転職市場でよく言われる優秀な人材とはどんな人材?

転職市場でよく言われる優秀な人材とはどんな人材?

優秀な人材が欲しい。

企業は中途採用を行う際にそう口にします。

ということは、転職したければ優秀な人材だと見られればいいわけです。

では、優秀な人材とはどのような人材なのでしょう。

今回は、転職市場における優秀な人材について紹介していきます。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職が難しい人、転職しやすい人、その違いは?

関連:理系の転職、求人が多く転職しやすい職業とは?

会社内で優秀な人と転職市場で優秀な人は違う

会社内でばりばり仕事をこなせる優秀な人がいるかと思います。

そういう人はどこの会社にいっても大丈夫、会社を辞めても他の会社がほうっておかないだろう。

そう思うかもしれません。

しかし、実際には転職市場では優秀だと思われず、転職が上手くいかないということがあります。

逆に、会社内であまり仕事ができないと思われていても、転職では上手くいくなんてこともあります。

ですから、必ずしも会社内で優秀な人と、転職市場で優秀な人は違うのです。

会社に適応しすぎている

まず一つ目の理由が、その会社に適応しすぎているという点です。

仕事の能力として、どの会社でも通用する普遍的な能力と、その会社に特有の能力があります。

優秀な人は、効率さを重視し、後者の能力を重視していがちです。

しかし、いくらその能力を身につけても、転職市場では評価されません。

仕事が変われば、またゼロからスタートする人間を優秀な人材とは認識してもらえません。

アピールが下手

いくら仕事ができる優秀な人であっても、転職活動での面接でしっかりアピールできなければなりません。

普段は、その仕事ぶりから優秀だと認識して貰っても、転職市場では実際の仕事ぶりを見てもらうなんてことはできませんから、全ては自分のアピール次第なのです。

優秀な人ほど、「自分なら大丈夫だろう」と思い、転職の準備を行ってしまいがちです。

過信

会社内で優秀だと、周囲から尊敬されたり褒められたりすることも多々あります。

その結果、自分でも優秀な人材だと自覚するようになっていきます。

ただ、その結果、自分に対して過信してしまいがちになり、それが転職の場面でも現れてしまうことがあります。

転職市場で優秀な人材だと思われる為には?

では、転職市場で優秀な人材とはどういった人材を指すのでしょうか。

スキル、実績が十分で、それをアピールできる

中途採用では、スキルが身についており、かつ実績をしっかり残した人材が最も評価されます。

基本的には、企業は即戦力であることを望みます。

もちろん、未経験者可であることもありますが、もし高いスキルを持った人がライバルにいれば、その人を優先的に採用します。

ただ、どれだけ希少な高いスキルを持っていようと、実績を残してようと、企業側にそのことをわかって貰えなければ、それはスキルがないのと一緒です。

先ほども述べたように、転職では実際に仕事を見て決めるわけではありません。

履歴書に書いている内容、面接時の会話から決まるのです。

しっかりアピールができなければ、優秀な人材と認知してもらうことはほぼありません。

最低限のコミュニケーション力

コミュニケーションは、仕事を行う上で必ず必要となる能力です。

かつ、面接でもその能力を見ることができる為、応募者の優劣が付けやすい能力であると言えます。

相手の言っている内容をしっかり理解できること。

論理的に会話を組み立てて説明できること。

相手の立場、レベルに合わせた話し方ができること。

不意の質問に頭の回転が早く、即時に答えることができること。

表情から相手の感情を読み取ることができること。

コミュニケーションと一言で言っても、こういったことが求められます。

将来のビジョンが具体的

転職市場では、将来のビジョンを具体的に持っている人材ほど好まれます。

その会社に勤めて、今後どういった仕事をしていきたいか。

5年後、10年後、15年後と自分がどうなっていきたいか。

非現実的なものであってはいけないし、かといって現実的すぎる夢のないものでもだめ。

企業にとって、しっかりビジョンを持ち、目標を持っている人材を採用したいと思うのは当然のことです。

自分の能力をどう次の仕事に活かすかが明確

同じ業界、同じ職種であっても会社が変われば仕事は変わります。

では、転職してから持っている能力をどう活かしていくかということが、即戦力を期待している企業にとって大事なことです。

応募した会社での仕事を認識し、自分がどのように活躍していくかより明確にしておかなければなりません。

素直

素直であるということは非常に大切なことです。

間違いをした時にしっかり受け入れ、反省できる人間、傲慢な態度をとらない人間でなくては、やっていけません。

転職すると仕事が変わるのですから、新たなことをどんどん吸収し適応していかなければなりません。

素直な人ほど吸収なスピードは速く、そうではない人ほどなかなか適応できずにいる傾向があります。

転職活動に慣れておくことも大切

誰でも、最初はなかなか上手くいきません。

普段はなかなか自分にどういった能力、強みがあるかなんか考えたこともないでしょう。

ましてや、他の会社でも通用する能力は何か考えることもなければ、面接なんてまずありません。

ですから、いつかは転職したいと考えているならば、転職活動に慣れておくことは大切なことです。

また、それは自分の仕事生活について考える上でもまた、良いきっかけになります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:中途採用の筆記試験、一般常識問題や適性検査、論文はどう対策すればい?

関連:転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ