在職中の転職活動、やり方と注意点

在職中の転職活動、やり方と注意点

転職活動をする場合、前の会社に在職中で行うか、それとも退職してから行うかの2通りがあります。

いい会社に転職できるか不明であったり、収入を途絶えさせたくないと思って在職中に行うという人が多いのでしょうか。

ただ、在職中に転職活動を行うことはそれなりに大変であるというイメージがありますよね。

今回は在職中の転職活動のやり方や注意点を紹介します。

関連:急な退職!突然、退職したくなったら何をするべきか

関連:転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

在職中の転職活動、良い点はたくさんある。

もういっそのこと会社をやめて転職活動を始めようかな。

在職中に転職活動をすることが大変だということでついそのように考えてしまうかもしれません。

しかし、在職中に転職活動を行うことには色々とメリットがあります。

金銭面の心配がない

在職中なので、収入は途絶えません。

退職してしまうと収入が途絶えてしまったり、失業保険を貰うことができたとしても、収入は激減してしまいます。

貯金があれば、しばらくはなんとかなりますがなかなか転職先が決まらないと焦ってきて、最終的に妥協して転職先を決めてしまうなんてことになりかねません。

しかし、在職中の転職活動であれば、金銭面では心配がなくなる為、自分のペースで自分が納得いくまでじっくり転職活動を進めることができます。

自分の会社とじっくり比較できる

在職中ですから、自分の会社について日々感じているものがあるでしょう。

その感じている不満はあなたのモチベーションにつながるし、企業選びの際の比較対象としても意味があります。

退職してしまうと、以前の会社に対して感じていたことが大きくなりすぎたり、逆に小さくなりすぎたりしてうまく比較できないなんてことになります。

その結果、企業選びを間違えてしまい後悔につながってしまうことになります。

時にはほかの企業をみることで自分のいる会社がましだったことに気づくことができる場合もあるでしょう。

空白期間はないほうがいい

転職活動においあて、空白期間、すなわち無職の期間は不利に働くことがあります。

転職活動が長引けば長引くほど空白期間は長くなってしまい、どんどん不利になってしまいます。

在職中であれば転職活動時の空白期間は0日ですから何も心配はいりません

また、企業側にとっても、在職中の転職活動はそれだけで高評価であることが多いです。

次が決まらずに退職してしまう人に対しては、計画性がないだとか、勢いでやめてしまうと思ってしまうことがあるそうです。

スポンサーリンク

在職中の転職活動、うまく立ち回ろう

これまで在職中の転職活動のメリットを紹介してきましたが、やはり仕事をしながら転職活動をするのは退職してから行うよりも大変です。

ですから、うまく立ち回るようにしなければなりません。

転職サイトへの登録

転職活動はまず、転職サイトへの登録から始まります。

見るだけでも現状を把握できる為、転職しようかどうかと悩んでいる人にとっても今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職サイトのチェック

在職中の転職活動では毎日転職について考えることはなかなか大変で、疲れてしまいます。

また、何度も転職サイトをチェックするようになってしまい、会社にいる間もやってしまう、そしてそれを見られてばれてしまうなんてこともあります。

ですから転職サイトのチェックは週1、2回にしておきましょう。

リクナビNEXT は毎週水曜日、金曜日に求人掲載が更新されます。

水曜日に見たのに、木曜日に見てもなんら変わらないのです。

また、求人についてもすぐ消えることはなく数週間は載っているのでそんなに頻繁にみる必要はありません。

求人は毎週水曜日にチェックする。それだけで十分です。

スカウト機能を活用しよう

上記でも紹介していますが、リクナビNEXT にはスカウト機能というものがあり、これに登録することによって、企業からあなたにオファーがきます。

特にプライベートオファーは書類選考となる場合が多いので、気に入った会社からオファーが来れば、かなりの手間がはぶけます。

一度登録すれば待っているだけでいいので、在職中の転職活動としてはもってこいです。

1週間に1,2回の転職サイトのチェックの際には、オファーが来ていないかもあわせてチェックするようにしましょう。

転職エージェントとの面談は土日でも大丈夫

転職エージェントとは面談することもでてきますが、これは土日といったあなたの空いた時間でできますので、活用していきましょう。

応募書類は休日に集中して

応募書類が面倒だという人は多いかと思います。

平日の会社から帰ってきた後なんかだと、やる気も起きません。

そこで、応募書類を書くのは休日の午前中だけと決めましょう。

最初に集中して書けば、ほとんどの部分はどの企業への応募にも使えますので、一回だけ頑張ればよし。

ある程度できれば転職エージェントに添削してもらいましょう。

面接が一番大変

在職中の転職活動で一番大変なのが面接です。

土日で対応してくれる会社もありますが、平日のみという会社も多いです。

仕事が終わった後に対応してくれる会社もありますが、有休を使って休まなくてはならないこともでてきます。

在職中ではこれが一番ネック。

転職活動では複数の会社を同時に受けることになりますので、面接日を指定して同じ日にするといったことが必要となります。

企業側も在職中であることの大変さは理解してくれているので、わりと融通をきかせてくれます。

スポンサーリンク

在職中の転職活動は大変?

在職中の転職活動について紹介してきましたが、いかがでしょうか。

わりといけるんじゃないかと思いませんか?

私自身、実際に経験してみると最初に思っていたイメージよりは意外に大変ではなかったです。

大変そうだからと躊躇している人は、まず軽めでもいので始めてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職したいけど貯金がない。お金がない中で転職するには?

関連:公務員を辞めたい!その理由や民間へ転職時の注意点。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ