仕事が憂鬱に感じる。どう解消する?

仕事が憂鬱に感じる。どう解消する?

仕事が憂鬱で、会社に行きたくない。

誰もがそう感じたことがあるのではないでしょうか。

特に休み明け、連休明けは強く感じるでしょうし、毎朝感じているなんて人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの人はその感情を押し殺し、憂鬱だと感じても我慢して毎日会社に行くという生活を過ごしているのではないでしょうか。

そこで、今回は仕事が憂鬱であると感じた時に、少しでも改善につなげることができる解消方法を紹介します。

関連:仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

関連:職場で無視される。無視する人への対処法は?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事が憂鬱、その影響は?

仕事が憂鬱だと感じながらも、ほとんどの人は頑張って会社に行くことでしょう。

ただ行きたくないと思うだけで済んでいればいいのですが、憂鬱な日々が続き、憂鬱だと強く思うようになると、精神面、身体面に悪い影響を及ぼすようになってしまいます。

まず軽度な状態としては、気分の落ち込みにつながり、モチベーションの低下してしまったり、仕事の効率が落ちるといったことが起きます。

さらに悪化すると、うつ病や自律神経失調症といった病気を引き起こす可能性があります。

憂鬱と感じている時、人は強いストレスを受けています。そのストレスが解消できないまま、毎日のように続いてしまうとこういったことに繋がってしまいます。

身体的な影響としては頭痛や倦怠感、吐き気なども引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

仕事が憂鬱と感じた時の解消法

憂鬱だと感じてしまうことは、自分の中で昇華することができるのであればいいですが、そうでない場合、蓄積され続けてしまいます。

ただ我慢するということを続けるのではなく、上手く解消していく必要があります。

運動する

運動することは、ストレスの解消につながります。

また、運動によって質の良い睡眠につながる為、それもまた良い影響を及ぼしてくれます。

忙しい時や、仕事が憂鬱だと強く思う時ほど、仕事以外の時間は休みたいとだらだら過ごしてしまいがちですが、それでは憂鬱な気持ちが解消できずに次の日を迎えることになってしまいます。

夜ふかししない

次の日が憂鬱だからと、ついつい夜更かししがちです。

しかし、夜更かしによって睡眠不足になってしまうことはよりいっそうのストレスに繋がり、憂鬱だという感情を増幅させてしまいます。

人に相談する

仕事を憂鬱に思っていることは人に言えず、一人で悩んでしまいがちです。

会社の人にはもちろん言えないし、友人にもプライドが邪魔して相談できないことも多いでしょう。

しかし、人に話すということは憂鬱な感情をすっきりさせる為に非常に有益なことです。

人に話すことによる一番のメリットは、なぜ憂鬱に思うかということを自分でも認識できるということです。

それにより、その感情がたいしたことではないと思うことができたり、もしくは重たいことだと認識して、会社を辞めるといった具体的な行動に移れるができます。

憂鬱に感じる理由を明確にする

人に話すと同様のことになりますが、どうしても誰にも話す人がいないという場合には、自分の中でなぜ仕事が憂鬱になるかを明確にしましょう。

そうすることで上記で紹介したようにただ憂鬱だと思っている時から、より具体的に動くことを決めることができます。

仕事終わりに先延ばしにしない

毎日憂鬱に感じることを少しでも減らす為に、日々の仕事で先延ばししないことを心がけてみてください。

仕事が嫌だと思ってしまっている時ほど、仕事が終わりに近づくと、帰ることばかりを考え、終わらせるべき仕事を後回しにしがちです。

また、嫌な仕事ほど次の日へと先延ばししがちです。

いずれやらなくてはいけないことを先延ばししていては、毎日憂鬱な感情が続いてしまいます。

仕事を先延ばしせずに終わらせることができる時には終わらせてしまうということを心がけてみましょう。

仕事は憂鬱であることを受け入れる

仕事は憂鬱なものであるということを受け入れてしまうのは一つのです。

憂鬱と感じているのはあなただけではありません、あなたの周囲の人や、それどころか働いている人のほとんどが感じてしまっていることです。

積極的に憂鬱であることを受け入れ、その上であえて自分に厳しくしてみるのも一つの手です。

転職してみる

あまりにも仕事が憂鬱だと思う感情が強いのであれば、今の仕事は自分に合っていないと割り切り、転職してしまうのも一つの手です。

今の仕事、今の会社である必要はないはずですし、もっと幸せな環境はあるはずです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

最後に

仕事が憂鬱であると感じることに対し、幾分かの我慢は必要です。

しかし、強く感じるのであれば解消する為に何頭の行動を起こすこと、時には逃げることも必要です。

仕事という人生における一部で、不幸にならないように、行動を起こしてみましょう。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:嫌な仕事への取り組み方とは

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ