仕事が憂鬱に感じる。どう解消する?

仕事が憂鬱に感じる。どう解消する?

仕事が憂鬱で、会社に行きたくない。

誰もがそう感じたことがあるのではないでしょうか。

特に休み明け、連休明けは強く感じるでしょうし、毎朝感じているなんて人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの人はその感情を押し殺し、憂鬱だと感じても我慢して毎日会社に行くという生活を過ごしているのではないでしょうか。

そこで、今回は仕事が憂鬱であると感じた時に、少しでも改善につなげることができる解消方法を紹介します。

関連:仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

関連:職場で無視される。無視する人への対処法は?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事が憂鬱、その影響は?

仕事が憂鬱だと感じながらも、ほとんどの人は頑張って会社に行くことでしょう。

ただ行きたくないと思うだけで済んでいればいいのですが、憂鬱な日々が続き、憂鬱だと強く思うようになると、精神面、身体面に悪い影響を及ぼすようになってしまいます。

まず軽度な状態としては、気分の落ち込みにつながり、モチベーションの低下してしまったり、仕事の効率が落ちるといったことが起きます。

さらに悪化すると、うつ病や自律神経失調症といった病気を引き起こす可能性があります。

憂鬱と感じている時、人は強いストレスを受けています。そのストレスが解消できないまま、毎日のように続いてしまうとこういったことに繋がってしまいます。

身体的な影響としては頭痛や倦怠感、吐き気なども引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

仕事が憂鬱と感じた時の解消法

憂鬱だと感じてしまうことは、自分の中で昇華することができるのであればいいですが、そうでない場合、蓄積され続けてしまいます。

ただ我慢するということを続けるのではなく、上手く解消していく必要があります。

運動する

運動することは、ストレスの解消につながります。

また、運動によって質の良い睡眠につながる為、それもまた良い影響を及ぼしてくれます。

忙しい時や、仕事が憂鬱だと強く思う時ほど、仕事以外の時間は休みたいとだらだら過ごしてしまいがちですが、それでは憂鬱な気持ちが解消できずに次の日を迎えることになってしまいます。

夜ふかししない

次の日が憂鬱だからと、ついつい夜更かししがちです。

しかし、夜更かしによって睡眠不足になってしまうことはよりいっそうのストレスに繋がり、憂鬱だという感情を増幅させてしまいます。

人に相談する

仕事を憂鬱に思っていることは人に言えず、一人で悩んでしまいがちです。

会社の人にはもちろん言えないし、友人にもプライドが邪魔して相談できないことも多いでしょう。

しかし、人に話すということは憂鬱な感情をすっきりさせる為に非常に有益なことです。

人に話すことによる一番のメリットは、なぜ憂鬱に思うかということを自分でも認識できるということです。

それにより、その感情がたいしたことではないと思うことができたり、もしくは重たいことだと認識して、会社を辞めるといった具体的な行動に移れるができます。

憂鬱に感じる理由を明確にする

人に話すと同様のことになりますが、どうしても誰にも話す人がいないという場合には、自分の中でなぜ仕事が憂鬱になるかを明確にしましょう。

そうすることで上記で紹介したようにただ憂鬱だと思っている時から、より具体的に動くことを決めることができます。

仕事終わりに先延ばしにしない

毎日憂鬱に感じることを少しでも減らす為に、日々の仕事で先延ばししないことを心がけてみてください。

仕事が嫌だと思ってしまっている時ほど、仕事が終わりに近づくと、帰ることばかりを考え、終わらせるべき仕事を後回しにしがちです。

また、嫌な仕事ほど次の日へと先延ばししがちです。

いずれやらなくてはいけないことを先延ばししていては、毎日憂鬱な感情が続いてしまいます。

仕事を先延ばしせずに終わらせることができる時には終わらせてしまうということを心がけてみましょう。

仕事は憂鬱であることを受け入れる

仕事は憂鬱なものであるということを受け入れてしまうのは一つのです。

憂鬱と感じているのはあなただけではありません、あなたの周囲の人や、それどころか働いている人のほとんどが感じてしまっていることです。

積極的に憂鬱であることを受け入れ、その上であえて自分に厳しくしてみるのも一つの手です。

転職してみる

あまりにも仕事が憂鬱だと思う感情が強いのであれば、今の仕事は自分に合っていないと割り切り、転職してしまうのも一つの手です。

今の仕事、今の会社である必要はないはずですし、もっと幸せな環境はあるはずです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

最後に

仕事が憂鬱であると感じることに対し、幾分かの我慢は必要です。

しかし、強く感じるのであれば解消する為に何頭の行動を起こすこと、時には逃げることも必要です。

仕事という人生における一部で、不幸にならないように、行動を起こしてみましょう。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:嫌な仕事への取り組み方とは

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク



このページの先頭へ