優秀な人材が会社を辞める理由や、辞める時の注意点

優秀な人材が会社を辞める理由や、辞める時の注意点

仕事ができる、人間関係も上手くやれている。評価も高く将来の出世候補。

そんな、順風満帆で不満もなさそうな優秀な人材であっても、会社を辞めてしまうことが多々あります。

会社にとっても、同じ職場の人にとっても、かなりの痛手となってしまいますね。

では、なぜそういった優秀な人材が会社を辞めてしまうのでしょうか。

関連:仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

関連:自分に合う仕事、向いている仕事とは?どうすれば見つけることができるのか。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

優秀な人材が会社を辞める理由

優秀な人材で、仕事が上手くいっているからといって、その環境に満足しているとは限りません。

周りは気づかないかもしれませんが、実は多くの不満を抱えていることが多いです。

給料に対する不満

最も多い会社を辞める理由が、給料が低いという不満によるものです。

仕事ができ、成果をたくさんだしていようとも、会社の給与規定の範囲内でしか給料を貰うことができずに、他のダメな社員とは差がつきません。

場合によっては仕事が早く終わり残業も少ない為、他の社員に比べて給料が低くなってしまっているなんて場合もあります。

優秀な人材であるほど、給料に対しての不満は大きくなるでしょう。

仕事量に対する不満

同じ勤続年数の社員であっても、与えられる仕事量は仕事の出来具合によって変わります。

当然、仕事ができる優秀な社員にはたくさんの仕事を与えられます。

下手したら、先輩よりもずっと仕事が多いなんて人もいるかもしれません。

それでいて給料は同じなんですから、仕事ができる人にとっては不満以外の何物でもないですよね。

キャリアアップの意識が強い

キャリアアップを目的に会社を辞める人も少なくありません。

出世できそうだと言っても、出世したところで給料がしれている場合にはより高い給料を貰うことができる会社に、

他にも、より自分が成長できる会社に、より規模の大きい仕事ができる会社にと考え、会社を辞める人もいます。

優秀であると見られていることのプレッシャー

仕事が上手くいっていて、周囲から優秀だと思われている社員であっても、実は悩んでいるということも少なくありません。

特に、優秀であると見られていることにプレッシャーを感じてしまっている人も少なくありません。

そう思われているが故、失敗することに対してひどく怯えてしまい、大きなストレスを感じてしまうことになります。

そのストレスが積み重なった結果、プレッシャーから解放される為に仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

上司を尊敬できない、会社への不信感

会社内に尊敬できる人がいないことは、会社自体への不信感へもつながっていってしまいます。

こんな会社にいても大丈夫だろうかという不安を持ったり、自分が成長できる環境ではないとも思ってしまいます。

上司の能力が低い、正しい意見を言っても耳を貸してくれない、間違ったことであっても上司が言うことは絶対。

そんな会社多いですよね。

やりがいに対する不満

優秀な人材ほど、仕事を覚えるのが早く、何でもそつなくこなせるかと思います。

ただ、何でもそつなくこなせるようになってしまうと、仕事に対してやりがいを感じることができなくなってしまいがちです。

仕事をする上でやりがいは非常に大切なもの。

やりがいを感じることができない仕事を続けるというのは本当に辛いことです。

優秀な人材はどこに行っても大丈夫?

上述した理由から、優秀な人材であっても会社を辞めてしまいます。

ただ、自分ならどこへ行っても大丈夫と慢心してしまってはいけません。

会社、仕事が変わることによる影響

一つの会社で活躍できたことは良いことですし、自信を持っていいことです。

そして、実際に優秀な社員ほど、どこの会社に行っても活躍できる場合が多いです。

ただ、中には会社が変わることで一転しまうこともあります。

特に、以前の仕事のやり方で評価されてきたからと、自分を変えることがないままでいると、その可能性が高くなります。

環境が変われば、それに合わせて自分も変えなくてはなりません。

柔軟性が大切になります。

感謝は忘れてはいけない

今でこそ優秀な人材として、会社に貢献できているかもしれません。

しかし、新入社員の頃はむしろ全く会社に貢献できてない人だったはず。

ここまで成長できたのは、周囲の人や会社のおかげであることを忘れてはいけません。

また同じように悩むことも

もし、転職し、その会社でまた同じように活躍できたとしましょう。

ただ、その時にまた同じように不満を感じるかもしれません。

一部の成果主義を取り入れている会社であれば、年齢関係なく、高い給料を貰える場合もあります。

ただ、ほとんどの会社ではどれだけ貢献しても給料はそこまで上がらないし、できる人間にはたくさんの仕事を与えられます。

とは言え、環境を変えることは大切

せっかく評価されているにも関わらず会社を辞めるということは、それなりにリスクのあることというのは忘れてはいけません。

ただ、それでも現状に不満を抱いているなら環境を変えることは大切なことです。

辞めたいとずっと思いながらも仕事を続けるのはやはり大変なことですから。

慢心することなく、現状と転職後についてよく理解した上であれば、十分に辞める価値はあると思います。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

関連:仕事を仕事として割り切ることは必要?上手く割り切る方法は?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ