在宅勤務は今後も拡充!在宅勤務のメリット、デメリットは?

在宅勤務は今後も拡充!在宅勤務のメリット、デメリットは?

サラリーマンとして働く場合、毎朝会社に行き、そこで仕事をして帰ってくるというのが一般的です。

しかし、わざわざ会社に行くのではなく、自宅で仕事を行う「在宅勤務」を取り入れる企業も増えてきました。

最近でも、トヨタ自動車が在宅勤務を大幅に拡充するがニュースになっていました。

在宅勤務を取り入れる会社は、今後も増えていくことが予想されています。

ただ、在宅勤務には、大きなメリットがある一方でデメリットがあることも忘れてはいけません。

関連:サービス残業の実態や平均時間、違法なサービス残業への対策は?

関連:残業100時間以上の実態や体験談。今のままで大丈夫?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

在宅勤務の働き方

在宅勤務をしたことがない人にとっては、在宅勤務ってどうやって行うんだろと疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで、まずは在宅勤務の一般的な働き方を紹介します。

在宅勤務は週何回?

在宅勤務を行う場合、常に在宅勤務という人もいますが、そういった人は少数です。

在宅勤務は週に数回だけだったり、午前中だけ在宅勤務をして午後には会社に行くという場合もあります。

会社に行かなければできない仕事があったり、成果報告や相談をする為に会社に行く必要がでてきます。

始業と就業

在宅勤務で最も難しいのが時間管理です。

1日どれくらい働いたかというのが、曖昧になりがちです。

在宅勤務では、一般的に始業時と終業時にメールもしくは電話にて上司に連絡し、時間管理を行っていることが一般的です。

時間管理に厳しい会社では、会社のネットワークにログインしている時間を監視していて、勤務時間ではないのにログインして仕事をした形跡があると注意される場合もあります。

ただ、あくまで本人の申告制であり、本当にその時間に仕事をしているかはわかりません。

その為、時間よりも成果がでているかを重視する企業がほとんどです。

会議のやり方

在宅勤務であっても、一人でもくもくと仕事をするわけには行かず、会議等も行う必要があります。

在宅勤務時の会議は、インターネットを使いテレビ電話で行ったり、資料を共有しながら行ったりします。

仕事場所

在宅勤務というくらいですから、基本的には自宅が仕事場となります。

ただ、子供が小さいなど、自宅では仕事がしにくいという人もいるでしょう。

そういった人は、自宅近くのカフェやコワーキングスペースを利用している人もいます。

在宅勤務のメリット

では、具体的に在宅勤務のメリットを紹介していきます。

通勤時間がなくなる

毎日往復1時間以上かけて通勤している人は少なくないでしょう。

しかも満員電車のせいで、かなり疲弊してしまっている人もいます。

在宅勤務であれば、会社に行く必要が無くなる為、無駄な通勤時間の削減に繋がります。

自由な働き方ができる

自宅で仕事をしているわけですから、自分の好きなタイミングで休憩をとることもできます。

会社にいても休憩を取ることができるかもしれませんが、やはり自宅と比べれば休まり方が違うでしょう。

在宅勤務は時間、場所にとらわれない自由な働き方ができるのです。

家族との時間が増える

毎日朝早く会社に行き、夜遅く帰ってくる。

そんな生活をしていると、家族と過ごす時間はほんのわずかです。

子供には休日しか会うことができていないという人も多いのではないでしょうか。

在宅勤務であれば、そういった家族との時間を増やすことにつながります。

面倒な人間関係が少なくなる

在宅勤務であっても、会議等で人と一緒に仕事することは必要となることがありますが、

それでも会社に行く場合に比べると、関わることが少なくなります。

特に、仕事以外の面倒な人間関係というものは各段に減るでしょう。

経費を節約できる

在宅勤務を取り入れる企業が増えているのは、企業にとってもメリットが大きくなる為です。

在宅勤務が中心となれば、オフィスはそれほど広くする必要はないし、電気代も節約することが可能になります。

在宅勤務のデメリット

次に、在宅勤務のデメリットを紹介します。

労働時間が不明確

在宅勤務の場合、労働時間が不明確になることが大きなデメリットです。

上述したように、とりあえずは始業や終業を連絡することになりますが、終業したと言いながら、実は仕事をしているなんて人も少なくありません。

会社で仕事をしていれば他の人の目があってできないことも、一人で働くが故にできてしまうこともあるのです。

仕事とプライベートの線引きが難しくなる

労働時間が不明確になるのと同時に、仕事とプライベートの線引きが難しくなってしまう可能性が高いです。

例えば、何か仕事を忘れていたとなった時、在宅勤務でなければ次の日にやろうと思うでしょう。

しかし、在宅勤務であれば自宅が職場なわけですから、すぐにやっちゃおうとなるわけです。

常に仕事ができる環境は、仕事に追われる原因となり、大きなストレスになる可能性があります。

コミュニケーションが減る

面倒な人間関係が減ることは良い面もありますが、一方でデメリットも生じます。

会社の同僚とコミュニケーションが減る為、チームとして協力する意識が低下してしまう可能性が高いです。

また、何かわからないことがあっても、周囲に聞ける人がいなくて仕事の進みが遅くなる可能性もあります。

在宅勤務不可能な職種の人が不満をもつ

同じ会社であっても、全員が在宅勤務が可能となるわけではありません。

中には、自宅で仕事がすることができない仕事内容であり、在宅勤務をしたくてもできない人もいます。

会社として在宅勤務を拡充するとして、できない人に対しての対応も必要になります。

怠けやすくなる

会社に比べて自宅だと、周囲からの監視の目もない一方で、テレビやインターネット動画などの誘惑は非常に多いです。

その中でしっかり仕事をするには、高い自己管理能力が求められます。

機密管理が難しい

在宅勤務を拡充するにあたり、企業が悩んでいるのが機密管理です。

会社でしか仕事ができないという状況に比べると、情報流出の可能性が非常に高くなってしまいます。

在宅勤務をしたい?したくない?

在宅勤務と聞くと、自宅で働けるなんてすばらしい!と思う人がいるかもしれませんが、実際にはデメリットが多数あることも忘れてはいけませn。

それらを知った上で、在宅勤務したいかしたくないかを考えてみましょう。

在宅勤務をできる会社は徐々に増えていってます。

もし、在宅勤務をしたいのであれば、転職を検討してみてください・

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ