雑用ばかりの仕事を辞めたい。嫌気がさしてきたら転職をしたっていい。

雑用ばかりの仕事を辞めたい。嫌気がさしてきたら転職をしたっていい。

あんな仕事がしたい、こんな仕事がしたい。

そんな風に希望、憧れをもって入社したのに、実際に働きだすと雑用ばかりでつまらなくて仕方がないと感じる場合もありますよね。

最初は仕方ないと割り切っていても、雑用ばかりの状態が長くなってしまうとつい仕事を辞めたいと考えてしまうこともあると思います。

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

雑用ばかりはやっぱり辛い

雑用も大事な仕事。雑用は仕事の基本。確かにその通りかもしれません。

ただ、そのことを頭ではわかっていても毎日雑用ばかりをさせられて、それが長い期間続いてしまえば辞めたいと思うのも仕方ありません。

仕事はつまらないし、自分が成長している実感も持てないし、やりがいも感じられない。そんな風に毎日過ごすのですからやっぱり辛いですよ。

毎日のつまらないというだけではありません。成長していない実感から将来に不安を感じてしまうこともあるでしょうし、自分の必要性を感じることができずに悩むこともあるでしょう。

工夫してみようだとか、前向きに仕事をしてみようだとか思ってもやっぱりそれには限界がありますし、今頑張ったところでその頑張りが報われるなんてことも約束されているわけではありません。

ですから雑用ばかりの毎日が辛い、そして辞めたいと思うのも決して甘えではないと思います。

雑用が多い原因

ではそもそもなぜ雑用ばかりになってしまうのでしょうか。いくつか理由を考えてみましょう。

仕事の性質

仕事の性質上、雑用ばかりの仕事になってしまうというのを避けられない場合もありますね。

例えば庶務なんかだと全体的に雑用仕事が多くなってしまいますね。

ただどんな仕事であっても雑用はそこそこあって、雑用は一切しなくていい、雑用関係は全て他の人に任せることができるなんて仕事は滅多にないでしょう。

それこそ仕事のうち約半分以上は雑用している時間になっているという人が多いかと思います。

会社の方針

会社の教育方針として、新人はまず雑用からスタートし、それがまともにこなせるようになってきたら少しずつ仕事を与えて覚えていってもらうという形にしている場合も少なくありません。

それ故、最初の1年、2年は上司や先輩に頼まれた雑用仕事ばかりになってしまうことは多いでしょう。

ただその期間を辛抱すれば徐々に大きな仕事も任されるようになってきます。

上司、先輩の性格、関係性

仕事を振る側の上司や先輩の性格や自分との関係性も大きく影響します。

中には、教育とか将来のこととか完全に無視して、とりあえず目の前の仕事を終わらせることだけを考えて、単なる小間使いとして使われてしまっているなんてこともあるのです。

確かに誰にでもできるけどそこそこ時間のかかる仕事は、まだ仕事を覚えていない人にやらせたほうが効率は良いかもしれませんが、それでは新人が育ちません。

本来は目の前のことだけではなく、長い目で見なくてはいけないのにそれができない上司、先輩というのは多々いるものです。

また上司や先輩との関係も大事ですね。関係が悪く、信頼を失っているととりあえず誰にでもできる雑用仕事しか頼まれなくなってしまいます。

雑用ばかりの仕事を辞めたいと思ったら

雑用は、どんな仕事でも必要なものであり、仕事をする以上好きなことばかりはできません。

その為、勢いに任せて仕事を辞めてしまうと後悔につながる可能性が高いので注意しなくてはなりません。

実際に辞める前には、一旦以下のことを考えてみてください。

今の雑用が将来につながるかを考えてみる

新人の頃はどうしても雑用仕事が多くなってしまいます。ただ、その雑用仕事は将来につながっていくものであることが非常に多いです。

ただ、中には全く将来につながらない、成長を考えた時にはデメリットとなってしまっている仕事もあります。

今の雑用ばかりの仕事に対して、現時点のことだけではなく将来どうなっていくのかという視点を持ち、判断することが大切です。

時には上司に相談してみるのもいいでしょう。自分のなりたい姿にどう繋がっていくのかがわかれば、今の状況を受け入れることができるかもしれません。

転職後の具体的なイメージを持つ

転職したとしても、また雑用ばかりさせられると感じるかもしれません。どんな仕事であっても雑用の仕事がないなんてことはありえませんから。

その為、転職後の仕事についてより具体的にイメージを持つことは必要です。憧れだけでは、転職後にギャップを感じるだけになってしまいます。

仕事は楽しいことばかり、好きなことやっていればいいというわけではないということはしっかり自分に落とし込んだ上で、具体的にどんな仕事をすることになるのか、もしその仕事をするとしたらどんな作業をすることになるか、現実的なイメージを持ちましょう。

辛いなら転職したっていい

何はともあれ、今の環境が辛いなら転職したっていいんです。

変な期待をして自分の大切な時間を浪費することになってしまったり、ストレスを貯めすぎて体を壊してしまうことだってあります。

もちろん転職では失敗に終わってしまう人が2割くらいいます。決して成功が約束されたものではありません。

しかし、そのことに恐れて今の辛い環境下でずっと働くよりは、多少のリスクはあると言えどもやってみる価値はあると思います。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ