サービス残業が嫌で仕事を辞めたいならさっさと転職を。働いてもお金が貰えないなら続ける意味なし。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

サービス残業が嫌で仕事を辞めたいならさっさと転職を。働いてもお金が貰えないなら続ける意味なし。

労働した対価はしっかりと支払われるべきです。当然労働基準法によってそのことも定められています。

しかしその当たり前のことが守られず、かなりの損をさせられている労働者が非常に多くなっているのが現実。

中には月100時間以上残業しても、残業代を1円も支払わないようなとんでもない会社だってあり、それが原因で体を壊してしまう人もいます。

そんな環境ならば辞めたいと思うのは当然。そしてもし他に何か大きなメリットがなければ、さっさと辞めたほうが得策だと思います。

関連:なぜサービス残業やサービス休日出勤が当たり前になってるのか。上司を中心にした当然という風潮の問題点。

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

サービス残業は何も良いことがない!仕事を辞めたいと思うのは当たり前

働いたにも関わらず、その賃金が正当に支払われない。会社にとってはかなり得しますよね。

本来支払わなくてはいけないはずのお金が会社の利益として残ってくれるわけですから。

でも労働者側にとってみれば最悪。

本来貰えるはずのお金がもらえずに、ただでさえ少ない自分の時間を無償で会社に捧げているわけですから、何も良いことなんてありません。

例えば毎月30時間残業していたとすれば、基本給30万円の場合で毎月6万円以上、1年間で72万円、そのまま10年働けば720万円にもなるわけですからとてつもない大損をしてしまうことになります。

人によってはもっとサービス残業が多い人もいますよね。1日4時間するのも当たり前になっているという人の話も聞いたことがあります。そこまで行くともう自分の時間なんてほぼ皆無ですね。

まあ普通に考えて損しかしないサービス残業が多ければ多いほど、仕事を辞めたいと思ってしまうのは当たり前のことですよ。

それでも仕事を辞めたくないと思うのは、仕事が楽しくて楽しくて仕方がないか、残業代がでなくても元々の給料がとても高い人くらいではないでしょうか。

サービス残業はどのくらいの会社で行われている?

ただもし仕事を辞めたとしてもサービス残業がない会社なんてほとんどないのでは?と思う人も少なくはないかもしれません。

日本労働組合総連合会の調査によれば、サービス残業をせざるを得ないことがあると答えた人は42.6%。正社員に限定すると51.9%となっており半数以上の人がサービス残業をしているというのが実態となっています。

その時間は10時間未満が59.7%とそこまで多くはない人が大半なんですが、60時間以上という人も5.0%と決して少ないわけではありません。

ただ厳密に言うと、9:00勤務開始のところを10分前に来て仕事の準備をするのが通例になっていているような場合も労働時間の一部であると認められることがある為、本当にゼロの会社があるかと言えば、ごく少数であるというのが正直なところでしょう。

参考:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?

他にメリットがないならさっさと辞めよう。

上述した結果によればおよそ半数はサービス残業をしていないとなっているわけですから、サービス残業がない会社に転職することは決して不可能なことではないでしょうし、

10時間未満の人も半数いるので、ゼロにはできなくても大幅に減らすことができるでしょうから、もし毎月何十時間もサービス残業をさせられているようならさっさと辞めて転職した方が良いと思います。

もちろんサービス残業が多少あったとしても、周りに比べて給料が高かったりボーナスが多く貰えているなら、転職して残業代が全額貰えても時給としては下がる場合があるので必ずしも辞めるのが正しいとは言えません。

ただサービス残業が多すぎる、時給換算するとアルバイト以下の時給になってしまう、毎日遅くまで働かざるをえなくて体調を崩しそうになっているといった場合は辞めないほうがいいのではなんて悩む必要はないです。

転職することに対して必要以上に恐怖心を抱いてしまっている人もいるんですが、そのほとんどは単なるイメージ。むしろ今のまま働き続けるほうが恐ろしい未来が待っているかもしれません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ