雑用ばかりの仕事を辞めたい。嫌気がさしてきたら転職をしたっていい。

雑用ばかりの仕事を辞めたい。嫌気がさしてきたら転職をしたっていい。

あんな仕事がしたい、こんな仕事がしたい。

そんな風に希望、憧れをもって入社したのに、実際に働きだすと雑用ばかりでつまらなくて仕方がないと感じる場合もありますよね。

最初は仕方ないと割り切っていても、雑用ばかりの状態が長くなってしまうとつい仕事を辞めたいと考えてしまうこともあると思います。

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

雑用ばかりはやっぱり辛い

雑用も大事な仕事。雑用は仕事の基本。確かにその通りかもしれません。

ただ、そのことを頭ではわかっていても毎日雑用ばかりをさせられて、それが長い期間続いてしまえば辞めたいと思うのも仕方ありません。

仕事はつまらないし、自分が成長している実感も持てないし、やりがいも感じられない。そんな風に毎日過ごすのですからやっぱり辛いですよ。

毎日のつまらないというだけではありません。成長していない実感から将来に不安を感じてしまうこともあるでしょうし、自分の必要性を感じることができずに悩むこともあるでしょう。

工夫してみようだとか、前向きに仕事をしてみようだとか思ってもやっぱりそれには限界がありますし、今頑張ったところでその頑張りが報われるなんてことも約束されているわけではありません。

ですから雑用ばかりの毎日が辛い、そして辞めたいと思うのも決して甘えではないと思います。

雑用が多い原因

ではそもそもなぜ雑用ばかりになってしまうのでしょうか。いくつか理由を考えてみましょう。

仕事の性質

仕事の性質上、雑用ばかりの仕事になってしまうというのを避けられない場合もありますね。

例えば庶務なんかだと全体的に雑用仕事が多くなってしまいますね。

ただどんな仕事であっても雑用はそこそこあって、雑用は一切しなくていい、雑用関係は全て他の人に任せることができるなんて仕事は滅多にないでしょう。

それこそ仕事のうち約半分以上は雑用している時間になっているという人が多いかと思います。

会社の方針

会社の教育方針として、新人はまず雑用からスタートし、それがまともにこなせるようになってきたら少しずつ仕事を与えて覚えていってもらうという形にしている場合も少なくありません。

それ故、最初の1年、2年は上司や先輩に頼まれた雑用仕事ばかりになってしまうことは多いでしょう。

ただその期間を辛抱すれば徐々に大きな仕事も任されるようになってきます。

上司、先輩の性格、関係性

仕事を振る側の上司や先輩の性格や自分との関係性も大きく影響します。

中には、教育とか将来のこととか完全に無視して、とりあえず目の前の仕事を終わらせることだけを考えて、単なる小間使いとして使われてしまっているなんてこともあるのです。

確かに誰にでもできるけどそこそこ時間のかかる仕事は、まだ仕事を覚えていない人にやらせたほうが効率は良いかもしれませんが、それでは新人が育ちません。

本来は目の前のことだけではなく、長い目で見なくてはいけないのにそれができない上司、先輩というのは多々いるものです。

また上司や先輩との関係も大事ですね。関係が悪く、信頼を失っているととりあえず誰にでもできる雑用仕事しか頼まれなくなってしまいます。

雑用ばかりの仕事を辞めたいと思ったら

雑用は、どんな仕事でも必要なものであり、仕事をする以上好きなことばかりはできません。

その為、勢いに任せて仕事を辞めてしまうと後悔につながる可能性が高いので注意しなくてはなりません。

実際に辞める前には、一旦以下のことを考えてみてください。

今の雑用が将来につながるかを考えてみる

新人の頃はどうしても雑用仕事が多くなってしまいます。ただ、その雑用仕事は将来につながっていくものであることが非常に多いです。

ただ、中には全く将来につながらない、成長を考えた時にはデメリットとなってしまっている仕事もあります。

今の雑用ばかりの仕事に対して、現時点のことだけではなく将来どうなっていくのかという視点を持ち、判断することが大切です。

時には上司に相談してみるのもいいでしょう。自分のなりたい姿にどう繋がっていくのかがわかれば、今の状況を受け入れることができるかもしれません。

転職後の具体的なイメージを持つ

転職したとしても、また雑用ばかりさせられると感じるかもしれません。どんな仕事であっても雑用の仕事がないなんてことはありえませんから。

その為、転職後の仕事についてより具体的にイメージを持つことは必要です。憧れだけでは、転職後にギャップを感じるだけになってしまいます。

仕事は楽しいことばかり、好きなことやっていればいいというわけではないということはしっかり自分に落とし込んだ上で、具体的にどんな仕事をすることになるのか、もしその仕事をするとしたらどんな作業をすることになるか、現実的なイメージを持ちましょう。

辛いなら転職したっていい

何はともあれ、今の環境が辛いなら転職したっていいんです。

変な期待をして自分の大切な時間を浪費することになってしまったり、ストレスを貯めすぎて体を壊してしまうことだってあります。

もちろん転職では失敗に終わってしまう人が2割くらいいます。決して成功が約束されたものではありません。

しかし、そのことに恐れて今の辛い環境下でずっと働くよりは、多少のリスクはあると言えどもやってみる価値はあると思います。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ