仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

様々な理由から仕事を辞めたいと思いながらも、実際に退職するという行動に移すことができる人は少数。

あれこれと色々なことを考えてしまって不安になり、辞める勇気がでないまま結局ずるずると働き続けてしまっている人が大半です。

確かに辞めたいと思ったら、思うままに次から次へと仕事を辞めてしまうことは良い選択とは言えません。時には多少歯を食いしばることも必要。

ただ時には勇気を出して仕事を辞める決断をすることだって必要。もしそれでも勇気がでないという人は今一度自分にとっての仕事とは何なのか考えてみることが大切です。

関連:仕事を辞める勇気を持ったことで変わったこと。選択肢と逃げ道を作ることは大事なこと

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

仕事を辞めたいけど勇気がでないからずるずる働いてしまっている人は注意

仕事を辞めたい。そう思った時にもし何も考えずその感情のまま行動することができたらなんと楽なことでしょうか。

でもやっぱりそんな簡単なことではない。

今の生活を手放すこと、今の環境を手放すこと、あれこれと考え出すと辞める勇気が出ずに結局そのまま続けてしまいます。

思い切って仕事を辞めてみても、その後で辞めなければ良かったと後悔してしまう人がいるのも事実ですからね。

ただ勇気がでないからと決断を先延ばしすれば何か変わるでしょうか。

もちろん変わる場合もあるでしょうが、結局そのまま数年たったなんて人も少なくはないでしょう。

その時にあなたは感じるかもしれません。

なぜあの時辞めなかったんだろう、なぜさっさと転職しなかったのだろう、なぜ何年も無駄な時間を過ごしてしまったんだろうと。

あなたにとってベストな選択は何なのか

勇気がでないから辞められずにいるというのは、辞めることだけのリスクばかりを考え、単に今のまま続けることのリスクが見えていないだけ。

ただ実際は今のまま続けることにもリスクがあって、辞めることと同じくらい勇気がいることです。

辞めることに勇気をだすか、それとも続けることに勇気をだすか。あなたにとってどちらがベストな選択となるでしょうか。

どちらの選択が良いのかというのは、現時点ではっきりとわかることではありません。後々選択ミスだったと気づいてしまうこともあるでしょう。

ただ少なくとも選択することを放棄してただ続けるよりかは、自分の中で双方のリスクを考えた上で良いと考えて決断したほうが、後で失敗だったと思う可能性は低くなるはずです。

なぜ勇気がでない?

そもそもなぜ辞めたいという強い思いを持っているにも関わらず、その勇気がでないのでしょうか。

辞めるにしろ続けるにしろ、まずは自分の中で辞めることができずにいる原因を取り払っていかなければ選択することができません。

勇気がでない理由、そしてそれに対してどう考えていけばいいのか、一つ一つ考えてみましょう。

辞めた後のことが不安

まず一つ目が辞めた後のことが不安だということ。

今の仕事を辞めてしまっても次の仕事は見つかるのだろうか、給料が大きく下がってしまうんではないか、引っ越しでお金が必要になるんではないか、次の仕事が見つかるまで生活ができるのだろうか。

仕事を辞めてもまた働かなくては生活できませんから、次のことは考えなくてはなりません。

まあこれに関しては、単に転職活動を先に行うことで解決。

転職活動をしてみて今の仕事を辞めてもいいと思える会社から内定を貰えれば辞めればいいし、あまり良い会社から内定を貰えなければ続けることにすればいいだけのことです。

貯金があまりないという場合であれば、引っ越しする必要がない近場の会社を狙えばいいし、会社によっては引っ越し代を負担してくれる場合もあります。

しかし今の会社を続けながらでは転職活動をすることができないという人もいるかもしれません。

毎日遅くまで残業で休みもろくにない、有給休暇もとれずに面接に行くことができない、ブラック企業で働いている人はそんな人もいるでしょう。

ただそんな会社なら辞めることに躊躇する必要なんてないと思いますよ。自己都合の退職であっても45 時間以上の残業を退職直前半年のうちで3ヶ月連続していれば失業保険はすぐ貰えますからね。

それでも不安なら転職エージェントに一度相談してみましょう。土日含めて対応して貰えますから。

辞めて後悔しないか心配

転職後同僚と上手くやれるのだろうか、もしかしたらブラック企業ではないだろうか、変な上司にあたってしまうのではないだろうか、せっかく今の仕事ができるようになったのに離れてしまっていいのだろうか。

辞めたらもう戻れませんから、辞めてからの後悔は確かに怖いもの。

ただこういった人はおそらく今の仕事を続けることに対してのリスクを考えることができていないんだと思います。

続けることにもリスクはあります。そのこともよく考えてみるようにしてください。

また辞めた後のことが決まっていないが故に今の状態と辞めてからの状態が比較できていないことも原因であると考えられます。

まずは転職先を見つけることから。今と比べるのはそれからです。

しっかり調べて転職先を選べば、ブラック企業かもなんている恐怖は少なくなると思います。

上司に言い出せない

いざ退職しようと思っても、上司に言い出すのって怖いですよね。何を言われるかわかりません。

ただこの思いで仕事を続けるというのは本当に無駄。そんなことであなたの貴重な時間を浪費しないでください。

確かに退職を切り出すと怒る人もいます。退職届を受け取ってくれない人もいます。

ただ大変なのは一瞬です。その後のことを考えれば、気にするのがばからしいくらい一瞬です。

怒られても気にしなければいいだけですし、退職届を受け取ってくれなくても上司の同意なく辞めることは可能です。

ちなみに私自身も辞めると決断してから1ヶ月ほど中々言い出せなかったんですが、実際に言ってみるとそれから何を言われようとも気にならなくなって、なぜさっさと言わなかったんだろうと思うようになりました。

参考:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

周りの人が気になる

辞めたらどう思われるんだろう、辞めたら逃げたと思われるんではないかなんて人の目をきにしたり、

自分が辞めたら迷惑をかけるんではないか、仕事が回らなくなるんではないかと不安になったり、

自分ではなくて周囲のことが気になって辞める勇気がでないなんて人もいるでしょう。

でもよく考えてください。今あなたが周りの目をきにして自分がしたいことを我慢して将来良いことがあるのでしょうか。周囲に迷惑をかけないようにと自分を犠牲にしたところで何か良いことがあるのでしょうか。

そもそも周りなんてあなたが転職しても特に何も思わないし、思ったとしても転職することはすでに一般的なことでそれを逃げだとか負けだとか思う時点で古臭い人間。

会社は社員が誰か1人辞めたからといって仕事が回らなくなってしまうことなんてなく、多少大変になるかもしれませんがなんとかはなるもの。何よりいざとなれば給料を下げたりリストラをしますから、割り切った関係でなくてはなりません。

辞めてみると意外にすっきりする

私自身、実際に仕事を辞めるまでは色々な葛藤がありましたし不安もありました。

さすがにもう辞めるべきだろうと思っても、そこから実際に辞めるまでには1年以上かかりましたね。

ただ実際に仕事を辞めてみると、意外なほどすっきりしましたね。何をそんなに恐れていたんだろうと辞めた後に思いました。

もちろん辞めることがベストとはならない人もいますから、勢いで辞めることはおすすめしません。

ただ今のままでは何も決められず、結局悶々とした日々を過ごすだけ。

そこから脱出する為にもまずは転職活動をするところから始めてみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ