会社を休む理由は何がいい?当日の場合と事前の場合。

休む理由が「なんとなく」だとか「疲れているから」なんて理由は許されないことがほとんど。  となると、適当に理由をつけるしかありませんよね。  今回は会社の休む理由を当日と事前の場合にわけて考えてみましょう。

会社を休みたい時は誰にでもあるはずです。

何か理由がある時もあれば、理由なんてなくただ会社を休みたいだけって時だってありますよね。

会社を休むことは、労働者の権利です。

労働基準法の年次有給休暇制度でしっかり定められていますし、休む時に理由なんていりません。

とは言うものの、有給はとりづらく休みにくかったり、休むなら理由を言わなくてはいけないなんて会社はたくさんありますよね。

そして、休む理由が「なんとなく」だとか「疲れているから」なんて理由は許されないことがほとんど。

となれば適当に理由をつけるしかありませんよね。

今回は会社の休む理由を当日と事前の場合にわけて考えてみましょう。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:年間休日数の平均やよく見かける105日、120日の理由

スポンサーリンク

会社を休む理由、当日の場合

当日に会社を休みたいと思った時、どんな理由が使えるでしょうか。

自分の体調不良

当日に休む理由として体調不良は定番ですね。

定番すぎて疑われることもあることは確かです。何度も使う場合は少し工夫がいるかもしれません。

例えば、冬なんかはインフルエンザの疑いがあるっぽいとしてみてはいかがでしょう。

熱がいきなり38度以上でたとか、関節が痛いだとか。

インフルエンザのような周囲にも感染させるような疑いがあるのであれば、会社側としても会社に来ずに休むことを推奨します。

また、もし数日感連続で会社を休みたいとした場合には、単なる風邪以外でも虫垂炎や胃潰瘍などが使えます。

検査して病名がわかった感じにし、安静にしなくてはならないという感じをだせばいいです。

ただ、会社によっては、3日~5日以上で診断書を提出しなくてはならないことがあるので要注意。

仮病だと診断書なんてもちろんだせませんから。

病気を理由に休むことは、実際に多々あることなので、数回ならいいですが使いすぎには要注意です。

嘘であると疑われるだけでなく、「こいつは体が弱くてよく休む」という印象を与えてしまうと、

大きな仕事を任せてもらえないだとか、評価が悪くなってしまったりだとかという悪影響を及ぼす可能性があります。

家族の体調不良

家族のいる人であれば、当日に急遽会社の休む理由として家族の体調不良はよく使うことができます。

子供が風邪をひいて病院に連れて行かなければならない。

配偶者お体調不良で、子供の世話をしなくてはならない。

などの理由があります。

印象としては、自分自身の体調不良よりも子供の為となると寛容な気がします。

上司も子供がいることの大変さをよく知っているのでしょう。

子供は小さいとよく風邪をひきますが、大きくなればひきにくくなりますので、今だけという印象ももたれます。

法事

あまり法事絡みは、私自身としては使いたくないですが、これも休む理由の常套手段ですね。

実際に起きた時に2度目なんてならないことに要注意です。

また、他者を巻き込む話のため、ばれやすく、ばれた時には甚大な被害につながります。

水道が壊れて業者が来る

水道には限りませんが、家の中で何かが壊れ、生活する上ですぐに対処しなくてはならないといった時には、すぐに業者に来て直してもらわなければなりません。

家族がいると、その人で対応できる為、なかなか休む理由としてはなかなか使うことができませんが、

独身であれば意外に使える理由です。

もちろん家のものが壊れるなんて、そうそう話でもないので何度も使えませんが。

スポンサーリンク

会社を休む理由、事前に言う場合

会社を休むことを事前に決めていた場合の理由はどんな理由がいいでしょうか。

結婚式に参加

結婚式はたいてい土曜か日曜に行われますが、遠方で行われる場合には、前日に行くか、次の日休むことになりますよね。

もちろん、行こうと思えば前日の仕事終わってから行き、当日には帰ってくることもできますが。

ただお金をかけて遠くまで行くのだから、少しは滞在したいという感情もわかってくれることはよくあります。

また、挨拶や幹事をしなくてはいけないといったことを言えば、より寛容になります。

ただ、会社を休んでる時には、本来いないはずなので出歩くことはできませんし、行き先のおみやげをネットなどで買う必要がでてきます。

また、もしも地元が遠くて、かつ20代~30代であれば、遠方に結婚式行くことはよくあることですので年に数回あってもおかしいことではありません。

意外に何度も使えたりします。

ただ、だいぶ事前に言う必要がありますね。

役所にいかなくてはならない

役所などで何かしらの手続きをしなくてはいけないとなると、平日の夕方までしかやっていない為、休む理由としてはもってこいです。

結婚式ほど事前に言う必要もありません。

ただ、午前中だけですむことも多く、午後からは来れるだろうと思われてしまうかもしれません

家族サービスで旅行に行く

年に1回くらい旅行に行ったっていいでしょう。

普段の仕事をしっかりしていて、その日休む為に、事前に仕事を終わらせておけば文句なんて言われる筋合いがありません。

ただ、それでも言う人もいますが。

全員が使える理由ではありませんが、全然おかしな理由ではありません。

上司等によく思われるコツとしては、家族サービスや親孝行という理由にしておくこと。

自分のためではなく、家族の為であることを強調すると印象よかったりします。

スポンサーリンク

嫌々行くような状態なら転職することも視野に

誰にだって仕事を休みたい時はありますし、会社の輪を乱さないように、変な目で見られないように気を使うというのは大切なことです。

ただそれを良しとしてはいけないし、仕事が嫌々行っている状態になっているのも良くないこと。

もっと視野を広げれば有給休暇をしっかり取れる会社はたくさんあるし、嫌々行かなくてはよくなる仕事もあります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

最後に

嘘はつかずに、正直に理由を言う、もしくは理由を言わないのがベストです。

ただ、現実的にはそう上手くはいきません。

良い人間関係を保つ為に、労働者側としては、うまいことやっていう必要がありますね。

有給休暇はあなたの権利です。心身の健康を保つためにも、うまいこと使っていきましょう。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:病気で仕事を休職。休職期間や給料や、退職から転職活動について



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ