仕事を休んだことに罪悪感を感じる必要なし。次の日の対応に気を付ければいいだけ。

仕事を休んだことに罪悪感を感じる必要なし。次の日の対応に気を付ければいいだけ。

誰にだって仕事を休むことはあります。

風邪で熱がでたり、葬式にでる必要があったり、平日でなくてはできないことをやらなくてはいけなかったり。中には会社に行きたくなくて、行くのが面倒くさくて仮病で休んだことがあるという人もいるでしょう。

関連:風邪、体調不良でも仕事を休めない理由。あまりに休みが取れない会社は辞めたほうがいい。

関連:ブラック企業からホワイト企業への転職体験談。転職することで何が変わった?

仕事を休んだことに罪悪感を感じる人が意外に多い

有給休暇は労働者に与えられている権利であり、別に理由がなければいけないというものではありませんから、本来なら仕事を休んだとしても何ら気にすることはないはずです。

仮病はさすがに悪いことだろうと思う人もいるかもしれませんが、そもそも理由を言わなくては休めない状態、理由がなくては休ませてはもらえない状態であることがおかしいのであって、嘘をつくのも仕方がないことだってありますよね。

しかしながら、実際は休んだことに対して罪悪感を感じてしまうという人は非常に多いですね。

前もって休みを計画し、周知していた状態で休むのであればまだしも、体調不良や仮病で急きょ休んだ際は特にそう感じることが多いです。

自分の仕事をやってもらって申し訳ない、打ち合わせがキャンセルになって申し訳ないなんていう風に考えてしまうみたいです。

結局休んでいてもそんなことばかりを考えてしまい、精神的には全然休んだ気にならなかったなんてこともよくあります。

でもそれではせっかく休んでいるのに不健全ですよね。

次の日以降の対応で全て問題なし

まあ確かに急きょ休むことになれば上司や同僚に迷惑をかけることになりますから、罪悪感を感じるのも仕方がないことなのかもしれません。

ただ人にとって休むのは大切なこと。どうしても突発にならざるを得ない時だってあります。たとえ仮病であってもです。

休むのは仕方ない。そう割り切るのってやっぱり大切ですよ。

後は休んだ次の日以降をしっかり過ごせばほとんどの場合は問題ありません。

突発で休んだ場合は周りに感謝を伝える

まずは出社してから状況確認し、やらなくてはいけないことに対応してくれた人に感謝を伝えることが大事です。

打ち合わせ等が入っていれば代理で出席してくれた人がいたか、延期の為の対応してくれた人がいるかもしれません。

昨日までが納期の仕事があれば代理でやってくれた人がいるかもしれません。

本来自分がすべきことを代理でやってくれたという人にはしっかり感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

休んで遅れた仕事を取り戻す

1日休めば当然仕事は遅れます。いくつかの仕事を周りの人がやってくれたとしても、その日やる予定だった仕事全てをしてくれるわけではありません。

その遅れた分についてはできるだけ早く取り戻すようにしましょう。

遅れたままでいると、休んだことに対する後悔の念がどんどん強くなっていってしまいます。

場合によっては他の人の仕事を手伝う

もしも他の人の仕事が、自分が休んだことによって遅れてしまっているようなことがある場合、その人の仕事を手伝って遅れを取り戻すようにするのも大切です。

借りたものはできるだけ早く返したほうが、お互いにとって精神衛生上良いですよね。

普段の心がけも大事

休みやすい環境、休んでも罪悪感を感じないように環境をつくるのは、普段の心がけも大事です。

仕事はできるだけ前倒しで終わらせていく

熱がでても仕事があるから休めない。サラリーマンにはよくあることです。

38度以上熱があっても半分以上の人は会社を休まないらしいです。

ではそうならない為にはどうすればいいのか。それにはできるだけ仕事を前倒しして納期ぎりぎりの仕事を作らないということですね。

まあ毎日仕事が忙しすぎて中々難しいかもしれませんが、日々早め早めを心がける意識は持つようにしましょう。

人が休んだ時には積極的に手伝う

周りの同僚が休んだ時には、面倒だとか思わずに自分の可能な範囲でいいですから仕事を手伝うようにしましょう。

自分が休んだ時には必ず誰かが手伝ってくれることになるわけですから、お互い様です。

それをやっていれば、いざ自分が休むことになったとしても罪悪感は感じないかもしれません。

休んだことに文句を言う会社は要注意

これだけやっても仕事を休んだことに文句を言ってくるような会社は要注意ですね。

そもそも仕事を休むことは労働者の権利。文句を言われる筋合いなんてありません。

そういった会社にいると徐々に休みにくくなってしまい、高熱があっても仕事に行くことになったり、親族の葬式にも行けなくなったりしてしまいます。

仕事を休むことは悪と考えず、職場内で協力関係ができている会社で働きたいものですね。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:会社を休む理由は何がいい?当日の場合と事前の場合。

関連:仕事を休みたいと思ってしまう理由やそれでも働く理由


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ