残業20時間はかなり少ないほう。それでも多いと感じたらどうすればいい?

残業20時間はかなり少ないほう。それでも多いと感じたらどうすればいい?

残業20時間と聞くと、残業時間を多い感じますか?それとも少ないと感じますか?

先日、たまたま友人が残業20時間「も」あるなんて話をしていたのですが、私の正直な感想で言えば、残業20時間なんてめっちゃ楽じゃん!なんていう風に思ってしまいました。

残業時間がどれくらいを超えると多いと感じるかは人それぞれですが、世間的には残業20時間というとどうなんでしょうか。

関連:残業30時間は多いほう?少ないほう?残業代はどの程度になる?

関連:みなし残業制度の上限や残業代。あなたの会社は守っている?

残業20時間はかなり恵まれている

転職関連の情報を扱うVorkersとが68,000人にアンケートをとって、月の残業時間を調査したところ、以下のような結果となっていました。

  • 0時間・・・4.0%
  • 3時間・・・1.7%
  • 5時間・・・2.1%
  • 10時間・・・7.2%
  • 20時間・・・13.0%
  • 30時間・・・14.5%
  • 40時間・・・13.7%
  • 50時間・・・10.0%
  • 60時間・・・8.7%
  • 70時間・・・3.6%
  • 80時間・・・6.9%
  • 90時間・・・1.6%
  • 100時間以上・・・12.9%

残業20時間の人は13.0%であり、残業20時間の人は28.0%となっています。

要するに、残業時間の少なさを労働者全体を見れば、残業時間が20時間というのはかなり上位層に入ってくるのです。

ですから、世間的に言えば残業20時間は少ないあるということが言え、かなり恵まれていると言えます。

もちろん、上記の結果はあくまで平均に比べればという話であり、実際に働く人がどう思うかは別問題ではありますが、平均すれば1日1時間程度の残業であり、仕事が終わってからもプライベートの時間は十分にとることができる為、楽だと感じる人が多いように思います。

まあ本来は残業なんて全くなく、残業代をあてにしなくても十分に生活することができることが理想かもしれませんが、現実的には残業があって当然と考えてしまっていますから、その中ではかなりましなほうです。

もし残業20時間でも多いと感じたら

とは言っても、人によっては残業20時間でもきつい、しんどいと感じて人もいるでしょう。

残業することによって残業代が入り給料が高くなるというメリットはありますが、そんなことよりも早く帰りたいと考えている人も決して少なくありません。

しかし残念なことに、36協定が結ばれている場合は残業を指示されたら特別な理由がない限りは断ることができませんから、仕方なくやらざるをえません。

ですから、残業を減らしたいと考えたら残業の少ない部署に異動希望をだすか、転職して会社自体を変えるしかありません。

残業時間は会社、部署による部分がほとんどです。会社として社員にあまり残業させないようにしている会社もありますし、同じ会社であっても部署によって残業時間には大きな乖離があり、平均残業時間が10時間の部署もあれば40時間以上となっている場合も多いです。

とは言っても、異動希望というのはなかなか通るものではない為、あまり現実的ではないのが実情です。

そこでやはり有効的なのは転職でしょう。

上記の結果を見ても、残業時間が10時間未満の会社は15%ある為、しっかり仕事選びをすれば十分にそういった会社に入ることはできます。

ただ、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

残業ゼロと言いつつ、実際は全く違ったり、サービス残業が多い会社が求人に紛れている為避けなくてはいけませんし、残業が少ないことでむしろきつくなったなんて声も聞きます。

基本的に残業は、こなさなくてはならない仕事が勤務時間内で終わることができない為するものです。すなわち労働者にとっては与えられた仕事を勤務時間内に終わらせなくても、残業で対応できるという面があります。

ただ、会社が残業ゼロ、5時間以内なんていう風に制限をかけてしまうと、仕事が終わらないことに対して大きなストレスになってしまうことになるのです。

正しい姿は、本人の能力を見極め決められた時間内で終わらせることができる仕事量を与えることが必要なんですが、それができていない会社は非常に多く、社員に過剰にストレスがかかっている場合があります。

仕事とプライベートを完全に分けることができる人にとってはいいのですが、それができないといくら早く帰っても、常に仕事のことを考え不安になり、憂鬱になってしまう為、注意が必要です。

転職する前の時点ではなかなか難しいことかもしれませんが、残業はそういったことも踏まえて、働きやすい会社を選ぶことが必要になります。

まずは、それらのことを考えながら、自分はどういった風に働きたいのかを考えてみましょう。

残業の少ない会社に転職するには

では最後に、やっぱり残業は少ないほうが良いという場合には、どのように転職すればいいかを紹介します。

上述したように残業10時間未満の会社はそれほど多くはない為、選択肢はかなり限られてしまいます。

当然残業が少なくて給料も良い会社は、人気もあり倍率も高くなってしまいます。もちろんそういった会社に挑戦するのもありですが、幾分かは給料が下がることも覚悟しなくてはならないかもしれません。

ただ、業界次第によっては残業が多く給料の低い業界、残業が少なくてもそれなりに給料を貰える業界がある為、思い切って業界の違う会社を候補に入れると、可能性は高くなります。

また、求人票だけではなかなかわからなかったり、嘘が書かれている場合もあるので、注意が必要です。

そいった企業を避ける為にも、転職活動では転職サイトだけではなく転職エージェントを活用するようにしましょう。

残業が少ないことを希望すれば、その条件に合った企業を紹介してくれますし、実際の残業時間を教えてくれる場合も多々あります。

転職エージェントではそれ以外にもキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

もちろん、それとは別に転職サイトも有効活用していく必要があります。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ