仕事が心から憂鬱で辞めたい。転職すれば解消される?他の対処は?

仕事が心から憂鬱で辞めたい。転職すれば解消される?他の対処は?

仕事が憂鬱。そんな気持ちで毎日会社に通っていませんか?

もちろん仕事は楽しいことばかりではありませんから、行きたくない、行くのが嫌だと思ってしまうのは誰にだって少なからずあるのは普通のこと。

ですから多少のことなら我慢するし、割り切って働く人がほとんどでしょう。

ただそれが毎日で、しかもその気持ちが強く、常に早く休みになることを祈るような状態になってしまっていると話は別。

週に少なくとも5日、最低でも1日8時間という長い時間を費やすことになる仕事ですから、憂鬱でしかなくなれば、さすがに割り切って我慢することはできずに会社を辞めたいとしか思えなくなってきます。

当然そうなると考えるのは転職ですよね。

できることなら転職して、心機一転違う仕事に臨むことに憧れる人は多いと思います。

そこで今回は、仕事が心から憂鬱で辞めたいと感じている人が転職を考えている場合に知っておきたい点を紹介します。

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

関連:休み明けに憂鬱すぎて会社に行きたくない。解消する方法は?

上手くいかない人間関係、怖い上司、多すぎる仕事量

あなたにとって仕事が憂鬱で仕方がないものになってしまっている原因はなんですか?

  • 人間関係が上手くいかない
  • 仕事が多すぎる
  • 残業が多すぎる
  • 上司が怖い
  • 関係部署や顧客が怖い
  • 仕事のプレッシャーが強い
  • 仕事があまりにもつまらない

私が実際に仕事をしていて憂鬱に感じたことをざっと挙げてみてもこれだけあります。

まあそれでも、辞めるかどうかまで追い込まれたかというとそうでもありません。

人間関係が上手く行かない人がいても味方になっていてくれる人がいた。

仕事が多い、残業が多いのも人に職場で協力きる関係が築けてたし、早く帰れる日もあった。

上司は怖くても徐々に押さえるべき点がわかってきた。

関係部署や顧客とはなんだかんだで割り切れた。

仕事のプレッシャーはこなせる仕事が増えてくるにつれて問題なくなってきた。

つまらないタイミングはあったけど、好きな部分もあったので仕方ないと割り切れた。

1週間程度憂鬱さがとれなかったことはありますが、何かしらプラスになることもあってので辞めたい、転職したいとまでは行きませんでした(別な理由で転職したことはありますが)。

辞めたいほど憂鬱になっている気持ちはほうっておくと危険

仕事をしていたら憂鬱になることなんてやっぱりありますし、それを引きずってしまうことだってあありますよね。

割り切り方、切り替え方が上手い人なら1日2日でスパッと気持ちを切り替えることができるのかもしれませんが、そんな人ばかりではないと思います。

ただそれでもたいしたことでなかったり、何かしらプラスになることがあればそこまで長引くことはないはず。

数か月、下手したら年単位で毎日のように辞めたいと思うほど憂鬱な気分が続いているならやっぱりおかしなことです。

そしてそんな状態でこの先もずっと仕事を続けていくのは決して良いことではありません。相当高いストレス下で続けることになるわけですからね。

最初は憂鬱だと思うだけで済んでいた気持ちも、いつのまにか常に気分が落ち込んだ状態になり頭痛や吐き気が発生。精神的、肉体的な不調をきたすことになってしまうわけです。

解消する為に転職を考えている人が知っておくべきこと

常に仕事を辞めたいと思ってしまうほどの憂鬱な気分。

そんな憂鬱な気分を解消しようと思った時、その憂鬱な原因である仕事から離れること、すなわち転職が一つの手段として挙げられます。

どういった会社、どういった仕事に転職するかは置いておくと、確実な手段と言えるでしょう。

転職も一つの手段としてあり

転職することは決して悪手ではありません。

毎日毎日憂鬱に過ごすより、さっさと転職してしまった方が幸せを手に入れることが出来る可能性が十分高いです。

もちろん転職で失敗してしまうというリスクはあるものの、転職活動をしっかり行えばそのリスクはかなり抑えることができますしね。

実際、転職経験者に聞いた転職満足度はかなり高くなっています。

転職に関して甘えだ、逃げだの悪いイメージを持っていたりする人もいるかもしれませんが、そんな考えを持つのは大きな損。

転職に関してしても無駄、何も変わらない、悪化するだけなんて思っている人もいるようですが、そんなのは単なる知識不足。

転職市場は超売り手市場。転職して解消するという手段は大いに活用していいと思います。

転職では解消されない場合も

ただ憂鬱になってしまっている原因次第では、転職後も解消されず二の舞になってしまう危険性があることは覚えておかなくてはなりません。

人間関係が上手くいかない原因が自分にあると、人が変わっても同様の思いをするかもしれない。

仕事の進め方が悪いせいで仕事が多くなってしまっていると、転職したところで仕事についていけないかもしれない。

仕事に対する向き合い方が変わらなければどんな仕事だってつまらなく感じるかもしれない。

転職して一旦リセットするのはいいのですが、その際には自分にとってどういったことで憂鬱になってしまっていて、転職後にそうならない為にはどうするべきなのか、環境だけのせいにせず自分自身の問題としても捉えてみるようにしてください。

転職しなくても解消される場合も

憂鬱な仕事から離れる手段として転職もありですが、決して唯一な手段ではないということも忘れてはいけません。

たとえ1年、2年そんな状態が続いていたとしても、それまではただ我慢するだけだったせいで変わらなかっただけ。自分から動きだすと解消されることだってあるのです。

わかりやすいところだと上司に相談して異動希望を出す。

部署異動はハードルが高く、年に1回で時間もかかってしまうとしても、違う課、係などであれば、思ったより簡単に変わる場合があります。

また上司だけではなく先輩、同僚に相談することで仕事が分散されたりサポートをして貰えたり、仕事のコツを教えて貰ってすっきりする場合もあります。

辞めたい気持ちは強いけれど、本当は条件面が良いので辞めたくない、仕事自体は面白いので辞めたくないという気持ちがあるなら、そんな道を探ってみるのも良いかもしれません。

転職成功に向けて

転職するとしたら絶対に叶えなくてはいけないのが転職を成功させること。

単にどこの会社でも良いから転職するのはもっての他で、しっかり自分の希望にあった会社を選ばなくてはいけません。

だからこそ転職活動は決して焦らず、情報収集などに手を抜かずに行うようにしてください。

転職活動を行うにあたり、情報収集を行いスムーズに行う為には転職サイト、転職エージェントを利用するようにしてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ