契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

契約社員の雇い止め、クビの現実。甘く考えていてはいけない。

契約社員として働く以上、当然そのリスクは知っておく必要があります。

そのリスクとして今回紹介するのはクビ、雇止めの実態です。

自分はそれなりにちゃんと仕事もしているし、人間関係も悪くはないから心配ないだろうなんて思っていても、それは突然襲い掛かってくるかもしれません。

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

まずクビになるのは契約社員

残念なことに、会社の経営状態が悪くなったり、体制が変わったりした時に真っ先にクビをきられるの契約社員や派遣社員といった有期雇用労働者です。

正社員として雇用している場合、会社側は相当な理由がない限りクビにすることはできません。多少仕事ができないだとか、体制が変わっただとか、会社の経営が下向きになって人が余ってきたなんてことで解雇すると、それは不当解雇となってしまいます。

実はこれ契約社員などの有期雇用労働者も同様であり、そういった理由で解雇することは基本的にできません。

しかし、会社には有期雇用者を雇い止めをするという方法があります。

派遣社員や契約社員として雇用される際、契約期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月といったようにあからじめ決められます。そしてその契約を更新していくことで長期間働いていくことになります。

もし何らかの辞めてもらいたい理由が発生した時、会社は解雇するのではなく、単に次の契約を結ばないという選択によって雇用関係を打ち切ることが可能になるのです。

そもそも、企業が有期労働者を雇用する大きな理由は需要の変動に対応するためです。当然需要が減ったら働くことができなくなるのは当然のことと言えば当然のことなのです。

雇い止めは合法か

契約社員に対して、会社側が契約更新をせずに辞めさせる雇い止めですが、労働者にとってはかなりデメリットも多く生活にも直接影響を及ぼす為、厚生労働省が雇い止めに関する基準を決めています。

その基準というのは、

  • 契約時に更新の有無を載せる
  • 更新の判断基準を明示する
  • 雇い止めする場合は30日前までに予告する(3回以上更新されている場合、もしくは1年以上継続して雇用されている場合のみ)
  • 雇い止めの理由を明示する
  • 労働期間の配慮(必要以上に短い期間を定めるようなことはしない)

といったものです。

これを満たしていなければ、雇い止めが不当であると対抗することができます。

しかし、逆を言えば会社がこういった基準をしっかり守っている限りは雇い止めすることは何ら問題ないことになります。

実際は上記のこと以外にも労働者が更新に対して期待を抱くような状況にあるかなども影響する為、判断としては難しい部分がありますが、たいていは争うこともできずに仕方がなく受け入れざるをえない場合が多いです。

いつまでも今の生活は続かない

1年くらい働いていると、ついいつまでもこの生活が続くのではないかという錯覚に陥ってしまいます。

しかし、今回紹介したように、突然雇い止めにある可能性もあることを忘れてはいけません。

運よく契約社員から無期雇用の正社員に登用されればいいのですが、そうでなければいつか職を失う日がきて、再度転職活動をしなくてはいけなくなります。

長く働きたいなら早めに正社員を目指そう

契約社員から正社員に登用される可能性は著しく低いのが実態です。

最初の求人には正社員登用有りなんてうたっていても、それは名ばかりの制度で実際は正社員になんかするつもりがないという会社もよくあります。

また、もし実際に正社員登用した実績がある会社であっても、相当成果をだしたり、運が良くなければ、正社員にはなれません。

淡い期待をしたり、とりあえず今は仕事があるからと安心していると、徐々に歳をとり、契約社員の仕事すら見つかりにくくなります。

ですから、今の状況に甘えず、いつかはなんていう風に先延ばしせず、早めに正社員を目指して転職活動を始めてください。

転職活動では転職サイト、転職エージェントは上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:派遣社員から契約社員になるメリットはある?いずれは正社員になることも可能?



このページの先頭へ