契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。

契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。

契約社員として働く以上、当然そのリスクは知っておく必要があります。

そのリスクとして今回紹介するのはクビ、雇止めの実態です。

自分はそれなりにちゃんと仕事もしているし、人間関係も悪くはないから心配ないだろうなんて思っていても、それは突然襲い掛かってくるかもしれません。

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

まずクビになるのは契約社員

残念なことに、会社の経営状態が悪くなったり、体制が変わったりした時に真っ先にクビをきられるの契約社員や派遣社員といった有期雇用労働者です。

正社員として雇用している場合、会社側は相当な理由がない限りクビにすることはできません。多少仕事ができないだとか、体制が変わっただとか、会社の経営が下向きになって人が余ってきたなんてことで解雇すると、それは不当解雇となってしまいます。

実はこれ契約社員などの有期雇用労働者も同様であり、そういった理由で解雇することは基本的にできません。

しかし、会社には有期雇用者を雇い止めをするという方法があります。

派遣社員や契約社員として雇用される際、契約期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月といったようにあからじめ決められます。そしてその契約を更新していくことで長期間働いていくことになります。

もし何らかの辞めてもらいたい理由が発生した時、会社は解雇するのではなく、単に次の契約を結ばないという選択によって雇用関係を打ち切ることが可能になるのです。

そもそも、企業が有期労働者を雇用する大きな理由は需要の変動に対応するためです。当然需要が減ったら働くことができなくなるのは当然のことと言えば当然のことなのです。

雇い止めは合法か

契約社員に対して、会社側が契約更新をせずに辞めさせる雇い止めですが、労働者にとってはかなりデメリットも多く生活にも直接影響を及ぼす為、厚生労働省が雇い止めに関する基準を決めています。

その基準というのは、

  • 契約時に更新の有無を載せる
  • 更新の判断基準を明示する
  • 雇い止めする場合は30日前までに予告する(3回以上更新されている場合、もしくは1年以上継続して雇用されている場合のみ)
  • 雇い止めの理由を明示する
  • 労働期間の配慮(必要以上に短い期間を定めるようなことはしない)

といったものです。

これを満たしていなければ、雇い止めが不当であると対抗することができます。

しかし、逆を言えば会社がこういった基準をしっかり守っている限りは雇い止めすることは何ら問題ないことになります。

実際は上記のこと以外にも労働者が更新に対して期待を抱くような状況にあるかなども影響する為、判断としては難しい部分がありますが、たいていは争うこともできずに仕方がなく受け入れざるをえない場合が多いです。

いつまでも今の生活は続かない

1年くらい働いていると、ついいつまでもこの生活が続くのではないかという錯覚に陥ってしまいます。

しかし、今回紹介したように、突然雇い止めにある可能性もあることを忘れてはいけません。

運よく契約社員から無期雇用の正社員に登用されればいいのですが、そうでなければいつか職を失う日がきて、再度転職活動をしなくてはいけなくなります。

長く働きたいなら早めに正社員を目指そう

契約社員から正社員に登用される可能性は著しく低いのが実態です。

最初の求人には正社員登用有りなんてうたっていても、それは名ばかりの制度で実際は正社員になんかするつもりがないという会社もよくあります。

また、もし実際に正社員登用した実績がある会社であっても、相当成果をだしたり、運が良くなければ、正社員にはなれません。

淡い期待をしたり、とりあえず今は仕事があるからと安心していると、徐々に歳をとり、契約社員の仕事すら見つかりにくくなります。

ですから、今の状況に甘えず、いつかはなんていう風に先延ばしせず、早めに正社員を目指して転職活動を始めてください。

転職活動では転職サイト、転職エージェントは上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ