やりたい仕事がない人でも仕事は楽しむことはできる。無理に見つけようとするのはむしろ危ない

やりたい仕事がない人でも仕事は楽しむことはできる。無理に見つけようとするのはむしろ危ない

やりたい仕事がない。それでもとりあえず生活はしなくてはいけないから今の仕事を続けている。そんな人も多いですよね。

そんな人は、いつかはやりたい仕事を見つけて転職し、もっと仕事を楽しめるようになりたいなんてことを考えているかもしれません。

もちろんこれというやりがい仕事が見つかるのがベストです。ただそれは誰もがいつか必ず見つかるというわけではありません。

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

関連:仕事を辞めたことで初めてわかったこと。一つの会社に依存しすぎるのは辞めたほうがいい。

やりたい仕事が見つからないのはなぜか

そもそも、やりたい仕事が見つからないのはなぜなのでしょうか。

仕事のことを知らない

まず大きな原因として、仕事のことを知らないという点が挙げられます。

どんな仕事があるかについて知っている量が少なければ少ないほどに、やってみたいと思うきっかけは減ってしまうわけです。

やりたい仕事を見つける為の過程としては、好きなことがある⇒そのことに関連した仕事がやりたいと思えるというパターンもあるのですが、仕事内容を知ってからやりたいと思えるというパターンもある為、できるだけ多くの仕事のことを知っておいたほうがいいのです。

経験がない

ただ知っているだけではなく、経験があるにこしたことはありません。

どんなことだって、話を聞いただけであったり、なんとなく知っているだけではなく、実際にやってみた経験があるほうがその仕事が自分にとってどうなのかということがわかります。

やってみたら意外に楽しかったという経験は、誰にだってありますよね。結局経験してみなければわからないことが多いんです。

とは言えなんでもかんでも経験するなんてことはできることではありませんよね。その点がやりたい仕事がなかなか見つからない原因ともいえるかもしれません。

諦めてしまっている

やりたい仕事がないのは、もしかしたら単に諦めてしまっているからかもしれません。

やりたいことはあるけど自分がその仕事に就くなんて不可能だと思うことによって選択肢が狭まってしまうのです。

確かにいくら自分が希望していることであっても、それが必ずしもできるとは限りません。現に、新卒採用時にやりたい仕事に就けなくて悩んでいる人もたくさんいますしね。

社会人として経験が増えれば増えるほど、年齢が高くなればなるほど諦めの心は強くなるかもしれません。

やりたい仕事に就く必要はあるのか

やりたい仕事を見つけて、その仕事につくことができれば確かにベストかもしれません。

ただ、そうはいってもそれは難しいこと。

では少し視点を変えて、そもそもやりたい仕事に就く必要性を考えてみましょう。

無理にやりたい仕事を探すのは危険

やりたい仕事に就きたいと考え、無理にやりたい仕事を探す人もいるかもしれません。

確かにやりたい仕事を見つけようと思ったら、考えに考え抜く必要があり、それには根気も必要になってくることであり、思考の上で無理をすることも多少は必要なこと。

ただ、あまり無理にやってしまうと考えがあらぬ方向に逸れてしまったり、勝手な妄想を抱いてしまう危険性があります。

その結果、希望に満ち溢れて転職したものの、思っていたこととは違った、やっぱりつまらなかったって思ってしまうというのもよくあること。理想と現実の差が開いてしまっている可能性が非常に高くなるのです。

決めつけによって仕事は楽しめなくなる

やりたい仕事がないという考えを持つということによって、どんな仕事に対しても楽しむことができなくなってしまいます。

仕事が楽しくないのはやりたい仕事ではないから、いつかはやりたい仕事を見つけるつもりだ、そんなjことを考えてしまでばどんな仕事に就こうとも仕事に対して楽しいなんて思うことはなくなるでしょう。

要するに、いくらでも楽しめるチャンスは転がっているにも関わらず、自分の決めつけによってその可能性を全て捨て去ってしまっているのです。

やりたい仕事がない時の仕事との向き合い方

もしもあなたがやりたい仕事がないと悩んでいるならば、いっそのことやりたい仕事を探すのをやめてみてはいかがでしょうか。

仕事の面白さ、仕事のやりがいというのは意外にも身近なところにころがっているかもしれません。

仕事を楽しむという意識を持つ

少なくとも仕事を楽しもうという意識は大切です。どんな仕事であれ、最初からつまらない、自分には向いていないと決めつけていれば、仕事を楽しむなんてことは間違いなくできません。

仕事を楽しむという意識を持つからこそ、仕事に対して新たな発見があったり、逆にこれがやりたいということも見えてくるかもしれません。

これができなければ、もしいつかやりたいと思った仕事ができても結局は楽しむことができず、またもっといい仕事をと求めることになってしまいます。

新たな仕事にチャレンジする

今の仕事にどうしてもやりがいを見いだせないならば、思い切って新たな仕事にチャレンジするのもあり。仕事を探す過程も役にたつし、新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるようになるのも大きなメリットです。

そして新たな仕事に転職した際には以下のことを意識しましょう。

  • 仕事の本質を理解するように心がける
  • 自分の選択に責任を持ち、人のせいにしない
  • 過去をふりかえらない

仕事というのは、始めてすぐにその仕事にどんなやりがいがあるのか、どういった楽しさがあるのかというのは難しい為、ある程度の期間は働いてみることも必要ですし、仕事の本質を理解するように心がけることも大切です。

新たな仕事にチャレンジするには最適な時期

今は、どの企業も人手不足が顕著となっていてかなりの売り手市場。転職も非常にしやすくなっています。

その為、新たな環境であらたな仕事を始めるには最適な時期であると言えるでしょう。

もし今の状態から抜け出したいと思っているならばこの時期に思い切ってチャレンジしてみるのがいいでしょう。

転職活動する際には、転職サイト、転職エージェンを上手に活用するようにしてください。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職したいけどめんどくさいという人が行うべき転職活動のやり方

関連:仕事に対して前向きになれない。どうすれば仕事に行きたいと思えるのか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ