることに辞めてから気づいた

不満があるから辞めたのに、いざ辞めてみると前の会社がどれだけ恵まれた環境だったのかに気づくのもよくあること。

まだ社会人として1年も働いていない状態では、何が当たり前で何が恵まれているのか中々わかりません。

一方で不満というのは何もしなくても勝手に募っていくもの。

不満ばかりに目が行き、良くない会社だと決めつけて転職に踏み切ってしまう結果、こういった失敗が引き起こされてしまいます。

前の仕事に未練が残った

転職してから、もっと前の仕事をやっていたかったなんて言う風に考える人もいます。

条件面ばかりに目が行って転職に踏み切ってしまうと、こういった失敗に繋がりやすいです。

転職活動時、仕事内容ややりがいを軽視しわかりやすい給料や労働条件、会社の規模や知名度といったものを重要視してしまいがちな人がいますがそれは危険。

仕事内容ややりがいは、働く上で非常に大切なものだということを改めて認識しなくてはなりません。

また、あれが嫌だ、これが嫌だと不満ばかりを言い、やることやらずにいる人も注意が必要。

少なくとも今の仕事に全力をつくしていないと、後になってこうすれば良かった、こうしていれば楽しかったという未練ばかり残ることになります。

転職の目的がはっきりしないままなんとなくで転職してしまった

前の会社、前の仕事になんとなく不満があったから、なんとなく転職活動をしてみたら内定を貰えたので転職した。

これでは、何の為に転職したのかわかりません。

不満が転職のきっかけになること自体は何ら問題はありません。というかほとんどの人はそうでしょう。

ただその不満を突き詰め、結局どうなりたいのかを明確にし、転職の目的をはっきりさせなければ、満足行く転職ができなくても当然です。

先に会社を辞めてしまい、転職しなくてはいけない状況をつくってしまった

不満があって転職する決意を決めたから仕事を辞めた。そういった人もいますが、これは極力避けなくてはなりません。

先に辞めたらもう後は転職するしかなくなります。

もし前の会社より希望に近い会社が見つからなかったとしても、妥協して転職しなくてはいけなくなります。

こうなってしまうと「辞めなければ良かった」と思うのは当然。

辞めてさえいなければ、希望通りの会社が見つかるまで転職活動を続けることだってできるし、2年目、3年目に再チャレンジという形をとることだってできるのに、その選択肢を自ら捨ててしまっているのです。

新卒1年目で転職したいと思っている人は、あらためて考えてみよう

ではあらためて、新卒1年目での転職を失敗させない為にもあらためて転職について考えてみましょう。

今の仕事を辞める理由はしっかり持っているか

なぜ今の仕事を辞めるのか、まずはその理由をはっきりさせましょう。

辞める理由が曖昧で、なんとなく不満というくらいで辞めては辞めた後になって後悔するだけです。

辞めるということをそこまで大げさに考えすぎる必要はありませんが、決して軽くないことだということは認識し、辞めることの正当性を自分で確認してみてください。

転職に望んでいることがはっきりしているか、それは現実的か

転職してどうなりたいのか、転職に何を望んでいるのか。

これがはっきりしていなければ、曖昧なまま転職することになって、良い転職なんてできません。

そしてそれが現実的なものなのかどうかも、よく考えてみましょう。非現実的なことを望み、勝手にそれが叶うと妄想して転職しては上手くいくわけがないのです。

社会人1年目の人は特に、現実味がないことを望んでしまう傾向にあります。そして転職後に理想と現実のギャップに苦しむことになります。

今の会社を辞めることによって被るマイナス部分を認識しているか

今の会社の良いところは何か、今の会社にいて恵まれていることは何か。もし辞めたらどういったマイナスがあるのかというのもよく認識しておかなければなりません。

先ほども述べたように、恵まれているという部分に気づかず転職して後悔する人は多いのです。

そして、恵まれている部分を手放すほどの価値がある転職なのかはよく考えなくてはなりません。

転職先が今の会社に比べて転職する価値のある会社か

基本的に転職先が決まってから今の会社の退職に踏み切るようにしてください。

また、転職活動をして内定を貰ったからと言ってすぐに転職を決めてしまうようなこともしないでください。

一度立ち止まって冷静によく考えましょう。

転職先は本当に今の会社に比べて価値がありますか。今の会社を辞めるほどの価値がありますか。

もしそこまで価値がない、価値があるかわからないというなら、たとえ内定がでた後でも一旦転職を辞めるという判断も必要です。

転職のチャンスは今だけではありません。

2年目、3年目でも第二新卒として転職するチャンスがあるということを忘れず、勢いに任せた転職は絶対にやめましょう。

しっかり考えた上で転職するなら、その転職はきっと成功する

元々転職満足度の高い第二新卒の転職。

ここまでしっかり考えた上で転職に踏み切るなら、たとえ1年目であってもその転職はきっと成功するはずです。

転職を怖がりすぎる必要はありません。

ただ慎重に、準備をしっかり行うことだけは絶対に忘れないで転職活動を進めてください。

おすすめの転職支援サービス

最後にいくつかおすすめ転職支援サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ