仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

全然仕事の休みがないと、不満を抱いている人も多いのでないでしょうか。

私の周りでも2ヶ月間休みがないという人もいます。

休みがないのは非常に辛いことであり、下手したら身体をこわす原因にもなります。

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?

関連:連続勤務がきつい!労働基準法では休日がどう定められているのか。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事の休みがないのは合法?違法?

1ヶ月や2ヶ月の間、休みがない、あっても1日くらい。

普通に考えておかしい働き方です。

ただ、現実としてそういう働き方をしている人はいます。

しかし、そのような働き方は合法なのでしょうか。

労働基準法における休日の規定

労働基準法では休日について以下のように規定されています。

労働基準法 第35条

  1. 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
  2. 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

引用:労働基準法

労働基準法では、毎週1回の休日が明記されています。

毎週1回であれば、最初の週が日曜日に休み、次の週が土曜日に休みとすれば、12日までの勤務は可能です。

1ヶ月では4日の休日が指定されていますから2ヶ月もの間休みなしで働くなんてことはできないはずです。

休みがない働き方はこのように実現されている

労働基準法では、上記のように示されていますが、これはあくまで時間内労働時間についての話であり、時間外労働時間はこの限りではありません。

時間外労働時間、すなわち残業時間を使えば1ヶ月以上休みなしで働くことができるのです。

すなわち、1ヶ月や2ヶ月休みなしで働くことは法律違反しないでも可能です。

しかし、全然休みがない会社は多くの場合、上記のような形をとっていません。

多くの場合、サービス残業という形になってしまっています。もちろん法律違反です。

休日全部をでると、かなりの時間外勤務手当てがつくことになりますが、多くの会社で30時間までだとか決まっていて全額は貰えないということがあります。

休日出勤しろと命ずるわけではないけれど、休日出勤しなくてはいかないほどの仕事量を与え、結果的にせざるを得なくなるという状況もよく見られます。

スポンサーリンク

休みがないのは危険

休みがないことを一時的なことだとか、自分が仕事をうまくできないからだと思って片づけてはいけません。

休みがないのは本当に危険なことです。

長時間労働は、身体、心に悪い影響を及ぼし、最悪の場合には過労死にもつながっていきます。

休みがないのは他にもデメリットが多いです。

休みがないことによる影響は過労死も含めて以下のことが考えられます。

  • 過労死
  • 家庭崩壊
  • 体力が落ちて来たら仕事がまわらない
  • 趣味の時間がない
  • 友人が減る

仕事ばかりで時間がないと家族との時間もとれずに、家庭が崩壊してしまう可能性もありますし、友人との関係も減っていってしまうでしょう。

唯一の休みですら、急きょ仕事になってしまうなんてこともありますから、予定も安易にいれることができません。

また、休みがなく働いている状況は若い時にはなんとかなっていても、将来年齢を重ねていくと同じように働くことができなくなってしまいます。

その時には仕事量を少なくしてくれればいいですが、多くの場合そんなことはなく、最悪の場合クビになってしまうなんてこともありえる話です。

休みがないなら転職するしかない

休みがない状況を脱する為にはどうすればいいでしょうか。

対策としては、会社や上司に訴え休みが増えるように対策を打ってもらうか、転職するしかありません。

会社に言っても解決する可能性は低い

一つの対策として、会社に訴えるという方法があります。

うまく行けば、人員増加による負荷の低減等を図ってくれたり、異動により負荷の低い部署に変わることができる可能性があります。

しかし、可能性としてはかなり低いですし、その他の問題を発生する可能性もあります。

会社としては固定費が増加する社員の増加をなかなか行ってくれませんし、増員してくれたとしても負荷が減るまでにはそれなりに時間がかかります。

また、異動できた場合でも、評価が悪くなり出世できなくなってしまう可能性も高いです。

転職して仕事を変える

やはり、休みがない状況を脱する為には、転職が最も有効な方法と言えるでしょう。

転職して休みの取れる会社で働くのがベストです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

ただ、問題は休みがな状況で、転職活動を進めることが難しいということ。

履歴書や職歴書も書く必要がありますから、時間がない中で行うのはそれなりに大変です。

ただ、転職活動しないことにはずっと休みがない状態で働かざるを得ない状況が続くので、どこかで踏ん張って行う必要があります。

場合によっては会社を辞めてから行うということを考えてもいいと思います。

休みがない状況で仕事を辞めるような状況であれば、自己都合の退職であっても失業保険はすぐにもらうことができます。

厚労省の「特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲と判断基準」では、以下のような場合であれば、自己都合の退職でも3ヶ月の待期期間なく、すぐに受給できるとされています。

①離職直前の 6 か月間(賃金締切日を起算日とする各月)の間に 45 時間を超える時間外労働が 3 月連続してあったため離職した場合
②100 時間を超える時間外労働が1月あったため離職した場合
③2~6 月平均で月 80 時間を超える時間外労働があったため離職した場合等

休みがない状況であれば、該当するでしょうから金銭的な補助にはなってくれます。

 

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

関連:仕事を休みたいと思ってしまう理由やそれでも働く理由

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ