仕事のやる気がでないと感じた時、何をすべきか

仕事のやる気がでないと感じた時、何をすべきか

仕事のやる気がでない。誰しもそう感じたことはあるのではないでしょうか。

その仕事のやる気がでない日が1日で終わればいいですが、1週間、1か月、1年と徐々に長くなっていくこともあります。

やる気がなくなってしまうと様々な不利益を生じてしまいますから、やる気はある状態を保ちたいものです。

そこで、今回は仕事のやる気がでない時にすべきことを紹介します。

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

関連:仕事は上手くサボろう。でもサボりがばれないように要注意

スポンサーリンク

仕事のやる気がでないと生じる不利益

仕事のやる気がでないと、様々不利益なことが起こってしまいます。

能力を発揮できず、仕事の成果があげられない

仕事のやる気がでないと、仕事に全力で取り組むことができず能力を発揮できず、本来あげれる成果もあげられないようになってしまいます。

仕事ができる人であれば、仕事に対してやる気がなく手を抜いても、周囲に比べればある程度の成果をあげることはできるかもしれませんが、

それでもやはり本来あげる成果よりは少なくなってしまいます。

このことによって、本来出世できるはずができなくなってしまうなんてことに繋がってしまいます。

ストレスが溜まる

仕事のやる気がでないけれど、お金は稼がなくてはいけないから仕事を続けているなんて人もいるでしょう。

しかし、これではストレスはたまる一方です。

残業がなくても1日8時間、1週間に40時間は働くわけですから、その時間が苦痛だと、かなり大変です。

周囲にも悪影響

仕事のやる気がでないことは、周囲にも悪影響を及ぼすことがあります。

そういった状態だと、だらだら仕事をしてしまったり、周囲への愚痴が多くなったりします。

それによって、反感を買ってしまったり、周囲のやる気さえ下げてしまったり、組織としてのまとまりを無くしてしまうなんてことにも繋がります。

スポンサーリンク

仕事のやる気が出ない時、何をすべきか

では、仕事のやる気が出ない時、何をすべきでしょうか。

やる気がでないことを自分の問題として捉える

まず、仕事のやる気がでないことを周囲ではなく、自分の問題として捉えましょう。

仕事のやる気がでないことをついつい、会社であったり、仕事の内容であったり、周囲のせいにしてしまうことが多いですが、

実際、やる気がでない問題は自分の中に潜んでいます。

なぜ、自分がやる気がでないのか、やる気を出す為にはどうすればいいかを考えてみてください。

目標を設定する

仕事に関わらず、やる気をだす為に必要なこおは目標です。

仕事を長く続けていると、仕事に対してマンネリ化してしまい、目標も無く惰性で仕事をするよになってしまいます。

まず何でもいいので目標を持ってみましょう。

例えば、同僚をライバルとして、絶対に負けないようにするだとか、

先輩を追い越すだとか、何でもいいので目標を決めてみましょう。

仕事を引き受け、忙しくする

仕事に対して、やる気がでずにだらだらしてしまう時、追加で仕事を引き受け、自分自身を忙しくするということも一つの手です。

忙しい時、やる気なんて考えずにがむしゃらに仕事をしていたという経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

忙しくすることで、無駄なことを考えなくて良くなるし、その中に楽しさを見つけることもできたりします。

仕事のやり方を変える

仕事のやる気がでない原因として、マンネリ化があげられます。

仕事をある程度続けると、仕事を覚え、ルーティン業務として、特に頭を使わずに仕事ができてします。

こうなると、単なる雑用と同じになってしまい、なかなかやる気がでません。

そういう場合、これまで覚えた仕事のやり方をあえて変えてみましょう。

何頭の工夫を加えるだとか、もっと良い方法を考えてみるなど、頭を使って仕事を進めてみましょう。

他己評価ではなく、自己評価

せっかく頑張っても認められないと、やる気はなくなってしまいます。どうせ認められないなら、頑張る必要がないと感じてしまいますよね。

ただ、そういった考えは他己評価を重視してすぎているせいです。

そうではなく、自己評価を重視するように変えましょう。

もちろん、サラリーマンである限り、出世の為に他人からの評価というものは重要となってきます。

ただ、頑張りを完璧に評価することはできず、短期間では不正確であることのほうが多いです。

短期間での他己評価を気にしてしまうと、評価されていないとやる気をなくしてしますから、あまり気にせず自己評価を重視することが大事です。

しっかり評価されている、されていないは長い目で見て、かつ自分を客観的に見て判断し、納得いかないのであれば転職することも考えればいいです。

まずは一つ一つの仕事に対して、自己評価として高評価を与えることができるように仕事を行いましょう。

仕事を変える

どうにも今の仕事ではやる気がでないというのであれば、転職することも一つの手です。

転職することは悪いことでもなんでもありません。

ただ、次の会社でも同じことを感じることがないように、しっかりと自己分析をし、企業選びをしなくてはなりません。

転職活動をするだけでも、自分自身をよく考えるいい機会になります。

色々と仕事や会社を調べていく中で、結局今の仕事が自分にあっているということがわかることもあります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

うつ病の可能性もある

うつ病にかかってしまうと、これまでやる気があったものに対してもやる気も興味もなくなってしまいます。

実は知らず知らずにうつ病の初期状態になってしまっているのかもしれません。

新型うつ病の症状、チェック方法、治療方法。あなたも危ない!?で紹介している症状にあてはまる場合には、気をつけたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

最後に

仕事のやる気がでないまま、仕事を続けることは非常に辛いことです。

やる気を出すために、まずは自分をしっかり理解し、どうすればやる気が出るかを考え、実践してみましょう。

やる気がでるだけで、かなり満足感は変わってきます。

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。



このページの先頭へ