休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい

休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい

ほとんどの人は休みがないよりも、多いほうがいいですよね。

休みが多いと、身体も心もしっかり休め、その分仕事に対するモチベーションもあがります。

そこで、今回は休みが多い業界、仕事を紹介していきます。

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:連続勤務がきつい!労働基準法では休日がどう定められているのか。

関連:仕事を休みたいと思ってしまう理由やそれでも働く理由

スポンサーリンク

休みが多い業界

以前の記事、年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?で紹介していますが、

休みが多い業界は以下の通りとなっています。

1位:電気・ガス・水道業・・・121.7日

2位:情報通信業・・・121.2日

3位:金融業、保険業・・・119.8日

4位:製造業・・・116.8日

5位:不動産業・・・114.3日

ただ、休日はこれだけで考えてはいけません。

有給休暇の取得日数も気にする必要があるでしょう。

会社の休みが120日あっても有給が全く取れない会社だと、115日だけで有給を全て使うことができる会社のほうがいいです。

有給休暇の取得日数が多い業界は以下の通りとなっています。

1位:電気・ガス・水道業・・・14.0日

2位:情報通信業・・・11.0日

3位:金融業、保険業・・・10.5日

4位:製造業・・・10.3日

5位:運輸業・・・9.2日

なんと、1位から4位までは全く同じ順位です。

これらの日数を合計すると以下の通りになります。

1位:電気・ガス・水道業・・・135.7日

2位:情報通信業・・・132.2日

3位:金融業、保険業・・・130.3日

4位:製造業・・・127.1日

5位:運輸業・・・121.9日

これらの業界が休みが多い業界と言えるでしょう。

もちろん、業界がこれらに属していてももっと細分化してみると、休みが少ないこともあります。

スポンサーリンク

休みが多い仕事

仕事によっても休みが多い仕事というものはあります。

いくつか休みが多い仕事を紹介していきます。

製造業の工場勤務

製造業の工場勤務は休みが多いと言われています。

特に自動車の工場勤務は、会社休日の日数もそうですが、有給取得率が非常に優れています。

ただ、祝日等は無く、祝日の代わりにGW、お盆、正月に大型連休をとっている形が多いです。

工場は設備のメンテナンス等をする必要がありますから、その為にまとめて休日を設けるのです。

また、工場勤務は夜勤もあることが多いです。

給料は手当がつくので高めですが、体力的にはきついと言えるでしょう。

消防士

消防士は24時間働いて、2日休みという形をとっていることが多いです。

その為、休日としてはかなり多くなります。

有給休暇は働いている場所によるところが多いです。

公務員だから取りやすいというのは妄想で、今は公務員でも有給を完全に取得していることは少ないのが現状です。

開発、設計、研究

設計や開発に携わっている技術者は休みが多いです。

特に、生産から遠い上流側に行けば行くほど休日は多い傾向が強いです。

同じ会社であれば会社休日の数は変わらないですが、下流に行くほど忙しくて有給休暇がとれなかったり、休日出勤が増えてきます。

MR

製薬会社の営業に属するMRは休日が多い仕事とされています。

休みはしっかり休めますが、同時に激務であるとも言われています。

SE

休みが少ない、激務であるイメージであるSEですが、実は最近では休みが多い仕事であるとされています。

ただ、企業によるところが強く、未だに激務である企業も多数あります。

激しいところと緩やかなところの格差が大きい仕事です。

業界、仕事はあくまで参考程度に

休みが多い業界、仕事を紹介してきましたが、あくまで参考程度に思ってください。

なぜなら、業界や仕事内容よりも、企業によるとことが強いからです。

激務で休みが少ないとされている飲食業でも十分に休みをとることができる会社もあります。

自分が本当にやりたいこと無視で、休みが多いという理由だけで業界を選んでしまうと後悔してしまうことになります。

もし、今休みが少ないと不満を持っているのであれば、違う会社に転職することを検討してみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ