転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

転職活動のイメージは大変、面倒といったあまりいいイメージを持っていない人が多いのではないでしょうか。

しかし、転職活動をすることで、得ることって意外に多いものです。

確かに悪かったこともあります。

そこで、今回は転職活動を実際に行ってみて良かったこと、悪かったことを紹介します。

転職活動をしてみて良かったこと

実際に私が転職活動を行ってみて良かったと感じたことです。

視野が広くなる

一つの会社の中で仕事をし続けていると、自分の会社のことしか知れず視野が狭くなるもの。

転職活動をすることで、他の会社について色々と調べます。

年収や、休日数、残業時間だけでなく、仕事の内容まで。

自分の会社では当たり前と思っていることが、そうではなかったり、同じ業界でも、同じ仕事でも、給料や残業時間が大きく異なったり

自分の会社がましだったと思う時もあるかもしれませんが、こういったことを知ることができるということは、非常に大きなことです。

自分の市場価値がわかる

転職サイトのスカウト機能を使うと、自分の市場価値が良くわかります

自分のこれまでの職歴、スキルではどういった求人がどれだけ来るのか、年収はどれくらいになるのか。

同じスキルを持っていても、実は年収がずっと高い人もたくさんいます。

年収というものは、個人のスキルよりも、勤めている会社に依存している場合が多い為です。

そこが自分の会社だけ見ていては、わからないことですが、転職活動を行うことで実際にどうなのかということがわかります。

思っていたよりも気楽に行えた

転職活動のイメージは、正直かなり大変だというイメージでした。

しかし、転職サイトは登録が30秒~1分程度で行うことができたし、転職エージェントに相談できたので、割と気楽に行うことができました。

自分のキャリアプランを考える機会になる

なかなか自分のキャリアプランを考える機会はありません。

ただ目の前の仕事に追われ、上手いこと上司に評価されれば出世できて、そうでなければ出世できない。

その流れに沿ったまま会社生活が終わっていくということがほとんど

転職活動では、その流れをいったん止め、自分のキャリアプランについて考えるいい機会になります。

もちろんキャリアプランを考えた上で、その会社で過ごすということを選ぶのもいいでしょう。

転職活動で大変だったこと

もちろん転職活動で大変だったこともあります。

趣味の時間は減る

私は、会社に行きながら転職活動を行っていました。

その為、使える時間は仕事が終わってから、もしくは休日。

転職活動をしていなければ、本来は趣味などで、普段の仕事の疲れをとる時間。

それがなくなってしまうのはやはり大変でした。

家族に迷惑をかけた

これは私特有のことかもしれませんが、家族にやはり迷惑をかけたかなと思います。

普段は家族サービスを行う時間も転職活動の為に色々とやってしまったり、

疲れからイライラしてしまったり。

気疲れが多かった

想像していたよりも気楽とは言え、やはり気疲れは多かったです。

面接の為に有給を使うことが多くなったり、転職活動をしているのがばれないように気を遣ったり。

今考えると気を遣わなくてもいいようなことまで気を遣っていたおかげで、気疲れが多かったです。

まずは気楽に転職活動してみるといい

転職活動をしてみてよかったこともあれば、大変だったこともあります。

しかし、大変だったことは一時のものですが、良かったことは、一時のものではなく、将来的にも役に立つことが多いです。

私の場合、気を張りすぎて行っていた為疲れてしまいましたが、まずは気楽に転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ