やりたいことがない、やりたいことがわからないという時に考える

やりたいことがない、やりたいことがわからない。

学校の進路に悩んだ時、就職活動時や、社会人になってからなどいろいろなタイミングでこのような悩みを持つ人はたくさんいるかと思います。

「やりたいことはこれだ!」と決め、その目標に向かってまっすぐに進んでいる人を羨ましくもなります。

やりたいことがない、やりたいことがわからない時、どのように悩みを解決すればいいのでしょうか。

関連:転職?出世?社会人になって3年目で目指す将来を考える

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

「やりたいことがない」はおかしいことではない

まず知っておいてもらいたいのは、やりたいことがない、やりたいことがわからないと考えていることはまったくおかしいことではないということです。

むしろこう考える人のほうが多いと思います。

もちろん、なかには「やりたいことはこれ!」というものを持って、その道に就職する為に努力をし、実現する人もいます。

ただ、それは大多数ではありません。

しかし、そういう人は色々な場面で目立つ為、みんながそうだと勘違いし「なぜ自分はやりたいことがないのだろう」と思ってしまうのです。

ですので、やりたいことがない、やりたいことがわからないという考えは決して特別なことではなくむしろ普通のことなのです。

「やりたいことがない」「やりたいことがわからない」本当にそうですか?

やりたいことがない、やりたいことがわからないということは多くの人が考えています。

しかし、本当にやりたいことがないかというとそうではないと思います。

人は自然と、やりたいことがあったとしても無理だと思うと、それを胸のうちに潜めてしまいます。

一度、できるできないを度外視して考えてみてください。

「サッカー選手になりたい」

「世界一周旅行をしたい」

年齢を考えてしまったり、生活を考えてしまったり、将来を考えてしまったりという雑音を無視すれば、本当はやりたいことがありませんか?

やってみなきゃわからないことはたくさんある

上記であげたやりたいこと以外でも、実はあなたにとっての「やりたいこと」につながることは世の中にあります。

あなたはそれを知らないだけです。

世のサラリーマンは、「この仕事がしたい」と思ってその仕事をしている人は少ないと思います。

やりたいことをやれる人なんて、ほんとひと握りです。

しかし、そのサラリーマン全員が不幸かというとそうではないと思います。

実際にやってみて、そこにおもしろみ、やりがいを感じている人はたくさんいます。

これは一例ですが、もっと簡単なことでもいいので、まずやってみるということが非常に大事です。

スポンサーリンク

 

「やりたいことがない」「やりたいことがわからない」時にすべきこと

これまで、「やりたいことがない」「やりたいことがわからない」という考えが当たり前であるが、できるできないを無視すれば、もしくは実際に経験してみれば実はあると書きました。

では実際の行動におとしてみましょう。

少しでもやりたいと思ったことを書き出す

まず、普段の生活でやりたいと思ったことを書き出してみてください。

やりたいことを考えよう!と身構えてもなかなかでてきません。

普段、普通に生活する中でふと感じたことを書き出せばいいです。

今はスマホという便利なものがあるので、思いつくたびに書いていけばいいでしょう。

その中からこれだと思うことをやってみる

書き出すと、自然と優先順位をつけることができます。

簡単にやれることであれば、やってみましょう。

経験値を増やす

書き出していない、思いつかない中にも、やりたいことに結びつくことはやまほどあります。

「やりたいことがない」「やりたいことがわからない」と考え、じっとしていては何も起きません。

なんでもやってみてください。

それでつまらなくても、家でじっとしているよりは全然いいでしょ?

最後に生活することを考える

やりたいことが見つかっても、生活できなければいけません。

この考えがやりたいことをわからなくする原因ともなってしまいますが、やっぱりお金を稼ぐことは大事です。

ただ、あなたが知らないだけで、お金を稼ぐことって意外にできるんです。

ですので、生活する為にお金を稼ぐということは最後でいいでしょう。

実際に自分の市場価値はどれくらいなのか、リクナビネクストで確認してみるといいでしょう。

まとめ

やりたいことがない、やりたいことがわからないと言う場合には、

  • 生活することを度外視して考える
  • 経験してみる

この2つであると述べました。

私としては特に、「経験してみる」ということを重視することをおすすめします。

私自身がやりたいことがない、やりたいことがわからないと思っていました。しかし、そんな中就職して、新しいことを経験して、やりたいことにつながったからです。

やりたいことがない、やりたいことがわからないという理由で悩んでいるなら、じっとせずまず動いてみてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:有給休暇日数、全部消化してる?労働基準法の年次有給休暇制度とは

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ