サービス残業が嫌で仕事を辞めたいならさっさと転職を。働いてもお金が貰えないなら続ける意味なし。

サービス残業が嫌で仕事を辞めたいならさっさと転職を。働いてもお金が貰えないなら続ける意味なし。

労働した対価はしっかりと支払われるべきです。当然労働基準法によってそのことも定められています。

しかしその当たり前のことが守られず、かなりの損をさせられている労働者が非常に多くなっているのが現実。

中には月100時間以上残業しても、残業代を1円も支払わないようなとんでもない会社だってあり、それが原因で体を壊してしまう人もいます。

そんな環境ならば辞めたいと思うのは当然。そしてもし他に何か大きなメリットがなければ、さっさと辞めたほうが得策だと思います。

関連:なぜサービス残業やサービス休日出勤が当たり前になってるのか。上司を中心にした当然という風潮の問題点。

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

サービス残業は何も良いことがない!仕事を辞めたいと思うのは当たり前

働いたにも関わらず、その賃金が正当に支払われない。会社にとってはかなり得しますよね。

本来支払わなくてはいけないはずのお金が会社の利益として残ってくれるわけですから。

でも労働者側にとってみれば最悪。

本来貰えるはずのお金がもらえずに、ただでさえ少ない自分の時間を無償で会社に捧げているわけですから、何も良いことなんてありません。

例えば毎月30時間残業していたとすれば、基本給30万円の場合で毎月6万円以上、1年間で72万円、そのまま10年働けば720万円にもなるわけですからとてつもない大損をしてしまうことになります。

人によってはもっとサービス残業が多い人もいますよね。1日4時間するのも当たり前になっているという人の話も聞いたことがあります。そこまで行くともう自分の時間なんてほぼ皆無ですね。

まあ普通に考えて損しかしないサービス残業が多ければ多いほど、仕事を辞めたいと思ってしまうのは当たり前のことですよ。

それでも仕事を辞めたくないと思うのは、仕事が楽しくて楽しくて仕方がないか、残業代がでなくても元々の給料がとても高い人くらいではないでしょうか。

サービス残業はどのくらいの会社で行われている?

ただもし仕事を辞めたとしてもサービス残業がない会社なんてほとんどないのでは?と思う人も少なくはないかもしれません。

日本労働組合総連合会の調査によれば、サービス残業をせざるを得ないことがあると答えた人は42.6%。正社員に限定すると51.9%となっており半数以上の人がサービス残業をしているというのが実態となっています。

その時間は10時間未満が59.7%とそこまで多くはない人が大半なんですが、60時間以上という人も5.0%と決して少ないわけではありません。

ただ厳密に言うと、9:00勤務開始のところを10分前に来て仕事の準備をするのが通例になっていているような場合も労働時間の一部であると認められることがある為、本当にゼロの会社があるかと言えば、ごく少数であるというのが正直なところでしょう。

参考:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?

他にメリットがないならさっさと辞めよう。

上述した結果によればおよそ半数はサービス残業をしていないとなっているわけですから、サービス残業がない会社に転職することは決して不可能なことではないでしょうし、

10時間未満の人も半数いるので、ゼロにはできなくても大幅に減らすことができるでしょうから、もし毎月何十時間もサービス残業をさせられているようならさっさと辞めて転職した方が良いと思います。

もちろんサービス残業が多少あったとしても、周りに比べて給料が高かったりボーナスが多く貰えているなら、転職して残業代が全額貰えても時給としては下がる場合があるので必ずしも辞めるのが正しいとは言えません。

ただサービス残業が多すぎる、時給換算するとアルバイト以下の時給になってしまう、毎日遅くまで働かざるをえなくて体調を崩しそうになっているといった場合は辞めないほうがいいのではなんて悩む必要はないです。

転職することに対して必要以上に恐怖心を抱いてしまっている人もいるんですが、そのほとんどは単なるイメージ。むしろ今のまま働き続けるほうが恐ろしい未来が待っているかもしれません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ