在職中の転職活動はリスクを下げる為に当然。気にするのはバレることだけ。

在職中の転職活動はリスクを下げる為に当然。気にするのはバレることだけ。

意外なことに、これだけ転職することが一般的な現在であっても、転職することを否定的に捉えているとしては未だに残っています。

ただ、そんなことは全く気にする必要はありません。

転職することは労働者として当然の権利であるし、在職中に転職活動を進めて転職先が決まってから会社を辞めるのは当然のことです。

関連:在職中の転職活動、やり方と注意点

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから

転職活動を在職中にするのは当たり前

知り合いが在職中に転職活動を進め、内定を貰ったところで上司に退職を伝えたところ、まあぐちぐち色々と言われた見たいです。

特に、会社を辞めることにではなく、こっそり転職活動をしていたこと、面接に行く為に有給休暇をとっていたことに対し、嫌味を言われたみたいです。

ただ、これって在職中に転職活動をしていたあなたが悪いのではなく、わけのわからない嫌味を言ってくる上司がおかしいだけの話です。

違法であるわけないし、卑怯なことではない

中には、在職中の転職活動に対して違法だとか、卑怯だとか、裏切っただとか、それはもう色々と言ってくる人もいます。

まあ当然違法であるわけはないし、卑怯な行為でもなんでもありません。労働者として正当な権利を行使しているだけです。

面接を理由に有給休暇使うことも何も問題はありません。有給休暇は特定の理由がなければ使えないなんてことはなく、本来は労働者が取得したいという時に自由にとれるものであって、後で理由がどうだったとかで責められるものではありません。

まあ上司にとってみたらこっそり転職活動をやっていたという事実が気に食わないという気持ちはわからないでもないです。

ただ、感情任せに別に間違ったことをしていない人間に嫌味を言うようなことは本来すべきことではありません。

リスクを下げる為に当然のこと

そもそも在職中に転職活動をして、内定を貰ってから退職をするというのは、転職のリスクを下げる為に最大の方法であって、そうするのも当然のことです。

転職は何か不満を解消したり、希望を実現する為に行うものです。ただすぐにそれが達成できるとは限りません。

在職中に転職活動をしていれば、希望が叶えることができる転職先が見つかるまで続けることができますし、だめだった場合は転職しないという選択ができます。

もし先に会社を辞めてしまうと、当然転職しないという選択はなくなりますし、お金等の問題から焦りが生じ、転職先に妥協してしまいがちです。

だからこそ、転職のリスクを下げようと思ったら在職中に転職活動を行うべきであって、上司になんか言われそうだからといった理由からわざわざリスクを上げるような行為は得策であるとは言えません。

バレるのだけは気を付けよう

在職中の転職活動で気を付けることは、上司や同僚にバレないようにするだけです。

いくら転職するのが自由だと言っても、転職先が決まる前にバレてしまえば当然いづらくなります。

もし良い転職先が見つからなくても会社にはいづらくなってしまい転職するしかなくなるなんてことも考えられます。

これではせっかく在職中に転職活動をしてリスクを下げている意味がなくなってしまいます。

転職活動をバレずにやるのは、それほども難しいことではありません。いくつか注意しなくてはいけない点は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

平日の面接、入社日に悩む必要はない

在職中の転職活動について、決まった後に上司に色々と言われそうだとか、バレるかもしれないといった心配事以外にも、

面接時間の調整が難しそう、今の会社での引継ぎもあるから入社日をどう決めればいいかわからないなど、色々と不安になっている人もいるかもしれません。

ただ、そんなことは心配する必要も不安になる必要もありません。

なぜなら面接の日程調整も入社日の日程調整も転職エージェントが行ってくれるからです。

面接は確かに有給休暇を使う必要がありますが、複数社を同時平行している場合には同じ日になるように調整してくれますし、入社日もできるだけ先延ばしすることも可能にしてくれます。

転職エージェントにとって一番不都合なのは、本当は転職する気がある転職希望者が他のたいしたことない理由で転職できないことです。

そこまでサポートしても実際に転職してもらえなければ企業からお金を貰うことはできません。

ですから、実際に転職するまでは転職全般のことを手厚くフォローしてくれます。

在職中の転職は効率化を重視しよう

在職中に転職活動しているとい、当然会社を辞めてしまっている人に比べて時間があまりありません。

その為、なんだかんだで転職活動が長期化してしまっている人が良くいます。

そうならない為にも、効率よく転職活動をすることを考えておきましょう。

効率化する為には、転職サイトや転職エージェントを上手く活用していかなくてはなりません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ